タスク管理 Access データベース テンプレートを使用する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Access 2007 のタスク管理データベース テンプレートを使用すると、 自分と自分のチームが完了する必要がある作業アイテムのグループを追跡できます。また、タスクの詳細の検索とフィルター処理、列の表示または非表示、メール メッセージの送信、タスク所有者の住所の地図表示を行うこともできます。

Access 2007 のタスク データベース テンプレート

データベースを使用する

この記事では、タスク管理データベース テンプレートの基本的な使用手順について説明します。

データベースを使用するための準備

  • このデータベースを初めて開いた場合、[作業の開始] ページが表示されます。次回からこのページが表示されないようにするには、[このデータベースを開くときに [作業の開始] ページを表示する] チェック ボックスをオフにします。

    [作業の開始] ページを閉じて、データベースの使用を開始します。

  • すべてのデータベース コンテンツを有効にするには、次の手順を実行します。

    1. メッセージ バーで [オプション] をクリックします。

    2. [Microsoft Office セキュリティ オプション] ダイアログ ボックスで、[このコンテンツを有効にする] をクリックし、[OK] をクリックします。

      データベース コンテンツを有効にする方法の詳細については、「データベースを信頼するかどうか決定する」の記事を参照してください。

メールでデータを収集する

メール メッセージでデータ入力フォームを送信することで、メール ユーザーからタスクに関するデータを収集できます。ユーザーがフォームに入力して返信すると、データは処理され、タスク リストに保存されます。

  1. [タスク リスト] フォームの [データの収集] をクリックします。

  2. 電子メールによるデータ収集ウィザードの指示に従って、指定したメール受信者からデータを収集します。

タスクや連絡先を検索する

[クイック検索] ボックスを使用すると、[タスク リスト] フォームではタスク、[連絡先リスト] フォームでは連絡先を簡単に見つけることができます。

  • [クイック検索] ボックスに検索するテキストを入力し、Enter キーを押すか [実行] をクリックします。

    リストが絞り込まれ、検索するテキストが含まれるレコードのみが表示されます。全レコードのリストに戻るには、[全レコードの表示] をクリックします。

タスク リストをフィルター処理する

[タスク リスト] フォームでは、タスク リストをフィルター処理できます。また、お気に入りのフィルターを保存して、今後も利用できます。

  1. フィルターを適用するには、フォームを右クリックし、フィルターを選びます。

  2. [フィルターの保存] をクリックします。

  3. [フィルターの詳細] フォームにフィルターの名前と説明を入力し、[閉じる] をクリックします。

  4. 保存したフィルターを適用するには、[お気に入りのフィルター] ボックスを使用します。また、フィルターを削除するには、[(フィルターのクリア)] をクリックします。

列を表示または非表示にする

[タスク リスト] フォームと [連絡先リスト] フォームでは、一部のフィールド (列) が既定で非表示です。表示されるフィールドを変更するには:

  1. [フィールドの表示/非表示] をクリックします。

  2. [列の​​再表示] ダイアログ ボックスで、表示する各列の横にある チェック ボックスをオンにします。列を非表示にするチェック ボックスをオフにします。

タスクまたは連絡先の詳細を表示する

[タスク詳細] フォームと [連絡先詳細] フォームでは、アイテムに関する詳細情報を表示および入力できます。[タスク詳細] フォームまたは [連絡先詳細] フォームを表示するには:

  • [タスク詳細] フォームまたは [連絡先詳細] フォームで、表示するアイテムの横にある [開く] をクリックします。

添付ファイルを追加する

[タスク詳細] フォームと [連絡先詳細] フォームでは、画像などの添付ファイルを追加できます。

  • [詳細] フォームの [画像の追加/削除] をクリックします。

  • [添付ファイル] ダイアログ ボックスで、[追加] をクリックします。

  • [ファイルの選択] ダイアログ ボックスで、ファイルがあるフォルダーを参照します。

  • 追加するファイルを選び、[開く] をクリックします。

  • [添付ファイル] ダイアログ ボックスで [OK] をクリックします。

注: 各アイテムには複数のファイルを添付できます。たとえば、ドキュメントやスプレッドシートなど、異なるファイルの種類を添付できます。

Microsoft Office Outlook 2007 から連絡先を追加する

Office Outlook 2007 を使用している場合、そのプログラムから連絡先やタスク所有者を追加できます。情報を再入力する必要はありません。

  1. [連絡先リスト] フォームの [Outlook から​​追加] をクリックします。

  2. [追加する名前の選択] ダイアログ ボックスで、データベースに追加する名前を選びます。

  3. [追加] をクリックし、[OK] をクリックします。

連絡先の住所の地図を表示する

[連絡先詳細] フォームで、連絡先の住所を入力しておくと、その場所の地図を表示できます。

  • [クリックして地図に追加] をクリックします。

レポートを表示する

タスク データベースには、[未完了タスク一覧表]、[タスク詳細表]、[連絡先住所録] など、いくつかのレポートがあります。レポートを表示するには:

  • ナビゲーション ウィンドウの [レポート] で、表示するレポートをダブルクリックします。

カスタム レポートを作成することもできます。詳細については、「単純なレポートを作成する」の記事を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×