タスクの開始日や終了日を変更するとタスクの期間が自動的に変更される

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

現象

タスクの期間では、変更の開始と終了日を変更します。

原因

タスクの期間の代わりにタスクの開始日と終了日を入力すると、その間の稼働時間に基づいて、期間が Project によって計算されます。その後、期間を変更せずに開始日または終了日を変更した場合、期間が自動的に再計算されます。

Project では、タスクの期間、開始日、および終了日の 3 つのフィールドのうち、最も最近変更が加えられた 2 つのフィールドに基づいて、最も以前に編集した残り 1 つのフィールドが再計算されます。つまり、1 番目に開始日を入力し、2 番目に終了日を入力した場合、期間が自動的に計算され、その後で期間を変更すると開始日が再計算されることになります。

たとえば、開始日に 5 月 1 日、終了日に 5 月 4 日と入力した場合、期間は 3 日間と計算されます。終了日を 5 月 5 日に変更した場合、期間が再計算されて 4 日間になります。ただし、期間を編集する代わりに、終了日を 5 月 8 日に変更した場合、開始日が再計算されて 5 月 4 日になり、期間は 4 日間のままになります。これは、最も最近に変更を加えた 2 つのフィールドが、終了日と期間になるためです。

解決法

開始日と終了日を入力しても期間が変更されないようにするには、新しく入力する開始日と終了日の間の稼働日数が、現在の開始日と終了日の間の稼働日数と同じになるようにします。こうすると、期間は現在の日数のままになります。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×