タスクと To Do アイテムを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

紙、スプレッドシート、またはこれらのアナログ媒体とデジタル媒体を組み合わせて、タスクの一覧を管理する人は大勢います。アラームや追跡機能が付いて強化された Outlook では、このようなタスクの一覧を 1 つにまとめることができます。

タスクを作成する

  1. [タスク] の [新しいタスク] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら K キーを押します。

    リボンの [新しいタスク] コマンド

  2. [件名] ボックスに仕事の名前を入力します。入力内容がたくさんある場合、件名を短くし、詳細をタスク本文に入力します。

  3. 開始日または終了日が決まっている場合、[開始日] または [期限] を設定します。

  4. [優先度] を使ってタスクの優先度を設定します。

  5. ポップアップ アラームを表示する場合、[アラーム] をオンにして日時を設定します。

  6. [タスク] の [保存して閉じる] をクリックします。

受信した電子メール メッセージを基にしてタスクをすばやく作成する方法があります。詳細については、「メッセージからタスクを作成する」をご覧ください。

  1. [ホーム] タブの [タスク] で [新規作成] をクリックして、[新しいタスク] をクリックします。

    リボンの [新しいタスク] コマンド

ショートカット キー   新しいタスクを作成するには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら K キーを押します。

  1. [件名] ボックスにタスクの名前を入力します。タスクの本文に詳細を追加できます。

  2. [タスク] タブの [アクション] グループで、[保存して閉じる] をクリックします。

メール メッセージ、連絡先、予定表アイテム、メモなどの Outlook アイテムからタスクを作成することができます。

次のいずれかの操作を行います。

  • メール メッセージを To Do バーにドラッグする

    これらの手順を使用して、To Do バーを [開始日] または [期限] 別に整理する必要があります。

    1. アイテムを To Do バーのタスク リスト セクションにドラッグします。

    2. タスクを配置する場所の各隅に赤い線の矢印が表示されたら、マウス ボタンを放します。

      To Do バーの予定セクションのスクリーンショット

  • アイテムをタスクにドラッグする

    アイテムを [ナビゲーション ウィンドウ] の [タスク] にドラッグすると、タスク アイテムのすべての機能を使用することができます。添付ファイル以外のアイテムの内容は、タスクの本文にコピーされます。後で元のアイテムが削除された場合でも、コピーされたアイテムの内容を含み、タスクを利用できます。

  • アイテムを [ナビゲーション ウィンドウ] の [タスク] タブにドラッグします。

    ヒント:  テキストをタスクの本文に貼り付ける代わりに、アイテムを添付ファイルとしてタスクに追加するには、[添付ファイル付きのタスクとしてここにコピーする] をクリックします。

個人または組織の連絡先に自分のタスクが含まれている場合は、連絡先へのリンクを作成できます。

注: 連絡先のリンクを有効にする必要があります。

連絡先のリンクにする方法

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [オプション] をクリックします。

  3. [連絡先] をクリックします。

  4. [リンク] の [現在のアイテムにリンクされている連絡先を表示する] チェック ボックスを選択します。

  • 開いているタスク] ウィンドウの下部にある連絡先] をクリックし、[連絡先をクリックし、[ OK] をクリックします。

既定によって、Outlook ビューのすべてに To Do バーが表示されます。

新しいタスクを作成するには、次のいずれかの操作を行います。

  • To Do バーの [新しいタスクを入力してください] ボックスをクリックして、タスクの説明を入力します。Enter キーを押して完了します。To Do リストに今日の日付と一緒にタスクが表示されます。

  • To Do バーの [新しいタスクを入力してください] ボックスをダブルクリックして、新しいウィンドウでタスクを開きます。タスクについての詳細な情報を入力することができます。

ヒント:  To Do バーのオンとオフを切り替えるには、[ビュー] タブで、[レイアウト] グループの [To Do バー] をクリックして、[標準]、[最小化]、あるいは [オフ] をクリックします。これで To Do バーは、すべてのビューにではなく、現在のビューにのみ表示されます。

日毎のタスク リストは、Outlook 予定表の日ビューと週ビューにのみ表示されます。

予定表の週ビューの日毎のタスク リスト

  1. 目的の日付の [日毎の​​タスク リスト] にポインターを置きます。

  2. [クリックしてタスクを追加] をクリックします。

  3. タスクの件名を入力し、Enter キーを押します。

    既定では、開始日と期限はタスクを挿入した日の下に設定されます。開始日または期限を変更するには、タスクを目的の日にドラッグします。開始日または期限を手動で変更するには、タスクを右クリックし、[開く] をクリックします。

注:  予定表の [日毎の​​タスク リスト] のオンとオフを切り替えるには、[ビュー] タブで、[レイアウト] グループの [日毎の​​タスク リスト] をクリックし、[標準]、[最小化]、または [オフ] を選択します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

To Do バー タスクは、Outlook で作成されたアイテムで、完了するまで追跡されます。To Do アイテムは、タスク、メール メッセージ、連絡先など、フラグを設定した任意の Outlook アイテムです。既定では、すべてのタスクは、開始日または期限がなくても、作成したときにフラグが設定されます。そのため、タスクを作成するか、メール メッセージや連絡先にフラグを設定すると、常に To Do アイテムが自動的に作成されます。

後にアイテムを処理する必要があることをすばやく指定する必要がある場合は、フラグ付けするのが一番です。アイテムにフラグを設定すると、[メール] ビュー、[タスク]、[To Do バー]、予定表の [日毎の​​タスク リスト] でフラグが付いた状態で表示されます。メッセージや連絡先にフラグを設定しても、新しいタスクは作成されません。フラグを設定しても To Do アイテムはメール メッセージや連絡先のままであるため、タスクとして誰かに割り当てたり、進捗状況やタスクの達成率を示したりする機能はありません。

タスクは、1 回または繰り返して発生させることができます。定期的なタスクは、一定期間で繰り返すか、タスク完了としてマークした日付を基に繰り返すことができます。たとえば、毎月最終金曜日にマネージャーに進捗状況の報告レポートを送信するようにしたり、あるいは、最後に髪を切ってから 1 か月後に美容院に行くことを通知したりするような、定期的なタスクを作成できます。

タスクと To Do アイテムのどちらも [タスク]、[To Do バー]、予定表の [日毎の​​タスク リスト] に表示されます。どちらのビューを表示していても、To Do バーは、予定表、タスク、To Do アイテムを常に知らせます。

Outlook で新しいタスクを作成する方法は、いくつかあります。[タスク] コマンド ([ファイル] メニューの [新規作成] をクリックします) を使用して、Outlook の任意のビューから To Do ボックスの [新しいタスクを入力してください] テキスト ボックスにタスクを入力して、予定表の [日毎の​​タスク リスト] に任意の空白スペースを入力します。または、[タスク] ビューの上部にある [新しいタスクを追加するにはここをクリックしてください。] テキスト ボックスをクリックするか、入力します。中でも、To Do バーを使用するのが最も簡単です。

メール メッセージなどのアイテムを [ナビゲーション ウィンドウ] の [タスク] にドラッグして、タスクを作成することもできます。すると、メール メッセージのコピーがタスクとして作成されます。

ご自身に割り当てたタスク (メール メッセージに返信するように通知するアラームなど) を管理したり、他のユーザーに割り当てたタスク (誰かのプロジェクトの進捗状況など) を把握したりするなど、いずれの場合でも、Outlook のタスクがソリューションになります。タスクの追加や更新はすぐに行うことができ、また、完了としてマークすることも簡単です。タスクを [予定表] ビューに組み込むことで、予約を管理するだけではなく、完了させる必要のあるタスクを追跡できる多機能なインターフェイスがご利用になれます。

  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントして、[タスク] をクリックします。

    ショートカット キー: 新しいタスクを作成するには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら K キーを押します。

  2. [件名] ボックスに仕事の名前を入力します。

    注: これで、タスクを作成するための十分な情報が入力されました。次の手順は省略できますが、行っておくと Outlook でタスクを管理する際に役立ちます。

  3. [タスク] タブの [アクション] グループで、[保存して閉じる] をクリックするか、次の手順を続けて行い、タスクをカスタマイズします。

  4. カスタマイズする場合は、タスクの [開始日] と [期限] を設定します。

    [開始日] を指定した場合、[期限] フィールドは自動的に同じ日に設定されます。[期限] フィールドは、任意の日付に変更できます。

  5. タスクを定期的にする場合、[タスク] タブの [オプション] グループで、[パターン] をクリックします。

  6. [定期的なタスクの設定] ダイアログ ボックスで、タスクを繰り返す頻度 ([]、[]、[] または []) をクリックして、次のいずれかの操作を行います。

    • 一定の間隔でタスクを繰り返す   : [パターンの設定] セクションで、目的の頻度を選択します。[タスクの終了ごとに間隔を置いて自動作成] を選択しないでください。こちらを選択すると、タスクが一定の間隔で繰り返し発生しません。

    • 完了日を基にタスクを繰り返す   : [タスクの終了ごとに間隔を置いて自動作成] を選択して、新しいタスクを発生させるまでの時間を入力します。

      タスク完了とマークするたびに、指定した時間を基に新しいタスクが作成されます。

      ヒント: 前回のタスクを完了とマークするまで、次のアラームがタスクを表示しないようにする場合は、この方法がお勧めです。アイテムを完了としてマークしない場合、次のアラームは表示されません。たとえば、毎月 15 日に光熱費を支払うようにアラームを設定している場合、4 月 15 日にタスク完了としてマークしなかったとすると、5 月では 4 月 15 日のタスクが完了していないものとして表示されます。4 月 15 日のタスクを完了とマークした後でのみ、5 月 15 日のタスクが表示されます。

  7. [OK] をクリックして、[定期的なタスクの設定] ダイアログ ボックスを閉じます。

  8. アラームの通知を追加する場合は、[アラーム] チェック ボックスをオンにして、アラームの日時を入力します。

  9. アラームの通知音をお好みのサウンドに指定することができます。 ボタンの画像 をクリックして、[参照] をクリックし、再生するサウンド ファイルを選択して、[開く] をクリックし、[OK] をクリックします。アラーム音の変更は、このタスクでのみ有効です。

  10. このタスクの進捗状況を管理する場合は、[状況] ボックス、[優先度] ボックス、[達成率] ボックスの順に移動して、目的の値を入力します。

    [状況] フィールドと [達成率] フィールドはリンク付けされています。どちらかのフィールドの値を変更すると、もう一方のフィールドの値も変更されます。

状態

達成率

開始されていない

0

進行中

1-99

完了

100

待機中   

0-100

延期

0-100

  1. 色分類項目をタスクに割り当てる場合、[タスク] タブの [オプション] グループで、[分類] をクリックし、メニューにある色分類項目のいずれかをクリックします。他の色分類項目を表示するには、[すべての分類項目] をクリックします。

    初めて色分類項目を使用する場合、色分類項目の名前を分かりやすく指定するようにメッセージが表示されます。お好みの色分類項目を作成したり、ユーザー設定の色を色分類項目と関連付けたり、あるいはショートカット キーを色分類項目に割り当てたりできます。[OK] をクリックして、[タスク] ウィンドウに戻ります。

    ヒント: 色分類項目の割り当てを変更する場合は、色または色分類項目名を右クリックして、[分類項目名をクリア] または [すべての分類項目をクリア] をクリックします。

  2. タスクが [連絡先] 内にある個人または組織と関係する場合は、ウィンドウ下部の [連絡先] エントリをクリックして選択することで、該当する連絡先とのリンクをすばやく作成することができます。[OK] をクリックして、[連絡先の選択] ダイアログ ボックスを閉じます。

    注: 既定では、連絡先リンクはメッセージ、連絡先、タスクのウィンドウに表示されません。連絡先リンクをオンにするには、[タスク] タブの [アクション] グループで、[保存して閉じる] をクリックします。メインの Outlook ウィンドウの [ツール] メニューで [オプション] をクリックします。[ユーザー設定] タブで [連絡先オプション] をクリックし、[連絡先リンク] の [連絡先オプション] ダイアログ ボックスで、[すべてのフォームに連絡先リンクを表示する] チェック ボックスをオンにします。タスクを開き、この手順を続けます。

  3. 共有されたタスク エントリを他のユーザーに表示させたくない場合は、[タスク] タブの [オプション] グループで、[非公開] をクリックします。

  4. 経費情報、稼働時間、その他の支払い条件を入力する場合は、[タスク] タブの [表示] グループで、[詳細] をクリックします。[予測時間] テキスト ボックス、[実働時間] テキスト ボックス、[経費情報] テキスト ボックス、[支払い条件] テキスト ボックスに情報を入力します。

  5. [タスク] タブの [アクション] グループで、[保存して閉じる] をクリックします。

メール メッセージをタスクまたは To Do アイテムにする方法がいくつかあります。

次のいずれかの操作を実行します。

  • メール メッセージにフラグを付ける

    後からアイテムをマークするようにすばやく指定する必要があるときは、メッセージにフラグを付けるのが一番です。アイテムにフラグを設定すると、フラグが [メール] ビュー、[タスク]、[To Do バー]、予定表の [日毎の​​タスク リスト] で表示されます。メッセージや連絡先にフラグを設定しても、新しいタスクは作成されません。フラグを設定しても To Do アイテムはメール メッセージや連絡先のままであるため、タスクとして誰かに割り当てたり、進捗状況やタスクの達成率を示したりする機能はありません。

    1. [メール] で、メール メッセージのフラグの列を右クリックします。

    2. 期日を選択します。

      すばやくフラグを設定するには、メール メッセージの横のフラグ列をクリックします。今日の日付が開始日と期限に自動的に設定されます。

      アラームの時刻、通知音、開始日、期日、または情報バーに表示するフラグのテキストを変更したり、アラームのフラグを削除したりするには、メール メッセージの横のフラグ列を右クリックして、[ユーザー設定] または [アラームの追加] をクリックします。どちらのオプションを選択しても同じダイアログ ボックスが開きますが、[アラームの追加] を使用すると、アラームのチェック ボックスが自動的にオンになります。

      [フラグの設定] ダイアログ ボックス

  • メール メッセージを To Do バーにドラッグして、To Do アイテムを作成する

    これらの手順を使用して、To Do バーを [開始日] または [期限] 別に整理する必要があります。

    1. メール メッセージをクリックして選択し、メッセージを To Do バーのタスク リスト セクションにドラッグします。

    2. タスクを配置する場所の各隅に赤い線の矢印が表示されたら、マウス ボタンを放します。

      To Do バーの予定セクションのスクリーンショット

  • メール メッセージを [タスク] ボタンにドラッグして、新しいタスクを作成する

    メール メッセージを [ナビゲーション ウィンドウ] の [タスク] にドラッグするときに、タスク アイテムのすべての機能を使用できます。また、添付ファイルを除き、タスクの本文にコピーしたメール メッセージの内容も使用できます。元のメール メッセージが後で削除された場合でも、メール メッセージのコピーされた内容を含み、タスクは利用できます (添付ファイルは除きます)。

    1. メール メッセージをクリックして選択し、[ナビゲーション ウィンドウ] の [タスク] ボタンにドラッグします。

      テキストをタスク本文に貼り付ける代わりに、アイテムを添付ファイルとしてタスクに追加するには、メッセージを右クリックして、タスク リストにドラッグします。ショートカット メニューで [添付ファイル付きのタスクとしてここにコピーする] をクリックします。

      新しいタスク アイテム ウィンドウが表示され、メールの内容のコピーがタスクの本文に貼り付けられます。メール メッセージの件名がタスクの件名になります。必要に応じて、件名を変更することができます。

      注: これで、タスクを作成するための十分な情報が入力されました。次の手順は省略できますが、行っておくと Outlook でタスクを管理する際に役立ちます。

    2. [タスク] タブの [アクション] グループで、[保存して閉じる] をクリックするか、次の手順を続けて行い、タスクをカスタマイズします。

    3. カスタマイズする場合は、タスクの [開始日] と [期限] を設定します。

      [開始日] を指定した場合、[期限] フィールドは自動的に同じ日に設定されます。[期限] は、任意の日付に変更できます。

    4. タスクを定期的にする場合、[タスク] タブの [オプション] グループで、[パターン] をクリックします。

    5. [定期的なタスクの設定] ダイアログ ボックスで、タスクを繰り返す頻度 ([]、[]、[] または []) をクリックして、次のいずれかの操作を行います。

      • 一定の間隔でタスクを繰り返す   : [パターンの設定] セクションで、目的の頻度を選択します。[タスクの終了ごとに間隔を置いて自動作成] を選択しないでください。こちらを選択すると、タスクが一定の間隔で繰り返し発生しません。

      • 完了日を基にタスクを繰り返す   : [タスクの終了ごとに間隔を置いて自動作成] を選択して、新しいタスクを発生させるまでの時間を入力します。

        タスク完了とマークするたびに、選択した時間を基に新しいタスクが作成されます。

        前回のタスクを完了とマークするまで、次のアラームがタスクを表示しないようにする場合は、この方法がお勧めです。アイテムを完了としてマークしない場合、次のアラームは表示されません。たとえば、毎月 15 日に光熱費を支払うようにアラームを設定している場合、4 月 15 日にタスクを完了としてマークしなかったとすると、5 月に 4 月 15 日のタスクが表示されます。4 月 15 日のタスクを完了としてマークすると、すぐに 5 月 15 日のタスクが表示されます。

    6. [OK] をクリックして、[定期的なタスクの設定] ダイアログ ボックスを閉じます。

    7. アラームを追加する場合は、[アラーム] チェック ボックスをオンにして、アラームの通知を有効にします。アラームの日付と時刻を入力します。

    8. アラームの通知音をお好みのサウンドに指定することができます。 ボタンの画像 をクリックして、[参照] をクリックし、再生するサウンド ファイルを選択して、[開く] をクリックし、[OK] をクリックします。アラーム音の変更は、このタスクでのみ有効です。

    9. このタスクの進行状況を管理する場合は、[状況] ボックス、[優先度] ボックス、[達成率] ボックスの順に移動して、入力するか目的のオプションを選択します。

      [状態] フィールドと [達成率] フィールドは、互いに依存します。どちらかのフィールドの値を変更することで、もう一方のフィールドの値も変更されます。

状態

達成率

開始されていない

0

進行中

1-99

完了

100

待機中   

0-100

延期

0-100

  1. 色分類項目をタスクに割り当てる場合、[タスク] タブの [オプション] グループで、[分類] をクリックし、メニューにあるエントリのいずれかをクリックします。他の色分類項目を表示するには、[すべての分類項目] をクリックします。

    初めて色分類項目を使用する場合、名前を分かりやすく指定するようにメッセージが表示されます。お好みの色分類項目を作成したり、ユーザー設定の色を色分類項目と関連付けたり、ショートカット キーを割り当てたりできます。[OK] をクリックして、[タスク] ウィンドウに戻ります。

    色分類項目の割り当てを変更する場合は、色または色分類項目名を右クリックして、[分類項目名をクリア] または [すべての分類項目をクリア] をクリックします。

  2. タスクが [連絡先] 内にある個人または組織と関係する場合は、ウィンドウ下部の [連絡先] エントリをクリックして選択することで、該当する連絡先とのリンクをすばやく作成することができます。[OK] をクリックして、[連絡先の選択] ダイアログ ボックスを閉じます。

  3. 共有されたタスク エントリを他のユーザーに表示させたくない場合は、[タスク] タブの [オプション] グループで、[非公開] をクリックします。

  4. 経費情報、稼働時間、その他の支払い条件を入力する場合は、[タスク] タブの [表示] グループで、[詳細] をクリックします。[予測時間] テキスト ボックス、[実働時間] テキスト ボックス、[経費情報] テキスト ボックス、[支払い条件] テキスト ボックスに情報を入力します。

  5. [タスク] タブの [保存] グループで、[保存して閉じる] をクリックします。

後から連絡先をマークするようにすばやく指定する必要があるときは、連絡先にフラグを付けるのが一番です。連絡先にフラグを設定すると、情報バーのフラグ テキストを使用して To Do アイテムが作成されます。連絡先にフラグを設定すると、[​​タスク リスト]、[To Do バー]、予定表の [日毎のタスク リスト] にも表示されます。連絡先にフラグを設定しても、新しいタスク アイテムは作成されません。To Do アイテムは連絡先のままであるため、タスクとして誰かに割り当てたり、進捗状況やタスクの達成率を示したりする機能はありません。

  1. [連絡先] で、目的の連絡先を右クリックします。

  2. ショートカット メニューの [フラグの設定] をポイントし、[期限] をクリックします。

    アラームの時刻、通知音、開始日、期日、または情報バーに表示するフラグのテキストを変更したり、アラームのフラグを削除したりするには、[ユーザー設定] または [アラームの追加] をクリックします (どちらのオプションを選択しても同じダイアログ ボックスが開きますが、[アラームの追加] を使用すると、アラームのチェック ボックスが自動的にオンになります)。

既定によって、Outlook ビューのすべてに To Do バーが表示されます。To Do バーのオンとオフは切り替えることができます。さらに、使用する画面スペースを少なくするように、To Do バーを最小化バージョンで表示することを選択できます。To Do バーのオンとオフを切り替えるとき、または特定のビューで最小化するときに、そのビューでのみ、設定が適用されます。たとえば、[メール] ビュー内で To Do バーをオフにすると、[メール] ビューを表示したときには、次回 Outlook を起動したときも含めて、To Do バーはオフになっています。ただし、[予定表]、[メモ]、[タスク] などの他のビューでは To Do バーはオンになっています。

  • To Do バーのオンとオフを切り替えるには、[ビュー] をクリックして [To Do バー] をポイントし、[標準]、[最小化]、または [オフ] をクリックします。

  • To Do バーで新しいタスクを作成するには、[新しいタスクを入力してください] テキスト ボックス ([仕事入力パネル] と言います) をクリックして、タスクの件名を入力し、Enter キーを押します。

    仕事入力パネル

    既定では、フラグの [クイック クリックの設定] の設定に基づき、期日や開始日がタスクに割り当てられます。初めて Outlook をインストールするときに、この設定は [今日] で構成されます。

    タスクを作成して、フラグを別の期限に変更する場合、今後 To Do バーに入力する任意のタスクは新しい設定を使用します。常に表示する選択を上書きして、別のオプションを選択できます。ただし、Outlook を再起動すると、既定により、最初に入力したタスクのフラグは、[クイック クリックの設定] に設定されます

    既定のフラグ設定を変更するには、任意のビューでフラグの列を右クリックし、[クイック クリックの設定] をクリックして、目的のフラグ設定を選択します。オプションには [日付なし] が含まれます。[日付なし] フラグを選択すると、To Do バーの [日付なし] グループにアイテムが表示されます。

    注: これで、タスクを作成するための十分な情報が入力されました。次の手順は省略できますが、行っておくと Outlook でタスクを管理する際に役立ちます。

  • 次の手順を引き続き行い、タスクをカスタマイズします。そのためには、To Do バーのタスクをダブルクリックします。

  • カスタマイズする場合は、タスクの [開始日] と [期限] を設定します。

    [開始日] を指定した場合、[期限] フィールドは自動的に同じ日に設定されます。[期限] は、任意の日付に変更できます。

  • タスクを定期的にする場合、[タスク] タブの [オプション] グループで、[パターン] をクリックします。

  • [定期的なタスクの設定] ダイアログ ボックスで、タスクを繰り返す頻度 ([]、[]、[] または []) をクリックして、次のいずれかの操作を行います。

    • 一定の間隔でタスクを繰り返す   : [パターンの設定] セクションで、目的の頻度を選択します。[タスクの終了ごとに間隔を置いて自動作成] を選択しないでください。こちらを選択すると、タスクが一定の間隔で繰り返し発生しません。

    • 完了日を基にタスクを繰り返す   : [タスクの終了ごとに間隔を置いて自動作成] を選択して、新しいタスクを発生させるまでの時間を入力します。

      タスク完了とマークするたびに、選択した時間を基に新しいタスクが作成されます。

      前回のタスクを完了とマークするまで、次のアラームがタスクを表示しないようにする場合は、この方法がお勧めです。アイテムを完了としてマークしない場合、次のアラームは表示されません。たとえば、毎月 15 日に光熱費を支払うようにアラームを設定している場合、4 月 15 日にタスクを完了としてマークしなかったとすると、5 月に 4 月 15 日のタスクが表示されます。4 月 15 日のタスクを完了としてマークすると、すぐに 5 月 15 日のタスクが表示されます。

  • [OK] をクリックして、[定期的なタスクの設定] ダイアログ ボックスを閉じます。

  • アラームを追加する場合は、[アラーム] チェック ボックスをオンにして、アラームの通知を有効にします。アラームの日付と時刻を入力します。

  • アラームの通知音をお好みのサウンドに指定することができます。 ボタンの画像 をクリックして、[参照] をクリックし、再生するサウンド ファイルを選択して、[開く] をクリックし、[OK] をクリックします。アラーム音の変更は、このタスクでのみ有効です。

  • このタスクの進行状況を管理する場合は、[状況] ボックス、[優先度] ボックス、[達成率] ボックスの順に移動して、入力するか目的のオプションを選択します。

    [状態] フィールドと [達成率] フィールドは、互いに依存します。どちらかのフィールドの値を変更することで、もう一方のフィールドの値も変更されます。

状態

達成率

開始されていない

0

進行中

1-99

完了

100

待機中   

0-100

延期

0-100

  1. 色分類項目をタスクに割り当てる場合、[タスク] タブの [オプション] グループで、[分類] をクリックし、メニューにあるエントリのいずれかをクリックします。他の色分類項目を表示するには、[すべての分類項目] をクリックします。

    初めて色分類項目を使用する場合、名前を分かりやすく指定するようにメッセージが表示されます。お好みの色分類項目を作成したり、ユーザー設定の色を色分類項目と関連付けたり、ショートカット キーを割り当てたりできます。[OK] をクリックして、[タスク] ウィンドウに戻ります。

    色分類項目の割り当てを変更する場合は、色または色分類項目名を右クリックして、[分類項目名をクリア] または [すべての分類項目をクリア] をクリックします。

  2. タスクが [連絡先] 内にある個人または組織と関係する場合は、ウィンドウ下部の [連絡先] エントリをクリックして選択することで、該当する連絡先とのリンクをすばやく作成することができます。[OK] をクリックして、[連絡先の選択] ダイアログ ボックスを閉じます。

  3. 共有されたタスク エントリを他のユーザーに表示させたくない場合は、[タスク] タブの [オプション] グループで、[非公開] をクリックします。

  4. 経費情報、稼働時間、その他の支払い条件を入力する場合は、[タスク] タブの [表示] グループで、[詳細] をクリックします。[予測時間] テキスト ボックス、[実働時間] テキスト ボックス、[経費情報] テキスト ボックス、[支払い条件] テキスト ボックスに情報を入力します。

  5. [タスク] タブの [保存] グループで、[保存して閉じる] をクリックします。

リストでタスクを上下に移動するには、アイテムをクリックして目的の場所にドラッグします。タスクをドラッグすると、赤い線の矢印がマウス ボタンを放したときにタスクが配置される場所を示します。

日毎のタスク リストは、Outlook 予定表の日ビューと週ビューにのみ表示されます。[日毎の​​タスク リスト] のオンとオフを切り替えるには、予定表の [ビュー] をクリックして [日毎のタスク リスト] をポイントし、[標準]、[最小化]、または [オフ] をクリックします。

毎日のタスク リスト

タスクの合計数のみを表示するには、次のいずれかの操作を行います。

  • 予定表で [ビュー] をクリックして、[日毎の​​タスク リスト] をポイントし、[最小化] クリックします。

  • [日毎のタスク リスト] の上隅をポイントします。ポインターが サイズ ハンドル アイコン に変更したときに、ポインターの端をウィンドウの下にドラッグします。

[日毎のタスク リスト] で新しいタスクを作成するには、[標準] の [日毎のタスク リスト] 設定を使用する必要があります。

  1. [日毎のタスク リスト] 上にマウスを置くと、[クリックしてタスクを追加] が表示されます。

  2. 日付列の下の空白スペースをクリックします。

  3. タスクの件名を入力し、Enter キーを押します。

    既定では、[日毎の​​タスク リスト] 上部の列に [開始日] と [期限] がタスクが割り当てられます。タスクの [開始日] または [期限] を変更するには、作成したタスクを期限の日付にドラッグします。タスクをドラッグする代わりに、タスクを開き、開始日と期限を変更することもできます。これを行うには、タスクを右クリックして [開く] をクリックするか、またはアイテムを選択して Esc キーを押して、Enter キーを押します。

  4. タスクを定期的にする場合、[タスク] タブの [オプション] グループで、[パターン] をクリックします。

  5. [定期的なタスクの設定] ダイアログ ボックスで、タスクを繰り返す頻度 ([]、[]、[] または []) をクリックして、次のいずれかの操作を行います。

    • 一定の間隔でタスクを繰り返す   : [パターンの設定] セクションで、目的の頻度を選択します。[タスクの終了ごとに間隔を置いて自動作成] を選択しないでください。こちらを選択すると、タスクが一定の間隔で繰り返し発生しません。

    • 完了日を基にタスクを繰り返す   : [タスクの終了ごとに間隔を置いて自動作成] を選択して、新しいタスクを発生させるまでの時間を入力します。

      タスク完了とマークするたびに、選択した時間を基に新しいタスクが作成されます。

      前回のタスクを完了とマークするまで、次のアラームがタスクを表示しないようにする場合は、この方法がお勧めです。アイテムを完了としてマークしない場合、次のアラームは表示されません。たとえば、毎月 15 日に光熱費を支払うようにアラームを設定している場合、4 月 15 日にタスクを完了としてマークしなかったとすると、5 月に 4 月 15 日のタスクが表示されます。4 月 15 日のタスクを完了としてマークすると、すぐに 5 月 15 日のタスクが表示されます。

  6. [OK] をクリックして、[定期的なタスクの設定] ダイアログ ボックスを閉じます。

  7. アラームを追加する場合は、[アラーム] チェック ボックスをオンにして、アラームの通知を有効にします。アラームの日付と時刻を入力します。

  8. アラームの通知音をお好みのサウンドに指定することができます。 ボタンの画像 をクリックして、[参照] をクリックし、再生するサウンド ファイルを選択して、[開く] をクリックし、[OK] をクリックします。アラーム音の変更は、このタスクでのみ有効です。

  9. このタスクの進行状況を管理する場合は、[状況] ボックス、[優先度] ボックス、[達成率] ボックスの順に移動して、入力するか目的のオプションを選択します。

    [状態] フィールドと [達成率] フィールドは、互いに依存します。どちらかのフィールドの値を変更することで、もう一方のフィールドの値も変更されます。

状態

達成率

開始されていない

0

進行中

1-99

完了

100

待機中   

0-100

延期

0-100

  1. 色分類項目をタスクに割り当てる場合、[タスク] タブの [オプション] グループで、[分類] をクリックし、メニューにあるエントリのいずれかをクリックします。他の色分類項目を表示するには、[すべての分類項目] をクリックします。

    初めて色分類項目を使用する場合、名前を分かりやすく指定するようにメッセージが表示されます。お好みの色分類項目を作成したり、ユーザー設定の色を色分類項目と関連付けたり、ショートカット キーを割り当てたりできます。[OK] をクリックして、[タスク] ウィンドウに戻ります。

    色分類項目の割り当てを変更する場合は、色または色分類項目名を右クリックして、[分類項目名をクリア] または [すべての分類項目をクリア] をクリックします。

  2. タスクが [連絡先] 内にある個人または組織と関係する場合は、ウィンドウ下部の [連絡先] エントリをクリックして選択することで、該当する連絡先とのリンクをすばやく作成することができます。[OK] をクリックして、[連絡先の選択] ダイアログ ボックスを閉じます。

  3. 共有されたタスク エントリを他のユーザーに表示させたくない場合は、[タスク] タブの [オプション] グループで、[非公開] をクリックします。

  4. 経費情報、稼働時間、その他の支払い条件を入力する場合は、[タスク] タブの [表示] グループで、[詳細] をクリックします。[予測時間] テキスト ボックス、[実働時間] テキスト ボックス、[経費情報] テキスト ボックス、[支払い条件] テキスト ボックスに情報を入力します。

  5. [タスク] タブの [保存] グループで、[保存して閉じる] をクリックします。

リストでタスクを上下に移動するには、アイテムをクリックして目的の場所にドラッグします。タスクをドラッグすると、赤い線の矢印がマウス ボタンを放したときにタスクが配置される場所を示します。

  1. タスクを開きます。

  2. ]、[タスク] ウィンドウの下部にある [連絡先] をクリックします。

    [連絡先] ボタンが表示されません。

    ]、[連絡先] ボタンが表示されない場合は、次の操作を行います。

    1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

    2. [環境設定] タブの [連絡先とメモ] で、連絡先オプションをクリックします。

    3. 連絡先のオプション] ダイアログ ボックスの [連絡先をリンクするには、で、[連絡先のすべてのフォームにリンクを表示する] チェック ボックスを選択します。

  3. 連絡先の選択] ダイアログ ボックスで、[アイテム] では、このタスクにリンクする連絡先を選択します。

    複数の連絡先を選択するには、[1 つの連絡先] をクリックして、CTRL キーを押しながら、[その他の連絡先を 1 つずつ] をクリックします。

    連絡先からのリンクされたアイテムを表示するには、開かれた連絡先、および [連絡先] タブの [表示] グループで、[アクティビティ] をクリックします。特定のアイテムの種類] を表示するには、[表示] の一覧で、アイテムの種類をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×