タグとメモを使用して同僚と情報を共有する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

タグとメモを使用すると、同僚と情報を共有したり対話したりすることができます。

この記事の内容

概要

タグとメモの用途例

コンテンツにタグを追加する

タグを付ける方法

タグを表示する

タグを削除する

タグ付けされたコンテンツの権限とプライバシーについて理解する

メモを書く

他のユーザーにメモを残す

コンテンツについてのメモを書く

メモの権限とプライバシーについて理解する

ドキュメントとリスト アイテムにタグとメモを追加する

SharePoint ページにタグとメモを追加する

ブラウザーのお気に入りにタグとメモのツールを追加する

タグとメモのツールを使用して Web ページにタグを追加する

他のユーザーにメモを残す

概要

コンテンツに関するメモとタグを使用すると、関連するコンテンツを見つけて共有したり、知識が豊富なユーザーを見つけたりすることが簡単になります。また、他のユーザーにメモを書くことで、ユーザー間でざっくばらんな対話を行ったり簡単にコミュニケーションを取ったりすることができます。

タグとメモの用途例

  • 他のユーザーに便利なコンテンツのリソースについて知ってもらう

  • ユーザーが、同じ興味を持つ同僚や、自分の知りたい知識を持つ良き相談者を発見できるようにする

  • 相互理解を深めるために、ユーザーが別の場所で作業できるようにする

  • 関連するアクティビティについての情報を共有したり学んだりする

  • 従業員が、他チームの仕事上の連絡先を保持できるようにする

ページの先頭へ

コンテンツにタグを追加する

タグは、簡単に追跡したり思い出したりできるようにするドキュメントやページ、または、他のユーザーの興味がありそうなドキュメントやページに適用します。さらに、組織の設定によっては、自分の関心のあるインターネット上のページや記事にタグを適用することもできます。

タグ クラウド

ソーシャル タグを使用すると、特定のタグにフィルターをかけて検索結果の精度を高めることができます。また、興味の分野が同じユーザーと情報を共有することを望んでいる個人のユーザー同士をつなげることもできます。

タグを付ける方法

コンテンツにタグを付ける方法はいくつかあります。SharePoint サイトでコンテンツを表示しているときは、ボタンを使用すると、タグとメモを適用したり、気に入った項目をもう一度表示または共有することをすばやく指定したりできます。

さまざまなオンラインの情報にタグを付ける場合は、ブラウザーのお気に入り、ブックマーク、またはリンク バーに追加できる、SharePoint のタグとメモのツールを使用します。

タグ候補

入力するタグを以前にだれかが使用していた場合、または組織がいくつかのタグや構造を定義している場合、タグを入力するたびに推測が表示されます。タグをすべて入力しなくても、そこをクリックすると推測されたタグを取得することができます。

タグを表示する

タグとメモは、いくつかの方法で参照できる "タグ クラウド" に整理されます。最もよく使用するタグは、他のタグよりも大きく表示されます。タグは、さまざまな方法で参照したりフィルターをかけたりすることができます。

タグ クラウド内のタグをクリックすると、このタグに関連付けられたすべてのアクティビティの一覧が表示されます。"アクティビティ" とは、このキーワードでタグ付けしたすべてのコンテンツを指します。たとえば、次に示すサンプル タグ クラウドでは、タグ クラウド内で選択されている、タグ "広告キャンペーン" のすべてのアクティビティの一覧が表示されます。

タグを選んで、割り当て先のコンテンツを表示します。

タグを削除する

タグ クラウドからタグを削除するには、タグを選択してから、そのタグが関連付けられているすべての "アクティビティ" を削除する必要があります。たとえば、上の図の "広告キャンペーン" というタグを削除するには、[削除] をクリックして、一覧に表示されている 2 つのアクティビティを右側に削除します。アクティビティを削除したら、Web ブラウザーを最新の情報に更新して、タグ クラウドから削除されたタグを確認する必要があります。

タグ付けされたコンテンツの権限とプライバシーについて理解する

タグは、プライベートに指定しない限り、既定ではパブリックになっています。他のユーザーは、コンテンツを表示する権限があれば、タグとそのタグが適用されているコンテンツを表示することができます。

タグは、個人用サイトのプロファイル、タグのプロファイル ページ、およびタグ クラウドに表示されます。また、同僚として追跡しているユーザーがメモとタグを追加するたびに、ニュースフィードでその更新を取得することができます。個人用サイトとプロファイルで共有される情報の詳細については、「参照」セクションの記事を参照してください。

タグをプライベートに指定した場合、タグ テキストがパブリックでも、タグが Web ページに追加されたことは他のユーザーにはわかりません。プライベート タグを追加したユーザーが、他の Web ページに同じタグをプライベートにせず適用している場合を除き、他のユーザーがそのユーザーのタグ クラウドを表示してもタグを見ることはできません。

ページの先頭へ

メモを書く

メモを使用すると、コンテンツに関する考えを共有したり、他のユーザーとコミュニケーションを取ったりすることができます。たとえば、だれかをお祝いしたり、記事にコメントを残したりする際に、簡単なメモを書くことができます。

メモ掲示板を使用すると、電子メール、インスタント メッセージ、または電話を使わなくても、自分の考えをすばやく表現できます。たとえば、Web ページを表示している最中に、そのページについてのコメントを残すことができます。他のユーザーは、コメントとその Web ページへのリンクを参照でき、内容に興味があればリンクを使用してページにアクセスすることができます。これにより、個人用 Web サイトと個人用プロファイル ページが、公開されたスレッドを管理する一元的な場所にすばやく変化します。

他のユーザーにメモを残す

何かの賞を獲得したユーザーをお祝いしたり、会議についての簡単な意見を共有したりするなどの、ざっくばらんなコミュニケーションが、他のユーザーにメモを残すことによって可能になります。

SharePoint メモ掲示板

コンテンツについてのメモを書く

メモを使用すると、コンテンツが関連している理由やコンテンツが便利な理由など、記事やページに関する自分の考えを共有することができます。他のユーザーは、コメントを表示したり追加したりすることができます。

コンテンツについてのメモ

メモの権限とプライバシーについて理解する

メモはパブリックです。自分を同僚として追跡していないユーザーも、自分以外のユーザーのプロファイル ページや最近のアクティビティに書いたメモを見ることができます。自分または自分がメモを書いた相手を同僚として追跡しているユーザーは、自分のニュースフィードでもメモを見ることができます。

コンテンツや他のユーザーのプロファイルにメモが表示されないようにするためには、そのメモを削除します。ただし、メモのテキストは、他のユーザー (自分やメモの受信者を同僚として追跡しているユーザーなど) のニュースフィードからは削除されません。

ページの先頭へ

ドキュメントとリスト アイテムにタグとメモを追加する

ブラウザーに [タグとメモ掲示板] へのリンクを追加すると、覚えておく Web ページや共有する Web ページにタグを付けるとき、常に使用することができます。

  1. タグやメモを追加するページを表示します。

  2. ブラウザーで、[タグとメモ掲示板] をクリックします。

  3. ページのコンテンツを思い出したり分類したりするためのタグを入力します。タグはセミコロンで区切ります。入力するタグが既に使用されていたり以前に作成されている場合は、入力し始めるとそのタグが表示されます。

  4. タグをプライベートにするには、[プライベート] チェック ボックスをオンにします。コンテンツにタグを付けたことは他のユーザーにはわかりませんが、タグそのものはパブリックになります。

  5. ページについてのメモも書くときは、[メモ掲示板] をクリックして、ページについてのメモを入力します。

  6. [保存] をクリックします。

ページの先頭へ

SharePoint ページにタグとメモを追加する

SharePoint サイトでページを表示しているときは、[お気に入り] ボタンと [タグとメモ] ボタンも使用できます (使用可能になっている場合のみ)。

[お気に入り] ボタンは、後で思い出すためにすぐにコンテンツにタグを付け、現時点では他のタグやメモは適用しないときに使用します。必要に応じて、他の特定のタグを後から追加することができます。

[タグ]、[ノート]、[お気に入り] ボタン

[お気に入り] ボタンと [タグとメモ] ボタンがページで使用できない場合は、ブラウザーから "タグとメモ掲示板" ツールを使用できます。

  1. タグとメモを追加する SharePoint Server サイトのページに移動します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 他のタグやノートを追加せずに後で覚えやすいようにコンテンツにすばやくタグを付けるには、[お気に入り] ボタンをクリックします。

    • 他のタグとノートを追加するには、次の手順を実行します。

      1. [タグとメモ] ボタンをクリックします。

      2. ページのコンテンツを思い出したり分類したりするためのタグを入力します。タグはセミコロンで区切ります。入力するタグが既に使用されていたり以前に作成されている場合は、入力し始めるとそのタグが表示されます。

      3. タグをプライベートにするには、[プライベート] チェック ボックスをオンにします。コンテンツにタグを付けたことは他のユーザーにはわかりませんが、タグそのものはパブリックになります。

      4. ページについてのメモも書くときは、[メモ掲示板] をクリックして、ページについてのメモを入力します。

      5. [保存] をクリックします。

ページの先頭へ

ブラウザーのお気に入りにタグとメモのツールを追加する

[タグとメモ掲示板] のショートカットを追加する正確な手順はブラウザーによって異なりますが、まずは、個人用サイトの [タグとメモ] ページのツールのリンクをクリックします。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • 個人用サイトに他のユーザーのプロファイルまたはページが表示されている場合は、[個人用プロファイル] をクリックします。 個人用プロファイル

    • SharePoint サイトで別の種類のページを表示している場合は、右上隅の プロファイル名 で自分の名前をクリックし、[個人用プロファイル] をクリックします。

  2. [ノートシール] をクリックします。

  3. [SharePoint のタグとメモのツールを追加] で、リンクを右クリックして、ブラウザーのお気に入り、リンク、またはブックマークに追加します。Internet Explorer など、一部のブラウザーでは、リンク ツール バーにリンクを追加できます。詳細については、お使いのブラウザーのヘルプを参照してください。

ヒント: ブックマークの適用を簡単にするには、ブラウザーのツール バーにブラウザーのお気に入りまたはリンクを表示することをお勧めします。

ページの先頭へ

タグとメモのツールを使用して Web ページにタグを追加する

ブラウザーに [タグとメモ掲示板] へのリンクを追加すると、覚えておく Web ページや共有する Web ページにタグを付けるとき、常に使用することができます。

  1. タグやメモを追加するページを表示します。

  2. ブラウザーで、[タグとメモ掲示板] をクリックします。

  3. ページのコンテンツを思い出したり分類したりするためのタグを入力します。タグはセミコロンで区切ります。

  4. ページについてのメモも書くときは、[メモ掲示板] をクリックして、ページについてのメモを入力します。

  5. [保存] をクリックします。

ページの先頭へ

他のユーザーにメモを残す

だれかのプロファイルにメモを残す場合、通常、新しいメモが取得されるまでそのメモが表示されます。組織の個人用サイトの設定によっては、ユーザーがメモについての電子メール通知を受信する場合もあります。

メモは、同僚の最近のプロジェクトやマイルストーンについてコメントしたり、質問をしたりするなど、さまざまな目的で使用できます。

  1. メモを残す相手のプロファイルを参照するか検索します。ユーザー名が (最近変更されたドキュメントの横など) SharePoint サイトに表示されたら、名前をクリックしてプロファイルにアクセスします。

  2. [メモ掲示板] で、ボックスにメモを入力します。

  3. [投稿] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×