タスクの残存作業時間を延期する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

タスクの作業を開始したが、タスクを中断して後で残存作業時間を延期する必要があります。たとえば、しましたが、タスクの作業をしてが、上の管理には、新しい、優先度の高いプロジェクト Tom の週の残りの部分を操作する必要があります。優先度のこの変更に合わせて、タスクの実績作業時間と残存作業時間の間にすきまを作成するのには、タスクを分割できます。次に、後の日付の残存作業時間のスケジュールを変更します。

注: 継続期間には、延期期間、および既に完了している実際の日数時間が含まれます。

  1. [表示] メニューの [ガント チャート] をクリックします。

  2. ガント チャート ビューのグラフ部分で、目的のタスクを表すガント バーをポイントします。

    ポインターが 4 方向矢印 ガント バーの 4 方向矢印 に変わります。

  3. ガント バーを右クリックし、[タスクの分割] をクリックします。

    分割タスク カーソル 分割タスク カーソル に、カーソルに変わります。

  4. 作業を中断する時点を示す場所でタスク バーをクリックします。これにより、実績作業時間と残存作業時間に分割されます。

  5. タスク バーの残存作業時間を表す部分をポイントします。この残存作業時間部分をタスクの再開日までドラッグします。

    注記: 

    • 残存作業の再開日を確認するには、タスク バーの残存作業を表す部分にカーソルを置きます。作業の再開日が表示されます。

    • タスクは、3 つ以上に分割することもできます。

    • タスクの分割を解除するには、分割した後半部分のガント バーを前半部分のガント バーと接触する位置までドラッグします。

    • 既に分割されているタスクがプロジェクトにあり、その理由が不明な場合は、プロジェクトが平準化されたために分割が起きた可能性があります。平準化のオプションを確認するには、[ツール] メニューの [リソースの平準化] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×