タブレットで Office Online を使う

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Ipad など、Windows RT タブレットなどのタッチ スクリーンのコンピューターでは、表示して、ブラウザーでドキュメントを編集タッチを使用します。OneDriveまたは組織の Office 365 または SharePoint サイトのライブラリに格納されているドキュメントへのリンクをたどることがある場合は、web ブラウザーでドキュメントが開きます。

試してみよう: クラウドに保存されているドキュメントがまだない場合は、サンプル Word 文書でタッチ操作を試してください。

ヒント: Windows RT コンピューターでは、[タッチ モード] ボタンを使って、タッチ モードとキーボードとマウス モードを切り替えます。
[タッチ モード]

使い慣れたジェスチャを使う

タッチ モードでは、タップ、スワイプ、ピンチ、ストレッチなどのよく使うジェスチャを使います。

スクロールする

スワイプして、Word 文書のページを上下左右にスクロールしたり、PowerPoint プレゼンテーションのスライドを進めたりします。フリックすると、すばやくスクロールできます。目的の場所に到達したら、タップしてスクロールを中断します。

画面をスワイプする

拡大縮小する

2 本の指で広げることで表示を拡大します。

指を広げる

指でつまんで縮小します。

指をすぼめる

編集

Office Online の編集表示で、タップして挿入ポイントを指定し、入力を開始します。

タップ ジェスチャ

1 回タップして挿入ポイントを指定し、もう一度タップして Word 内で挿入ポイントをより正確に指定します。 テキストのブロックを選ぶには、円形のハンドルをドラッグします。 または、タップして押し続けしてから、[選択] をタップします。

Office Online のタッチ モードでテキストを選ぶ

“右クリック” の方法

マウスとキーボードを使う場合は、アイテムを右クリックし、右クリックしたアイテムに適用するコマンドを表示できます。タッチ モードでは、タップして押し続けると、挿入ポイントの場所に関係なく適用するコマンドが表示されます。選択したテキストに適用するコマンドを表示するには、ハンドルをドラッグしてテキストを選んで、タップして押し続けます。次に、必要なコマンドをタップします。

タッチ対応デバイスの OneNote Online のコンテキスト メニュー

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×