タッチ モードのオンとオフを切り替える

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

タッチ モードになっている間は、画面上のボタンの間隔が広くなり、指でタップしやすくなります。タッチ モードは、クイック アクセス ツール バーの [タッチ モード] をタップすることでオンにできます。

[タッチ モード]

または、クイック アクセス ツール バーの [タッチ/マウス モード​​の切り替え] の手のアイコンをタップして、[タッチ] をタップします。

タッチ モードの手のアイコン

クイック アクセス ツール バーにボタンまたはアイコンが表示されていない場合は追加できます。

  1. クイック アクセス ツール バーのいずれかのボタンを押したままにしてから離し、[クイック アクセス ツール バーのカスタマイズ] をタップします。

  2. [基本的なコマンド] の [タッチ モード] または [タッチ/マウス モード​​の切り替え] をタップし、[追加] をタップします。

タッチ モードをオフにするは、[タッチ モード] をもう一度タップします。または、[タッチ/マウス モード​​の切り替え] の手のアイコンをタップして、[マウス] をタップします。

タッチに関するその他のヒント

テキストとオブジェクトを大きくするには、画面の右端からスワイプインして、[Start] をタップし、上方向にスワイプし、[すべてのアプリ] をタップし、[コントロール パネル] (Windows システムの下) をタップし、[デスクトップのカスタマイズ] をタップし、[表示] をタップし、[中 - 125%] をタップします。

表示する Office でタッチ、 Office タッチ ガイドをご覧ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×