ダイナミック グリッドを使用して効率的に図形を置き換える

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ダイナミック グリッドは、配置、間隔調整、サイズ変更のための一連のガイドで、図形を別の図形の近く、またはページまたはコンテナーの余白の近くに移動した場合に表示されます。図形は、ガイドに沿って整列した位置にそっと "スナップ" されます。

整列のガイドは、図形の中心または辺が一列に並んだ場合に表示され、間隔調整のガイドは、間隔が近接する他の図形の間隔と一致する場合に表示されます。図形のサイズが異なる場合も、上端などの対応する端が一列に並んだ場合に表示されます。

ダイナミック グリッドのオンとオフを切り替える

  • [表示] タブの [視覚補助] グループで [ダイナミック グリッド] チェック ボックスをオンにしてグリッドをオンにするか、チェック ボックスをオフにしてグリッドをオフにします。

スナップの強さを調整する

  1. [表示] タブの [視覚補助] グループで [視覚補助] をクリックしてダイアログ ボックスを表示します。

  2. [詳細設定] タブをクリックします。

  3. [スナップの強さ] セクションで、[補助線] のスナップの強さを調整します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×