タスクの残存作業時間をスケジュールする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

タスクを開始した後で、当初計画した作業に増減が発生する見通しとなった場合、そのタスクの残存作業時間を調整できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

残存作業時間数を変更します。

残存作業時間--日単位を調整します。

残存作業時間を再割り当てください。

残存作業時間を変更する

作業時間の合計は、最も重要なし、その他のスケジュール要因に与える影響を受け入れることができる場合は、残存作業時間の全体的な時間を調整します。たとえば、残存作業時間の合計を大きくしても、リソース割り当て超過になるには発生しません、場合はこの方法を使用することがあります。

  1. [表示] メニューの [ガント チャート] をクリックします。

  2. [表示] メニューの [テーブル] をポイントし、[作業時間] をクリックします。

  3. [残存] フィールドで、変更するタスクに対して新しい残存時間を入力します。

    再計算された作業時間が [作業時間] フィールドに、作業時間の達成率が [作業時間の達成率] フィールドに表示されます。目的のフィールドが表示されていない場合は、Tab キーを押して、そのフィールドまで移動してください。

注: タスクの残存作業時間を入力すると、作業時間は計算式 "残存作業時間 + 実績作業時間"、また作業時間の達成率は計算式 "(実績作業時間/作業時間) x 100" で自動的に算出されます。

ページの先頭へ

残存作業時間を毎日調整する

残存作業時間を毎日調整して、スケジュールの要件に従って作業時間の輪郭を決定します。たとえば、タスクに 2 日分の作業時間を追加して残存作業時間を増やすと、2 日目にリソースの割り当て超過が発生することがあります。この場合は、1 日目の作業時間をより長くすることによって、割り当て超過を防ぐことができます。

ヒント: 毎週や毎月などの別の間隔で残存作業時間を調整することもできます。以下の手順で、[] の代わりに、残存作業時間を調整する時間間隔を選択します。

  1. [表示] メニューの [タスク配分状況] をクリックします。

  2. [書式] メニューの [タイムスケール] をクリックし、[大区分] タブ、[中区分] タブ、[小区分] タブのいずれかをクリックします。[単位] ボックスの [日ごと] をクリックし、[OK] をクリックします。

    [タスク配分状況] ビューが既に日数を表示するように構成されている場合は、この手順をスキップしてください。

  3. [書式] メニューの [詳細] をポイントし、[作業時間] をクリックします。

    注: [作業時間] が既に選択されている場合、この項目をもう一度クリックすると、[作業時間] フィールドが非表示になります。

  4. ビューのタイムスケール領域で、現在以降の特定の日の [作業時間] フィールドに、その日の残存作業時間を新しく入力します。

    重要: 実績作業時間が入力済みになっている日の作業時間は変更しないでください。新しい値を入力すると、実績作業時間が上書きされます。

ページの先頭へ

残存作業時間の再割り当てを行う

残存作業時間の特定の期間に割り当てるリソースを制御する場合、残存作業時間の時間配分を正確に指定する場合、または残存作業時間を調整したことにより実行が困難なスケジュールになった場合に、この手順を使用します。

  1. [表示] メニューの [タスク配分状況] をクリックします。

  2. 残存作業時間の再割り当てを行うタスクをクリックします。

  3. [ツール] メニューの [リソースの割り当て] をクリックします。

  4. グリッドで、作業時間を割り当てるリソースをクリックし、[割り当て] をクリックします。

  5. 作業時間を割り当てるリソースの指定が完了したら、[閉じる] をクリックします。

  6. [タスク配分状況] ビューの時間配分グリッドに [作業時間] フィールドが表示されない場合、このフィールドを表示する必要があります。[書式] メニューの [詳細] をポイントし、[作業時間] をクリックします。

    注: [作業時間] が既に選択されている場合、この項目をもう一度クリックすると、[作業時間] フィールドが非表示になります。

  7. [タスク配分状況] ビューの時間配分グリッドで、現在割り当てられているリソースのグリッドにある [作業時間] フィールドの残存作業時間を削除した後、新しいリソースのグリッドにある [作業時間] フィールドに作業時間を入力します。

    注: 実績作業時間を変更する場合を除き、実績作業時間が入力済みになっている日の残存作業時間は変更しないでください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×