タスクをリンクしたが、後続タスクが移動しない

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

現象

タスクをリンクするが、 後続処理タスクが移動しません。

原因

この現象には、いくつかの原因が考えられます。

  • タスクに適用すると、実際の開始日や、作業を完了の割合などの任意の実績作業時間がある場合、タスクが以前にタスクが実際に開始された日付設定し直すことはできません。進捗状況が入力されていない場合、タスクは、強い制約制約条件が優先タスクの依存関係します。

    たとえば、あるタスクに [指定日以後に開始] (SNET) という制約が設定され、7 月 1 日が開始日として指定されている場合、そのタスクの先行処理が 6 月 28 日に終了し、7 月 1 日以前に後続タスクを開始することができたとしても、スケジュールは指定日以前には変更されないことになります。

  • Project では、ガント チャート ビューのチャート部分で、マウスをドラッグしてタスクを作成する場合、プロジェクトが開始日を基点としてスケジュールされていれば、そのタスクには [指定日以後に開始] (SNET) という制約が設定されます。プロジェクトが終了日を基点としてスケジュールされている場合は、[指定日までに終了] (FNLT) という制約が設定されます。

  • リンクした後続タスクが完了している場合、その後続タスクは移動されません。

  • プロジェクトの [計算モード] を [手動] に変更した場合、後続タスクは移動されません。

解決法

  • 柔軟性が向上するタスクの制約をリセットするには、タスクをクリックし、[ ボタンの画像[タスク情報] をクリックし、[詳細設定] タブをクリックします。[制約タイプ]リストで、[できるだけ早く] をクリックします。プロジェクトは、タスクの依存関係に基づいて、タスクの開始日をスケジュールします。

  • すべてのタスクの強い制約を無視し、タスクの依存関係を優先するには、[ツール] メニューの [オプション] をクリックし、[スケジュール] タブをクリックします。[スケジュールのオプション] セクションで、[タスクの制約の指定日を常に優先する] チェック ボックスをオフにします。

  • 計算方法を自動に変更するには、[ツール] メニューの [オプション] をクリックし、[計算方法] タブをクリックします。[Microsoft Office Project の計算オプション] セクションで、[計算モード] の横に表示されている [自動] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×