タスクの作業にリソースを割り当てる

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

通常、タスクをスケジュールに入力した後には、タスクの作業にリソースを割り当てます。結局、リソースがないと、プロジェクトを完了することはできません。

  1. ガント チャートの [リソース名] 列に移動します。

  2. 矢印をクリックして、タスクで作業するリソースを選びます。
    リソース画像を割り当てる

  3. 割り当てたいリソースの名前が見当たらない場合は、新規に名前を入力します。

リストに名前がない場合は、リソースがプロジェクトに追加されていません。列で新規に名前を入力するか、またはプロジェクトにリソースを追加してから、それらのリソースをタスクの作業に割り当てます。

機器や資材などのリソースを追加するには、「タスクに数量単価型リソースを追加して割り当てる」を参照してください。

Project Professional 2016では、リソースマネージャーによる承認を必要とするリソースがあります。Project Onlineに接続している場合は、リソースをプロジェクトで使用できるようにする前に、リソースの契約を要求する必要があるリソースがある場合があります。プロジェクトは、契約を要求する必要がある場合に、このインジケーター 契約が必要 を示します。契約とは、プロジェクトマネージャーとリソースマネージャーの間のアグリーメントであり、特定のリソースを特定の期間にわたってプロジェクトで作業できるようにするために、そのリソースの時間の特定の割合で、または特定の時間数の間に行うことです。

タスクにパート タイム リソースを割り当てる

プロジェクトにパート タイム リソースを割り当てたい場合を考えます。[リソースの割り当て] ボックスを使って、リソースの労働時間を設定できます。

  1. ガント チャートでタスクを選びます。

  2. リソースの割り当て> を選びます。

    (Project 2007 では、[ツール]、[リソースの割り当て] の > を選びます。

  3. [リソースの割り当て] ボックスで、割り当てるリソースを選び、[割り当て] を選びます。
    次の例では、エイミーはリソースです。[単位] ボックスに 50% を入力すると、"フェンスを作成する" タスクで 50% の作業に割り当てられるようになりました。bob はタスクにも適用されますが、[単位] 列が空白になっているため、bob は自動的にタスクに100パーセントが割り当てられます。


    [リソースの割り当て] ダイアログ ボックス

    ヒント: タスクにリソースを割り当てたときに、タスクの期間、つまり長さが自動的に変更される場合があります。このような場合、タスクの [残存作業の優先] 設定をチェックしてみてください。タスクやリソースの設定によって、自動的なスケジュール変更が行われる場合もあります。これが起きないかチェックするには、「タスクに影響する可能性のあるすべてのスケジュール ファクター」をご覧ください。

1 つのタスクに多くのユーザーを割り当てましたか?

1 つのタスクに多くのユーザーが割り当てられている場合は、[リソース名] 列を変更できない場合があります。 この列で処理できる文字は 256 文字のみであるため、1 つのタスクに多くのリソースを割り当てた場合、その制限に達することがあります。

多くのリソースを割り当てる必要のあるタスクでは、[タスク情報] ダイアログ ボックスで割り当てを行ってから、その割り当てを変更することをお勧めします。

  1. タスクを選択した状態で、[タスク> のプロパティ] を選択し、>情報を選びます。

    情報

    (Project 2007 では、ツールバーの [タスク情報] を選択します)。

  2. [リソース] タブで、より多くのリソースを 1 つのタスクに割り当てることができます。[リソース名] 列の 256 文字制限に陥ることはありません。

    [タスク情報] ダイアログ ボックスの [リソース] タブ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×