タスクの期間を変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

タスクのdurationは、必要な実際の時間に合わせていつでも変更できます。

  1. [ビュー] メニューの [ガント チャート] をクリックします。

  2. タスクの [期間] 列で、分単位 (m)、時間単位 (h)、日単位 (d)、週単位 (w)、または月単位 (mo) で期間を入力します。

  3. 新しく設定した期間が見積もり期間の場合、期間の後に疑問符 (?) を入力します。

  4. Enter キーを押します。

[開始] 列と [終了] 列を使って期間を変更するときは注意が必要です。リンクされたタスク自動的にスケジュールされたタスクについては特に注意してください。Project で追跡されるタスクの依存関係タスクの制約と競合する変更を行った場合、慎重に構築したスケジュールどおりにならないことがあります。

次の記事も参照

サマリー タスクの期間を変更する

見積もり期間を使う

タスクの期間の詳細

サマリー タスクの期間を変更する

定期的なタスクを変更する場合と同様のsummary taskの期間を変更できます。注意: サマリー タスクの期間を変更しない、サブタスクの期間を変更するとは限りません。

ガント チャートでは、次の図に示すように、サマリー タスクの期間 (黒い線) とサブタスクの期間の合計 (青いバー) がサマリー タスクのバーに常に表示され、 それらの違いをひと目で確認できます。

サブタスクよりも長いサマリー タスクの画像

見積もり期間を使う

タスクの見積もり期間を追加しようとしたときに疑問符が表示されない場合は、 プロジェクトで見積もり期間が有効になっていない可能性があります。有効にするには、次の操作を行います。

  1. [ファイル] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [プロジェクトのオプション] ダイアログ ボックスで、[スケジュール] をクリックします。

  3. [次のプロジェクトのスケジュール オプション] 領域まで下にスクロールします。

  4. [スケジュール タスクに見積もり期間が設定されていることを表示する] チェック ボックスをオンにします。

    [オプション] ダイアログ ボックスの [スケジュール] タブの [次のプロジェクトのスケジュール オプション] 領域

タスクの期間の詳細

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×