タスク期間の見積もり

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office Project 2007 を使用する最も大きな利点の 1 つは、現実的なスケジュールが算出できることです。これは通常、入力したタスク期間とタスクの依存関係のみに基づいて計算されます。開始日と終了日、予定表などのスケジュールに関係する要素も別に存在しますが、これらは例外であって規則ではありません。スケジュールの正確性は期間の正確性に大きく依存するため、十分に検討して期間を見積もることが重要です。

ヒント: この記事は、さまざまなプロジェクト管理作業について説明している「ステップ ガイド」の記事の一部です。プロジェクト管理の各作業は、計画の立案、プロジェクトの進捗管理、およびプロジェクトの終了というプロジェクト管理のライフ サイクルに向けて構成されるため、"目標" という言い方をします。

前の目標  |  次の目標

ステップ ガイドのすべての目標を表示する

男性の腕に巻かれた腕時計のクローズアップ

番号 1  基本的な調査を開始する     特定のタスクが完了するまでにかかる期間の見積もりには、いくつかの情報源を利用できます。

詳細情報

期間の見積もりに役立つ情報源

  • 自分の経験から     このプロジェクトや他のプロジェクトで似たタスクを行ったときの経験から判断します。

  • チーム メンバーの経験から     特定の種類のタスクに携わった経験を持つリソースに相談します。既にチームを形成している場合は、チーム メンバーに、このプロジェクトで自分たちに割り当てられているタスクを完了できるまでの期間を見積もるように依頼します。こうすることで、そのタスクの担当者がその作業への責任感を増すことにもなります。

  • 以前のプロジェクト     自分や他のプロジェクト管理者が構築および管理した他のプロジェクトを見直します。記録されている実際の期間が、情報として特に役立ちます。

  • 業界標準とベンチマーク     建築、ソフトウェア開発、出版など、その業種に関連するタスク期間の情報を探します。書籍、雑誌、Web サイトなどには、推奨期間などの基準を記載したタスク リストが掲載されている場合があります。その分野の専門業者からも、有益な情報を収集できます。

ヒント: 1 か月以内で完了できる小規模な作業 (タスク) で構成されたプロジェクトを作成することも検討してください。当月分のタスクが完了したら、翌月分のタスクを開始します。これはアジャイル プロジェクト管理法で使用される手法で、タスク期間の誤差の幅を減らし、さらにプロジェクトの進捗状況についてすばやいフィードバックを返すことができます。

プロジェクトでのバッファ (予備時間) の確保

タスク遅延の原因になり得る事象をすべて予測することはできないため、どのように緻密に設定された期間に対しても "ゆとり" が必要です。これはプロジェクトのリスク管理の手段です。プロジェクトにバッファを確保するには、次のようにいくつかの方法があります。

  • すべての期間に一定の割合を追加する     あるタスクを実際に完了するのに 40 時間かかると予測される場合、5% のバッファ (予備時間) を追加すると、期間は 42 時間になります。バッファを 10% にすると、44 時間になります。このように、万一の場合に備えて、スケジュールに余分の時間が追加されます。このバッファが不要になった場合は、後続のタスクの開始を早めることができます。   

  • バッファ タスクを追加する     中程度の "バッファ タスク" を、プロジェクトの主要フェーズごとに追加するか、プロジェクト全体に大きいバッファ タスクを追加します。遅れがちのタスクに作業時間を追加する必要が生じた場合、バッファ タスクを削除して、余った時間を遅れているタスクに割り当てます。そのフェーズまたはプロジェクトの終了日は変わりません。

2 番  マイルストーンを設定する     フェーズが完了するときなど、スケジュール上重要な時点に目印を付けるときに、プロジェクトにマイルストーンを作成します。

番号 3  期間を見積もる     楽観値と悲観値を使用してプロジェクトをモデル化することで、スケジュールの期間を正確に見積もり、今後のリソース負荷と、それがプロジェクトのタイムラインに及ぼす影響をシミュレートできます。

4 番  期間を入力する     タスクの完了までにかかる期間を決定したら、期間を入力します。タスクの完了までにかかる期間がまだ確定していない場合には、推定期間を入力します。

番号 5  タスクの作業を中断する     2 つのタスクが同時に発生した場合、先に開始されたタスクの作業を中断して、後のタスクを開始することができます。後のタスクが完了したら、先のタスクを再び開始します。

  • タスクの作業を中断する タスクを分割することで、タスクの作業を中断できます。

番号 6  カレンダーを作成する     特定のタスクの稼働時間と非稼働時間を指定するには、カレンダーを作成します。たとえば、タスクの実行に必要な機械が特定の曜日にしか使用できない場合などが考えられます。タスク カレンダーで稼働時間を指定すると、それに応じてタスクのスケジュールが設定されます。

番号 7  タスクにカレンダーを割り当てる     タスク カレンダーを作成した後で、それを該当するタスクに適用します。

番号 8  タスクに関するサポート情報を追加する     タスクに関する詳細な情報を、メモやドキュメント、Web ページへのリンクなどの形式で追加します。

次のうち、該当する項目をクリックしてください。

前の目標  |  次の目標

ステップ ガイドのすべての目標を表示する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×