タスクやリソースをグループ化する

プロジェクトのタスクの数が多すぎて見づらくなったときは、タスクをカテゴリごとにグループ化してみてください。 グループ化を利用すると、優先度、制約タイプ、完了状況など、さまざまな基準でプロジェクトのタスクを分類することができます。 [タスク名] 列の [グループ化] をクリックしてカテゴリの 1 つを選びます。 この操作を元に戻すには、[タスク名]、[グループなし] の順に選びます。

次に示す例では、ガント チャートの中のタスクが状況別にグループ化されているので、どのタスクが完了し、どれが遅れているかがわかります。

  1. [タスク名] 列の下矢印をクリックします。

  2. [グループ化]、[状況] の順にクリックします。
    タスクのグループ化の画像

タスク状況別にグループ化する前と後のプロジェクトのビューを次に示します。

グループ化前

グループ化前の画像

グループ化後

グループ化後は、各メンバーが行うことになっている作業の量の順にスケジュールを調べることができます。 グループ化すると各グループ レベルでの集計が表示されるので、各グループの作業時間、コスト、期間がどの程度であるかがわかります。

グループ化前の画像

グループ化に関するヒント

ヒント

操作方法

グループ化を解除する

[表示]、[グループ化]、[グループなし] の順にクリックします。

複数の基準でグループ化する

[表示]、[グループ化]、[その他のグループ] の順にクリックします。 グループ化の複数の基準を入力します。

ネットワーク ダイアグラムでグループ化する

ネットワーク ダイアグラムで、[表示]、[グループ化] の順にクリックします。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×