タスクを移動したら依存関係が変わった

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

現象

一部のタスクを移動するときにタスクの依存関係を変更します。

原因

タスク全体やリソース全体をコピーまたは移動すると、そのタスクやリソースに関連する情報もコピーまたは移動されます。コピーまたは移動される情報は次のとおりです。

  • サブタスクを (選択範囲が、 サマリー タスクの場合)

  • リンク オブジェクトおよび埋め込みオブジェクト

また、リンクの設定されている一連のタスクの間に新しいタスクを挿入した場合、既定では、タスクの依存関係が Project により自動的に作成されます。次の条件がすべて満たされている場合、挿入されたタスクを既存のリンクに反映するため、依存関係が変化します。

  • 両隣のタスクが、リンクの設定された一連のタスクに含まれる形でリンクされている。

  • 両隣のタスクが "終了-開始" 型の依存関係を形成している。

  • [オプション] ダイアログ ボックス ([ツール] メニュー) の [スケジュール] タブで [挿入または移動したタスクを自動的にリンクする] チェック ボックスがオンになっている。

リンクが設定されたタスクのグループ内でタスクを移動すると、Project により、グループ内のタスクの順序でリンクが設定されます。たとえば、A>B>C>D が A>B>D>C になります。

リンクが設定されたタスクのグループから、他のグループへタスクを移動すると、タスクは新しいグループの順序に加えられ、元のグループのタスクの順序が調整されます。たとえば、新しいグループでは A>B>X>C>D となり、元のグループでは W>Y>Z となります。

リンクが設定されたタスクのグループ内から、タスクにリンクが設定されていない領域へタスクを移動すると、移動したタスクのリンクは解除され、元のグループのタスクの順序が調整されます。たとえば、元のグループでは A>B>C>D が A>B>D になります。

タスクにリンクが設定されていない領域から、リンクが設定されたタスクのグループへタスクを移動すると、移動したタスクは新しいグループの順序に加えられます。たとえば、新しいグループでは A>B>X>C>D になります。

解決法

次の条件のいずれかが満たされている場合は、タスクを移動しても、先行処理と後続処理間の依存関係は変更されません。

  • リンクが設定されている連続したタスクの一部からタスクを移動しない場合、またはリンクが設定されている連続したタスクの一部にタスクを貼り付けない場合

  • 移動するタスクに設定されている依存関係が [終了-開始 (FS)] 以外の場合

  • [オプション] ダイアログ ボックス ([ツール] メニュー) の [スケジュール] タブで [挿入または移動したタスクを自動的にリンクする] チェック ボックスがオフになっている場合

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×