タスクの期間を変更する

Office 365 サブスクリプション, Project Professional 2019, Project Professional 2016, Office 2013, Office 2010

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

タスクの期間は、必要な実際の時間に合わせていつでも変更できます。

  1. [表示]、[ガントチャート] の順に選びます。

  2. タスクの [期間] 列で、分単位 (m)、時間単位 (h)、日単位 (d)、週単位 (w)、または月単位 (mo) で期間を入力します。

  3. 新しく設定した期間が見積もり期間の場合、期間の後に疑問符 (?) を入力します。

  4. Enter キーを押します。

[開始] 列と [終了] 列を使って期間を変更するときは注意が必要です。リンクされたタスク自動的にスケジュールされたタスクについては特に注意してください。Project で追跡されるタスクの依存関係タスクの制約と競合する変更を行った場合、慎重に構築したスケジュールどおりにならないことがあります。

次の記事も参照

サマリー タスクの期間を変更する

見積もり期間を使う

タスクの期間の詳細

期間の依存関係

サマリー タスクの期間を変更する

通常のタスクを変更する場合と同じ方法で、 サマリー タスクの期間を変更することができます。ただし、サマリータスクの期間を変更しても、必ずしもサブタスクの期間が変更されるわけではありません。

ガント チャートでは、次の図に示すように、サマリー タスクの期間 (黒い線) とサブタスクの期間の合計 (青いバー) がサマリー タスクのバーに常に表示され、 それらの違いをひと目で確認できます。

サブタスクよりも長いサマリー タスクの画像

見積もり期間を使う

タスクの見積もり期間を追加しようとしたときに疑問符が表示されない場合は、 プロジェクトで見積もり期間が有効になっていない可能性があります。有効にするには、次の操作を行います。

  1. [ファイル]、[オプション]の順に選びます。

  2. [プロジェクトのオプション] ダイアログボックスで、[スケジュール] を選びます。

  3. [次のプロジェクトのスケジュール オプション] 領域まで下にスクロールします。

  4. [スケジュール タスクに見積もり期間が設定されていることを表示する] チェック ボックスをオンにします。

    [オプション] ダイアログ ボックスの [スケジュール] タブの [次のプロジェクトのスケジュール オプション] 領域

タスクの期間の詳細

以下の手順は Microsoft Project 2007 に固有のものです。

タスクの期間を入力または変更する

  1. 期間を入力するタスクがプロジェクト計画に現在表示されていない場合は、タスクリストにタスクを追加します。既存のタスクの期間を入力または変更する場合は、この手順をスキップします。

    新しいタスクを追加するにはどうすればよいですか?

    1. [表示]、[ガントチャート] の順に選びます。

    2. [タスク名] フィールドで、タスク リストの最後にタスク名を入力します。

      既存のタスクの間にタスクを挿入するには、新しいタスクを表示する位置の下の行を選択します。[挿入] メニューの [新しいタスク] をクリックし、挿入した行にタスク名を入力します。タスク id は、タスクを挿入した後に自動的に番号が付けられます。

  2. タスクの [期間] 列に、目的の期間を入力します。

    期間は、分単位 (m)、時間 (h)、日 (d)、週 (w)、または月単位 (mo) で入力できます。

  3. 新しい期間が見積もりの場合は、その後に疑問符を入力します。

  4. Enter キーを押します。

ヒント: 

  • 1日の既定値を変更するには、[ツール] メニューの [オプション]、[スケジュール] の順に選びます。[新しいタスクに見積もり期間を設定する] チェックボックスをオフにします。

  • 新しいタスクの期間を日数以外の単位で表現するには、[ツール] メニューの [オプション]、[スケジュール] の順に選びます。[期間] ボックスに、期間の単位を選択します。

注: 

  • タスクの期間を特定のターゲットに合わせて変更する場合は、その変更がそのタスクに対して現実的な時間要件を反映していることを確認します。必要に応じて、割り当てられている作業量を確認して調整することもお勧めします。

  • プロジェクトによっては、見積もり期間を使用できない場合があります。プロジェクトで見積もり期間を使わず、タスクの [期間] 列に疑問符を入力した場合、値は推定とは見なされません。プロジェクトの見積を許可するには、[ツール]、[オプション]、[スケジュール] の順に選びます。[タスクに見積もり期間を表示する] チェックボックスをオンにします。

  • 期間を変更していて、新しい期間で既存の期間とは別の単位を使用している場合は、まず計算を別々に実行してから、新しい値を入力する必要があります。自動変換はありません。たとえば、タスクの現在の期間が1日であり、期間を日数ではなく時間を反映するように変更する場合は、1日の稼働時間数を自分で計算してから、新しい値を時間単位で入力する必要があります。

  • サマリータスク ("ハンモックタスク" と呼ばれることもあります) を直接編集することはできません。サマリータスクを変更するには、サマリータスクを構成するサブキーを変更します。

見積もりの精度を向上させる

タスク期間の見積もりの精度を向上させるには、過去のエクスペリエンスと、前のプロジェクトで類似している他のユーザーの過去のエクスペリエンスを使用します。次のような質問をしてください。

  • タスクはどれくらい時間がかかりましたか?

  • 発生した問題のいくつかを教えてください。

  • もう一度実行する必要がある場合は、どうすればよいでしょうか。

過去に行った新しいタスクと同様のタスクの違いに注意してください。タスクの期間を見積もる場合は、それらの違いについて考慮する必要があります。

タスクの期間を見積もる際には、次の点を考慮します。

  • 期間は、タスクを実行するリソースのエクスペリエンスによって異なります。経験豊富なリソースは、経験の少ないリソースよりも迅速に特定のタスクを完了することがあります。

  • 見積もりは、作業が開始されたときに再検討する必要があります。その時点でのタスクの詳細については、こちらを参照してください。

また、楽観的、悲観的、予想される期間を比較して推定値を導き出すこともできます。これは、 PERT 分析と呼ばれることがあります。

期間の依存関係

タスクの期間と開始日と終了日の間には、次の2つの依存関係が存在します。

  • 開始日と終了日を変更すると、タスクの期間が変更されます。

  • 期間を調整すると、タスクの開始日と終了日が変更されます。

タスクの開始日と終了日を期間ではなく入力した場合、Project はそれらの日付間の稼働時間に基づいて期間を計算します。後で開始日または終了日を変更した場合 (期間は変更しません)、期間は再計算されます。

同様に、タスクの期間を入力すると、プロジェクトの開始日と期間、および週末などの非稼働時間に基づいて、タスクの開始日と終了日が計算されます。後でタスクの期間を変更した場合、Project は期間に対応するように日付を再計算します。

  • 5月1日の開始日と5月4日の終了日を入力した場合、Project は期間を3日間として計算します。5月5日に終了日を変更すると、期間は4日間に再計算されます。ただし、期間を編集するのではなく、[終了日] を5月8日に変更した場合、変更した最後の2つのフィールドが終了日と期間に対して行われたため、Project は開始日を5月4日に再計算します。

    [開始日] と [終了日] を入力する必要があり、継続期間を一定にする場合は、新しい開始日と終了日が前の日付と同じ数の稼働日を表すことを確認します。継続時間は、以前と同じままです。

  • 3日間の期間を入力し、プロジェクトの開始日が3月1日の場合、project はタスクの開始日を3月1日として、終了日を3月3日として計算します (それらの日付が週末またはその他の非稼働時間に該当しない場合)。期間を4日間に変更すると、終了日は3月4日に再計算されます。

    タスクの開始日と終了日を指定する場合は、タスクの開始日と終了日を入力し、期間を再計算します。開始日と終了日を入力すると、タスクに日付の制約が設定されるため、スケジュールの柔軟性が高くなります。開始日を入力し、終了日を入力すると、[終了日] (FNET) 制約が設定されます。または、終了日を入力して開始日を入力した場合は、[開始日] (SNET) 制約が設定されます。 特定の日付にタスクを開始または終了する必要があるが、タスクを開始または終了できない場合に警告を受けるというスケジュールの柔軟性を保持する必要がある場合は、タスクの期限日を入力します。期限は、タスクを制限したり、制約に影響を与えることはありません。スケジュールが更新されると、タスクが期限を超えてプッシュされると、インジケーターが表示されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×