タブとインデントの設定を表示する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

テキスト ボックスまたは図形内のテキストの位置を正確に制御する場合、またはテキストを整列する場合に、ルーラーを使ってタブ位置を追加することができます。

注: テキスト、行頭文字、または番号付きリストのインデントを調整するだけの場合は、タブを設定する必要はありません。

段落のインデントを追加する、テキストを整列する、またはテキスト ボックスやオブジェクト内に単純な表形式のレイアウトを作成する場合は、ルーラーを使用してタブ位置を追加することができます。

  1. [表示] タブの [プレゼンテーションの表示] グループで [標準] が選択されていることを確認します。

    [標準] が選択されている。
  2. ルーラー表示] タブで、表示されている場合は、(PowerPoint 2007 では表示/非表示) の [表示] グループで、[ルーラー ] チェック ボックスをオンにクリックします。

    [表示] タブにある [ルーラー] チェック ボックスがオンです。
  3. 編集する段落をクリックします。

    注: 各テキスト オブジェクトには、独自のタブのセットとユーザーが個別に制御できるインデント設定があるため、1 つのテキスト ボックスにタブを追加しても、他のテキスト ボックス内のタブ位置には影響しません。

  4. タブ位置を追加する場所でルーラーをクリックします。クリックすると、大文字の L のような形のタブ位置がルーラーに表示されます。

    タブ位置を示す大文字の "L" がルーラーに表示されます。
  5. これでキーボードの Tab キーを使ってカーソルを移動して、タブを入力することができます。

    ヒント: 1 つの段落に適用しているインデント レベルおよび] タブの設定に満足したら、自分で時間を節約書式のコピー/貼り付けのツールを使用して、その他の段落に適用します。

クリックとドラッグで既定のタブ位置 (、灰色四角形のマーカーをルーラーの下にある) を変更することもできます。

既定のタブ位置を表示します。

ボタンの画像 タブ位置にします。

ときには、テキストを既定の左揃えではなく、タブ位置で右揃えまたは中央揃えにする場合があります。または、プレゼンテーションに最新の数字を追加する場合に、小数点の位置が常に同じになるように数値を整列することができます。

タブ位置を追加する前に、ツールバーの左側にあるボタンをクリックして、タブの種類を切り替えることができます。

さまざまな方向のタブ位置の間で切り替えが可能です。
  • 左揃えタブ 左側のタブ位置が既定の種類です。テキストは左揃えになります。

  • 中央揃えタブ 中央揃えのタブ位置は、テキストをタブ位置で中央揃えします。

  • 右揃えタブ 右揃えのタブ位置は、右側にテキストを整列します。

  • 小数点揃えタブ 10 進数のタブ位置は、小数点の位置で数字を整列します。

これで、テキストを追加する際に Tab キーを使用してタブ位置に進むと、設定した各タブでテキストが適切に整列されるようになります。

いずれかのタブ位置が不要になった場合は、そのタブ位置をルーラーから下にドラッグすることで削除できます。

タブ位置をクリックしたまま、下方向にドラッグします。

追加した左揃えのタブを、右揃えまたは中央揃えに変更する場合は、[インデントと行間隔] メニューで変更できます。ルーラーをクリックして目的の場所に正確にアクセスするのが難しい場合は、このビューでタブの位置を調整することもできます。

  1. 段落を右クリックし、[段落] を選択します。

  2. [段落] ダイアログ ボックスで、[タブ] をクリックします。

    [段落] ダイアログ ボックス。
  3. タブの配置を変更するには、変更するタブ位置をクリックし、[中央またはへの配置を設定します。

    [タブ] ダイアログ ボックス。

    注: このコントロール内から新しいタブ位置を追加することができます。[タブ位置] ボックスで値を調整し、[設定] をクリックするだけでできます。

タブ位置を補完するため、インデントのコントロールを使用すると、段落内のテキストの配置を制御できます。

  1. 段落のインデントのレベルを変更するには、ルーラーの左端にある小さいタブ インデント コントロールを配置します。

    インデントは移動することができます。

    これは次の 3 つの部分で構成されます。

    • 段落の最初の行を設定する一番上の逆三角形

    • 下の三角形の段落の残りの行にインデントを設定します。

    • 三角形の下のボックス上部と三角形の中央の両方の関係に移動互い

  2. どの部分がどのテキスト領域に影響するかをテストするため、テキスト ボックス内の段落にマウス カーソルを置き、これらのコンポーネント部分をそれぞれルーラーに沿ってスライドさせて、テキストの領域に与える影響を確認します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

ぶら下げインデントを作成または削除します。

箇条書きまたは段落番号付きリストのインデントを調整します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×