タスクを移動したら依存関係が変わった

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

現象

一部のタスクを移動するときにタスクの依存関係を変更します。

原因

コピー全体のタスクまたはリソースを移動すると、関連する情報がコピーまたは移動します。 この情報が含まれます。

  • サブタスクを (選択範囲が、 サマリー タスクの場合)

  • メモ

  • リンク オブジェクトまたは埋め込みオブジェクト

さらに、プロジェクト、既定では、自動的に作成連続してリンクされたタスクの系列内に挿入した新しいタスクのタスクの依存関係します。 すべての次の条件が満たされた場合、依存関係がリンクの挿入されたタスクを追加するのに変更されます。

  • 周囲のタスクは、一連の連続的にリンクされたタスクの一部です。

  • 周囲のタスクの依存関係は、[終了-開始します。

  • スケジュール] タブの[ツール] メニューの [オプション] ダイアログ ボックスで [自動的にリンクを挿入または移動したタスク] チェック ボックスが選択します。

リンクされたタスクのグループ内のタスクを移動するときに、プロジェクトは (たとえば、A>B>C_gtD A>B>D_gtCになります)、グループのシーケンス内でそのタスクをリンクします。

リンクされたタスクの 1 つのグループから他のタスクを移動する] (たとえば、A>B>X>C>D)、[新規作成] の順にタスクを挿入して残りのタスクが調整されます (W>Y>Z)。

タスクをリンクされたタスクのグループからにリンクされたタスクがない領域に移動する、移動したタスクは、リンクと残りのタスクが調整されます、(たとえば、A>B>C>D が、A>B>D になります)。

リンクされたタスクのグループにリンクされたタスクはありませんがある領域からタスクを移動するときに (たとえば、A>B>X>C>D) の順に移動したタスクが挿入されます。

解決方法

1 つ以上の次の条件が満たされた場合、タスクを移動する場所に関係なく、 先行処理と後続処理タスクの間でタスクの依存関係を維持できます。

  • タスクがされていないから移動または一連の連続的にリンクされたタスクに貼り付けられます。

  • タスク移動するにはには、[終了-開始以外のタスクの依存関係が含まれています。

  • ツール] メニューの [オプション] ダイアログ ボックスの [スケジュール] タブでは、自動的にリンクを挿入または移動したタスク] チェック ボックスが選択されていません。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×