タスク バーの通知領域に Outlook アイコンが表示されないようにする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

既定では、 Microsoft Outlookを実行するときの Outlook アイコンが Microsoft Windows XP のタスク バーの右端にある通知領域に表示されます。Outlook を終了すると、アイコンが表示されなくなります。

通知領域の Outlook アイコン

注: 通知機能は、Microsoft Windows XP から採用された機能で、Microsoft Windows 2000 では利用できません。

Outlook の実行中もアイコンが表示されないようにするには、次の操作を行います。

  1. 通知領域を右クリックし、ショートカット メニューの [プロパティ] をクリックします。

  2. [タスク バー] タブの [カスタマイズ] をクリックします。

    注: [カスタマイズ] が使用できない場合は、まず、[通知領域] の [アクティブでないインジケータを隠す] チェック ボックスをオンにする必要があります。

  3. [名前] 列の [Microsoft Office Outlook] をクリックします。

  4. [動作] 列で [常に非表示] をクリックします。

  5. [OK] を 2 回クリックします。

通知をカスタマイズする

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×