タスクをタイムラインに追加する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

タスクをプロジェクトに追加したら、[タスク] ページの上部にあるタイムラインの期限が設定されているを含めることができます。

このようにするには、次の 2 つの方法があります。

  • [タイムライン] ボタンを追加します。    [タスク] ページで、各タスクをタイムラインに追加する] チェック ボックスの左側にスペース] をクリックします。これは、各タスクを選択します。[タスク] タブの [アクション] で、[タイムラインに追加] をクリックします。

  • メニューを開く]   をクリックしてメニューを開く](…)、タスクのことタイムラインに追加して、表示されるボックスで、クリックします。タイムラインを追加します。.

タスクの開始日と期限が設定されている場合は、そのタスクは開始日から期限までのバーとしてタイムラインに表示されます。タスクの開始日と期限の一方だけが設定されている場合は、タイムライン上に 1 個の点として、ひし形で表示されます。

ヒント: 従来型のプロジェクト管理ガント チャート ([タスク] ページに表示されるタイムラインに似ています) では、ひし形はプロジェクト内のマイルストーンを示すのに使われます。マイルストーンとは、プロジェクトの主要なイベントを表す基準点のことであり、プロジェクトの進行状況をモニタリングするのに使われます。例として、重要なイベント、関連プロジェクトの完了日、リリース日などを挙げることができます。プロジェクトのほとんどのタスクに開始日と期限を設定しておき、プロジェクト内のマイルストーンを表すタスクには期限だけを設定する (開始日を設定しない) ことをお勧めします。

タスクをタイムラインに追加したら、すぐにできること、タイムラインの表示方法を変更するのには、いくつかの原因があります。詳細については、タイムラインの外観の変更を参照してください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×