スキップしてメイン コンテンツへ

タスクフォルダーを他のユーザーと共有する

この機能を有効にするには、Microsoft Exchange Server または Office 365 アカウントが必要です。 ほとんどのホームアカウントと個人用アカウントでは、Microsoft Exchange や Office 365は使用されません。 

Microsoft Exchange アカウントと共に使用すると、タスクを他のユーザーと共有できます。 タスクの共有は、すべての Outlook プロファイルで作成された既定の [タスク] フォルダーに限定されるわけではありません。 追加のタスクフォルダーを作成し、共有するフォルダーを選択できます。 たとえば、特定のプロジェクトのタスクフォルダーを作成することができます。 タスクフォルダーへのアクセスを同僚と共有して、タスクリストを確認できるようにします。

既定のタスクフォルダーを特定のユーザーと共有する

Outlook の既定のタスクフォルダーは、各 outlook プロファイルで作成されます。 このフォルダーは名前を変更したり、削除したりすることはできません。

  1. ナビゲーションウィンドウの [タスク] をクリックします。

    既定のフォルダーは、[マイタスク] の下にある [タスク] として表示されます。 複数のフォルダーがある場合は、既定の [タスク] フォルダーを選択していることを確認します。

  2. [フォルダー ] をクリックし >タスクを共有する

  3. [宛先] ボックスで、共有の招待メッセージの受信者の名前を入力します。

    [受信者に自分のタスクフォルダーを表示する] チェックボックスがオンになっていることを確認します。

  4. 必要に応じて、[件名] を変更することができます。

  5. 必要に応じて、受信者の既定の [タスク] フォルダーを表示するためのアクセス許可を要求することができます。 そのためには、[受信者のタスクフォルダーを表示するためのアクセス許可を要求する] チェックボックスをオンにします。

    注: 既定の [タスク] フォルダー以外の tasks フォルダーへのアクセス権を要求する場合は、その特定のフォルダーにアクセスするためのアクセス許可を求める電子メールメッセージを送信する必要があります。

  6. メッセージの本文に、必要な情報を入力します。

  7. [送信] をクリックします。

  8. 確認のダイアログ ボックスを参照し、正しい場合は [OK] をクリックします。

Outlook の既定のタスクフォルダーは、各 outlook プロファイルで作成されます。 このフォルダーは名前を変更したり、削除したりすることはできません。

  1. ナビゲーションウィンドウの [タスク] をクリックします。

    既定のフォルダーは、[マイタスク] の下にある [タスク] として表示されます。 複数のフォルダーがある場合は、既定の [タスク] フォルダーを選択していることを確認します。

  2. [フォルダーの >フォルダーの権限] をクリックします。

  3. [アクセス許可] タブの [名前] ボックスで、[既定] をクリックします。

  4. [権限] の [アクセス許可レベル] の一覧で、アクセス許可レベルを選びます。

    権限レベルの説明

    権限レベル (役割)

    説明

    所有者

    すべてのアイテムとファイルの作成、閲覧、変更、削除、サブフォルダーの作成を行います。 フォルダーの所有者は、他のユーザーがそのフォルダーに対して持っているアクセス許可レベルを変更することができます。 (代理人には適用されません。)

    発行編集者

    すべてのアイテムとファイルの作成、閲覧、変更、削除、サブフォルダーの作成を行います。 (代理人には適用されません。)

    編集者

    すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、削除を行います。

    発行作成者

    アイテムやファイルの作成と閲覧、サブフォルダーの作成、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います。 (代理人には適用されません。)

    作成者

    アイテムやファイルの作成および閲覧と、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います。

    投稿者

    アイテムとファイルのみを作成します。 フォルダーの内容は表示されません。 (代理人には適用されません。)

    レビュー担当者

    アイテムやファイルの参照だけができます。

    ユーザー設定

    フォルダーの所有者によって定義された操作を実行します (代理人には適用されません。)

    なし

    権限はありません。 フォルダーを開くことはできません。

    ユーザー設定の権限を作成するには、[権限] のチェックボックスとオプションを選択します。

Outlook の既定のタスクフォルダーは、各 outlook プロファイルで作成されます。 このフォルダーは名前を変更したり、削除したりすることはできません。 名前を変更したり、削除したりできる追加のタスクフォルダーを作成することができます。 このセクションでは、ユーザー設定のタスクフォルダーを作成する手順について説明します。

  1. ナビゲーションウィンドウの [タスク] をクリックし、共有するフォルダーを右クリックします。

  2. [共有] をポイントしてタスクを共有> ます。

  3. [宛先] ボックスに、共有への招待メッセージの受信者の名前を入力します。

  4. 必要に応じて、[件名] を変更することができます。

  5. 必要に応じて、受信者が [このタスクフォルダー内のアイテムの追加、編集、削除を実行できるようにする] チェックボックスをオンにして、受信者にタスクアイテムの変更を許可することができます。

  6. メッセージの本文に、必要な情報を入力します。

  7. [送信] をクリックします。

  8. 確認のダイアログ ボックスを参照し、正しい場合は [OK] をクリックします。

Outlook の既定のタスクフォルダーは、各 outlook プロファイルで作成されます。 このフォルダーは名前を変更したり、削除したりすることはできません。 名前を変更したり、削除したりできる追加のタスクフォルダーを作成することができます。 このセクションでは、ユーザー設定のタスクフォルダーを作成する手順について説明します。

  1. ナビゲーションウィンドウで [タスク] をクリックし、共有するタスクフォルダーを右クリックします。

  2. [> フォルダーのアクセス許可共有する] をポイントします。

  3. [権限] タブの [名前] ボックスで [既定] をクリックします。

  4. [権限] の [アクセス許可レベル] の一覧で、アクセス許可レベルを選びます。

    権限レベルの説明

    権限レベル (役割)

    説明

    所有者

    すべてのアイテムとファイルの作成、閲覧、変更、削除、サブフォルダーの作成を行います。 フォルダーの所有者は、他のユーザーがそのフォルダーに対して持っているアクセス許可レベルを変更することができます。 (代理人には適用されません。)

    発行編集者

    すべてのアイテムとファイルの作成、閲覧、変更、削除、サブフォルダーの作成を行います。 (代理人には適用されません。)

    編集者

    すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、削除を行います。

    発行作成者

    アイテムやファイルの作成と閲覧、サブフォルダーの作成、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います。 (代理人には適用されません。)

    作成者

    アイテムやファイルの作成および閲覧と、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います。

    投稿者

    アイテムとファイルのみを作成します。 フォルダーの内容は表示されません。 (代理人には適用されません。)

    レビュー担当者

    アイテムやファイルの参照だけができます。

    ユーザー設定

    フォルダーの所有者によって定義された操作を実行します (代理人には適用されません。)

    なし

    権限はありません。 フォルダーを開くことはできません。

    ユーザー設定の権限を作成するには、[権限] のチェックボックスとオプションを選択します。

Microsoft Exchange アカウントと共に使用すると、タスクを他のユーザーと共有できます。 タスクの共有は、すべての Outlook プロファイルで作成された既定の [タスク] フォルダーに限定されるわけではありません。 追加のタスクフォルダーを作成し、共有するフォルダーを選択できます。 たとえば、特定のプロジェクトのタスクフォルダーを作成することができます。 タスクフォルダーへのアクセスを同僚と共有して、タスクリストを確認できるようにします。

タスクの所有権の委任など、タスクの共有機能をさらに向上させるには、 Windows SharePoint Services 3.0のタスク機能を使用することをお勧めします。 SharePoint タスクは Microsoft Office Outlook 2007内で表示できます。

ヒント: Outlook では、メッセージ、連絡先、またはタスクを非公開にすることで、フォルダーを共有するときに他のユーザーにアイテムが表示されないようにすることができます。

タスクの共有は、共有への招待や共有要求の電子メールメッセージを通じて行われます。 共有への招待では、受信者が自分のタスクフォルダーにアクセスできるようになります。 既定の [タスク] フォルダーの共有の招待を送信するときに、受信者が既定の [タスク] フォルダーを共有するように依頼することもできます。

注: 受信者が作成したタスクフォルダー (既定の [タスク] フォルダーではありません) へのアクセスを要求する場合は、そのフォルダーを使用するためのアクセス許可を求める電子メールメッセージを送信する必要があります。 受信者は、既定以外のタスクフォルダーに対して共有の招待を送信できます。

既定のタスクフォルダーを特定のユーザーと共有する

Outlook の既定のタスクフォルダーは、各 outlook プロファイルで作成されます。 このフォルダーは名前を変更したり、削除したりすることはできません。

  1. [タスク] のナビゲーションウィンドウで、[個人用タスクフォルダーの共有] をクリックします。

    注: [最小化] ビューでナビゲーションウィンドウを使用している場合は、ナビゲーションウィンドウで [ナビゲーションウィンドウ] をクリックし、[個人用タスクフォルダーの共有] をクリックします。

  2. [宛先] ボックスで、共有の招待メッセージの受信者の名前を入力します。

  3. 必要に応じて、[件名] を変更することができます。

  4. 必要に応じて、受信者の既定の [タスク] フォルダーを表示するためのアクセス許可を要求することができます。 そのためには、[受信者のタスクフォルダーを表示するためのアクセス許可を要求する] チェックボックスをオンにします。

    注: 既定の [タスク] フォルダー以外の tasks フォルダーへのアクセス権を要求する場合は、その特定のフォルダーにアクセスするためのアクセス許可を求める電子メールメッセージを送信する必要があります。

  5. メッセージの本文に、必要な情報を入力します。

  6. [送信] をクリックします。

  7. 確認のダイアログ ボックスを参照し、正しい場合は [OK] をクリックします。

Outlook の既定のタスクフォルダーは、各 outlook プロファイルで作成されます。 このフォルダーは名前を変更したり、削除したりすることはできません。

  1. [タスク] のナビゲーションウィンドウで、既定の [タスク] フォルダーを右クリックします。

    通常は、[マイタスク] の下に [タスク] と表示されます。

  2. [最小化] ビューでナビゲーションウィンドウを使用している場合は、ナビゲーションウィンドウで [ナビゲーションウィンドウ] をクリックし、既定の [タスク] フォルダーを右クリックします。

    通常は、[マイタスク] の下に [タスク] と表示されます。

  3. [共有アクセス権の変更] をクリックします。

  4. [アクセス許可] タブの [名前] ボックスで、[既定] をクリックします。

  5. [権限] の [アクセス許可レベル] の一覧で、アクセス許可レベルを選びます。

    権限レベルの説明

    権限レベル (役割)

    説明

    所有者

    すべてのアイテムとファイルの作成、閲覧、変更、削除、サブフォルダーの作成を行います。 フォルダーの所有者は、他のユーザーがそのフォルダーに対して持っているアクセス許可レベルを変更することができます。 (代理人には適用されません。)

    発行編集者

    すべてのアイテムとファイルの作成、閲覧、変更、削除、サブフォルダーの作成を行います。 (代理人には適用されません。)

    編集者

    すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、削除を行います。

    発行作成者

    アイテムやファイルの作成と閲覧、サブフォルダーの作成、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います。 (代理人には適用されません。)

    作成者

    アイテムやファイルの作成および閲覧と、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います。

    投稿者

    アイテムとファイルのみを作成します。 フォルダーの内容は表示されません。 (代理人には適用されません。)

    レビュー担当者

    アイテムやファイルの参照だけができます。

    ユーザー設定

    フォルダーの所有者によって定義された操作を実行します (代理人には適用されません。)

    なし

    権限はありません。 フォルダーを開くことはできません。

    ユーザー設定の権限を作成するには、[権限] のチェックボックスとオプションを選択します。

Outlook の既定のタスクフォルダーは、各 outlook プロファイルで作成されます。 このフォルダーは名前を変更したり、削除したりすることはできません。 名前を変更したり、削除したりできる追加のタスクフォルダーを作成することができます。 このセクションでは、ユーザー設定のタスクフォルダーを作成する手順について説明します。

  1. ナビゲーションウィンドウの [タスク] で、共有するタスクフォルダーを右クリックします。

    注: [最小化] ビューでナビゲーションウィンドウを使用している場合は、ナビゲーションウィンドウで [ナビゲーションウィンドウ] をクリックし、共有するタスクフォルダーを右クリックします。

  2. [フォルダー名の共有] をクリックします。

  3. [宛先] ボックスに、共有への招待メッセージの受信者の名前を入力します。

  4. 必要に応じて、[件名] を変更することができます。

  5. 必要に応じて、受信者が [このタスクフォルダー内のアイテムの追加、編集、削除を実行できるようにする] チェックボックスをオンにして、受信者にタスクアイテムの変更を許可することができます。

  6. メッセージの本文に、必要な情報を入力します。

  7. [送信] をクリックします。

  8. 確認のダイアログ ボックスを参照し、正しい場合は [OK] をクリックします。

Outlook の既定のタスクフォルダーは、各 outlook プロファイルで作成されます。 このフォルダーは名前を変更したり、削除したりすることはできません。 名前を変更したり、削除したりできる追加のタスクフォルダーを作成することができます。 このセクションでは、ユーザー設定のタスクフォルダーを作成する手順について説明します。

  1. ナビゲーションウィンドウの [タスク] で、共有するタスクフォルダーを右クリックします。

    注: [最小化] ビューでナビゲーションウィンドウを使用している場合は、ナビゲーションウィンドウで [ナビゲーションウィンドウ] をクリックし、共有するタスクフォルダーを右クリックします。

  2. [共有アクセス権の変更] をクリックします。

  3. [アクセス許可] タブの [名前] ボックスで、[既定] をクリックします。

  4. [権限] の [アクセス許可レベル] の一覧で、アクセス許可レベルを選びます。

    権限レベルの説明

    権限レベル (役割)

    説明

    所有者

    すべてのアイテムとファイルの作成、閲覧、変更、削除、サブフォルダーの作成を行います。 フォルダーの所有者は、他のユーザーがそのフォルダーに対して持っているアクセス許可レベルを変更することができます。 (代理人には適用されません。)

    発行編集者

    すべてのアイテムとファイルの作成、閲覧、変更、削除、サブフォルダーの作成を行います。 (代理人には適用されません。)

    編集者

    すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、削除を行います。

    発行作成者

    アイテムやファイルの作成と閲覧、サブフォルダーの作成、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います。 (代理人には適用されません。)

    作成者

    アイテムやファイルの作成および閲覧と、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います。

    投稿者

    アイテムとファイルのみを作成します。 フォルダーの内容は表示されません。 (代理人には適用されません。)

    レビュー担当者

    アイテムやファイルの参照だけができます。

    ユーザー設定

    フォルダーの所有者によって定義された操作を実行します (代理人には適用されません。)

    なし

    権限はありません。 フォルダーを開くことはできません。

    ユーザー設定の権限を作成するには、[権限] のチェックボックスとオプションを選択します。

タスクフォルダーへの他のユーザーのアクセス許可は、いつでも変更または取り消すことができます。

  1. ナビゲーションウィンドウの [タスク] で、アクセス許可を変更するタスクフォルダーを右クリックします。

    注: [最小化] ビューでナビゲーションウィンドウを使用している場合は、ナビゲーションウィンドウで [ナビゲーションウィンドウ] をクリックし、アクセス許可を変更するタスクフォルダーを右クリックします。

  2. [共有アクセス権の変更] をクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • すべてのユーザーのアクセス許可を変更する    

      1. [アクセス許可] タブの [名前] ボックスで、[既定] をクリックします。

      2. [権限] の [アクセス許可レベル] の一覧で、アクセス許可レベルを選びます。

        権限レベルの説明

        この permissiレベル (または役割)

        説明

        所有者

        すべてのアイテムとファイルの作成、閲覧、変更、削除、サブフォルダーの作成を行います。 フォルダーの所有者は、他のユーザーがそのフォルダーに対して持っているアクセス許可レベルを変更することができます。 (代理人には適用されません。)

        発行編集者

        すべてのアイテムとファイルの作成、閲覧、変更、削除、サブフォルダーの作成を行います。 (代理人には適用されません。)

        編集者

        すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、削除を行います。

        発行作成者

        アイテムやファイルの作成と閲覧、サブフォルダーの作成、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います。 (代理人には適用されません。)

        作成者

        アイテムやファイルの作成および閲覧と、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います。

        投稿者

        アイテムとファイルのみを作成します。 フォルダーの内容は表示されません。 (代理人には適用されません。)

        レビュー担当者

        アイテムやファイルの参照だけができます。

        ユーザー設定

        フォルダーの所有者によって定義された操作を実行します (代理人には適用されません。)

        なし

        権限はありません。 フォルダーを開くことはできません。

        ユーザー設定の権限を作成するには、[権限] のチェックボックスとオプションを選択します。

    • 1人のユーザーのアクセス許可を変更する    

      1. [権限] タブの [名前] ボックスで、アクセス権を変更するユーザーの名前をクリックします。

      2. [権限] の [アクセス許可レベル] の一覧で、アクセス許可レベルを選びます。

        権限レベルの説明

        権限レベル (役割)

        説明

        所有者

        すべてのアイテムとファイルの作成、閲覧、変更、削除、サブフォルダーの作成を行います。 フォルダーの所有者は、他のユーザーがそのフォルダーに対して持っているアクセス許可レベルを変更することができます。 (代理人には適用されません。)

        発行編集者

        すべてのアイテムとファイルの作成、閲覧、変更、削除、サブフォルダーの作成を行います。 (代理人には適用されません。)

        編集者

        すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、削除を行います。

        発行作成者

        アイテムやファイルの作成と閲覧、サブフォルダーの作成、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います。 (代理人には適用されません。)

        作成者

        アイテムやファイルの作成および閲覧と、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います。

        投稿者

        アイテムとファイルのみを作成します。 フォルダーの内容は表示されません。 (代理人には適用されません。)

        レビュー担当者

        アイテムやファイルの参照だけができます。

        ユーザー設定

        フォルダーの所有者によって定義された操作を実行します (代理人には適用されません。)

        なし

        権限はありません。 フォルダーを開くことはできません。

        ユーザー設定のアクセス許可を作成するには、[アクセス許可] で選択したチェックボックスとオプションを選択します。

      3. アクセス権を変更する各ユーザーについて、手順2を繰り返します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×