タスクにラベルでフラグを付ける

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Planner では、ラベルを使用して、要件、場所、依存関係、重要な時間の制限など、複数のタスクに共通の情報をひとめで確認できます。

プランにラベルを追加する

ボード上には、タスクの詳細については、開くを選択し、色付きの右上にあるボックスを選択します。、使用するフラグを選択し、[名前を付けます。

ラベルをクリックすると、名前を付ける

1 つのタスクでラベルを定義すると、それらをプランのすべてのタスクに使用できます。

たとえば、「概要」タスクでは、「承認」としてピンク色のラベルを定義し、その他のすべてのタスクの承認が必要な計画で同じフラグを設定することができます。

ボード上のラベルの表示

作業を整理するための他の方法

他の方法で作業を整理する必要がある場合は、バケットが役に立ちます。タスクをバケットに分類すると、タスクをフェーズ、作業の種類、部署などで整理するのに便利です。

新しい塗りつぶしにタスクをドラッグします。

ボード上の各タスクにラベル、バケット進捗記号日付割り当てコメント、および添付ファイルが表示され、プランの状況がひとめで把握できます。

プランを大局的に確認したい場合 プランの全体的な進捗をすばやく確認したい場合には、[グラフ] ビューを試してみてください。

グラフ ビューのグラフをクリックします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×