スキップしてメイン コンテンツへ

タイムゾーンを追加、削除、変更する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Outlook でタイムゾーンを変更して、現在の地理的な場所と一致させることができます。 Outlook でタイムゾーンを変更することは、windows のコントロールパネルでタイムゾーンを変更することと同じで、その他のすべての Microsoft Windows ベースプログラムで表示される時刻に変更が反映されます。

タイムゾーンを変更する

Outlook でタイムゾーンの設定を変更すると、すべての予定表ビューが更新され、新しいタイムゾーンが表示され、すべての予定表アイテムに新しいタイムゾーンが反映されます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [オプション] をクリックします。

  3. [予定表] タブの [タイムゾーン] で、[ラベル] ボックスに現在のタイムゾーンの名前を入力します。

  4. [タイムゾーン] ボックスの一覧で、使用するタイムゾーンをクリックします。

    注: 

    • Outlook でタイムゾーンと夏時間の設定を調整すると、Windows の時計の設定も調整されます。

    • Outlook が夏時間を監視するタイムゾーンに設定されている場合、時計は既定で夏時間に合わせて調整されます。 調整をオフにすることができます。 ただし、この方法はお勧めできません。

    • 一部のタイムゾーンには夏時間はありません。 米国のアリゾナなど、夏時間を遵守しない夏時間に設定されている場合、夏時間の調整を行うことはできません。

最新バージョンの Outlook for Office 365 では、3つの異なるタイムゾーンを予定表に表示できます。

outlook 2019 ボリュームライセンス、outlook 2016、outlook 2013、outlook 2010 など、他のバージョンの outlook では、2つのタイムゾーンを表示できます。

タイムゾーンには、現地のタイムゾーン、別の事業所のタイムゾーン、頻繁に移動する市区町村のタイムゾーンなどを使用できます。 2番目と3番目のタイムゾーンは、予定表ビューに2番目と3番目のタイムバーを表示するためだけに使用され、予定表アイテムを保存または表示する方法には影響しません。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [オプション] をクリックします。

  3. [予定表] タブの[タイムゾーン] で、[第 2のタイムゾーンを表示する] チェックボックスをオンにし、必要に応じて [ 3 番目のタイムゾーンを表示する] チェックボックスをオンにします。 

  4. 各タイムゾーンの [ラベル] ボックスに、追加のタイムゾーンの名前を入力します。

  5. [タイムゾーン] ボックスの一覧で、追加するタイムゾーンをクリックします。

  6. コンピューターの時計が夏時間 (DST) の変更に合わせて自動的に調整されるようにする場合は、[夏時間の調整を行う] チェックボックスをオンにします。 このオプションは、夏時間 (DST) を使用するタイムゾーンでのみ使用できます。

予定表に2つまたは3つのタイムゾーンが表示されている場合は、その位置を入れ替えることができます。

  1. 予定表で、タイムバーを右クリックし、[タイムゾーンの変更] をクリックします。

  2. [タイムゾーン] で、[タイムゾーンの切り替え] をクリックします。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [オプション] をクリックします。

  3. [予定表] タブの[タイムゾーン] で、[第 2のタイムゾーンを表示する] チェックボックスをオフにし、[第3 のタイムゾーンを表示する] チェックボックスをオフにします。

Outlook のタイムゾーンの詳細

Outlook の予定表のアイテムの開始時刻と終了時刻は、協定世界時 (UTC) 形式で保存され、グリニッジ標準時 (グリニッジ標準時) に似ています。

別のタイムゾーンの出席者に会議出席依頼を送信すると、会議アイテムは各ユーザーの予定表にそれぞれのローカル時間で表示されますが、UTC で保存されます。

たとえば、米国太平洋標準時の会議開催者は、米国山地標準時ゾーンの出席者に太平洋標準時2:00 の会議出席依頼を送信します。 出席者は、午後3:00 から午後時に会議を開始します。 どちらの場合も、会議は同じ UTC 時刻 10:00 P.M. で保存されます。

2つのタイムゾーンが表示されている場合は、会議開催者のタイムゾーンが基準点として使用されます。 会議を開催し、他のタイムゾーンの招待者の空き時間情報を表示している場合、ビジー時間はタイムゾーンに正しく表示されるように調整されます。 2番目のタイムゾーンは、予定表を [日] ビューまたは [週] ビューで表示した場合にのみ表示されます。

タイムゾーンを変更する

現在のタイムゾーンを変更すると、すべての予定表ビューが更新されて新しいタイムゾーンが表示され、すべての予定表アイテムは新しいタイムゾーンを反映するように移動されます。 たとえば、米国で太平洋標準タイムゾーンから山地標準タイムゾーンに移行すると、すべての予定が1時間後に表示されます。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [予定表オプション] をクリックします。

  3. [タイムゾーン] をクリックします。

  4. [現在の Windows タイムゾーン] の下で、[ラベル] ボックスに現在のタイムゾーンの名前を入力します。

  5. [タイムゾーン] ボックスの一覧で、使用するタイムゾーンをクリックします。

  6. コンピューターの時計が夏時間 (DST) の変更に合わせて自動的に調整されるようにする場合は、[夏時間の調整を行う] チェックボックスをオンにします。

    このオプションは、夏時間 (DST) を使用するタイムゾーンでのみ使用できます。

    注: 

    • 終日のイベントも、タイムゾーンの変更に合わせて移動されます。 1日のイベントが24時間を超えて表示されます。 たとえば、タイムゾーンが太平洋標準時から山地標準時に変更された場合、7月4日の米国休暇は12:00 年7月4日から午前5時までと1:00 ます。

    • Outlook でタイムゾーンと夏時間の設定を調整すると、Microsoft Windows の同じ設定が同じように調整されます。

    • 一部のタイムゾーンには、DST がありません。 Outlook が米国のアリゾナなどの DST 以外のタイムゾーンに設定されている場合、[夏時間に合わせて調整する] チェックボックスはオフにするだけでなく、無効にすることもできます。

    • Outlook が DST を実行するタイムゾーンに設定されている場合、[夏時間の調整を行う] チェックボックスが自動的にオンになります。 このチェックボックスはオフにすることができますが、この方法はお勧めしません。

Outlook では、予定表に2つの異なるタイムゾーンを表示できます。 2つのタイムゾーンは、たとえば、自分のローカルタイムゾーンや、頻繁に移動する市区町村のタイムゾーンなどにすることができます。 他の都市に滞在している場合は、その都市のタイムゾーンに合わせて予定表アイテムを表示することができます。 Outlook の予定表に第2のタイムゾーンを表示するには、[タイムゾーン] ダイアログボックスの [追加のタイムゾーンを表示する] チェックボックスをオンにします。 2番目のタイムゾーンは、予定表ビューに2番目のタイムバーを表示するためだけに使用され、予定表アイテムを保存または表示する方法には影響しません。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [予定表オプション] をクリックします。

  3. [タイムゾーン] をクリックします。

  4. [追加のタイムゾーンを表示する] チェックボックスをオンにします。

  5. [ラベル] ボックスに、追加のタイムゾーンの名前を入力します。

  6. [タイムゾーン] ボックスの一覧で、追加するタイムゾーンをクリックします。

  7. コンピューターの時計で夏時間の変更に合わせて自動的に調整されるようにする場合は、[夏時間の調整を行う] チェックボックスをオンにします。

    このオプションは、夏時間 (DST) を使用するタイムゾーンでのみ使用できます。

ヒント: [タイムゾーンの切り替え] をクリックすると、現在のタイムゾーンから別のタイムゾーンにすばやく切り替えることができます。 この変更は、Outlook とその他の Microsoft Windows ベースプログラムのすべての時間表示に影響します。

予定表に2つのタイムゾーンが表示されている場合は、自分に合わせて自分の位置を切り替えることができます。

  1. [予定表] で、タイムバーの上部にある空白の領域を右クリックし、[タイムゾーンの変更] をクリックします。

  2. 第2のタイムゾーンをまだ追加していない場合は、[追加のタイムゾーンを表示する] チェックボックスをオンにし、[タイムゾーン] ボックスの一覧に表示するタイムゾーンをクリックして、[ラベル] ボックスに第2のタイムゾーンの名前を入力します。

  3. [タイムゾーンの切り替え] をクリックします。

注: この変更は、Outlook とその他の Microsoft Windows ベースプログラムのすべての時間表示に影響します。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [予定表オプション] をクリックします。

  3. [タイムゾーン] をクリックします。

  4. [追加のタイムゾーンを表示する] チェックボックスをオフにします。

Outlook のタイムゾーンについて

Outlook では、2番目のタイムゾーンを追加して表示することができます。この機能は、他のタイムゾーンで作業しているユーザーと会議や電話会議をスケジュールするときに便利です。 第2のタイムゾーンを追加すると、主なタイムゾーンの現在の時刻が強調表示され、色のグラデーションで表示されるようになります。

2つのタイムゾーン

2つのタイムゾーンが表示されている場合は、会議開催者のタイムゾーンが基準点として使用されます。 会議を開催して、他のタイムゾーンの招待者の空き時間情報を表示する場合は、その時間帯で適切に表示されるように調整されます。 2番目のタイムゾーンは、予定表を [日] ビューまたは [週] ビューで表示した場合にのみ表示されます。

1つのタイムゾーンを使用していて、別のタイムゾーンの出席者に会議出席依頼を送信する場合、会議アイテムは各ユーザーの予定表にそれぞれのローカル時間で表示されますが、UTC では同じ絶対時間として保存されます。

たとえば、米国の太平洋標準時ゾーンの会議開催者が、山地標準時から午後2:00 に開始された会議の会議出席依頼を、山地標準時のタイムゾーンの出席者に送信した場合、出席者は会議を開始したときに 3:00 p.m. のマウンテン Tim から開始されます。電子的. どちらの場合も、会議は同じ UTC 時刻 (10:00 pm) で開始されるようにサーバーに保存されます。

注: タイムゾーンに関しては、予定、会議アイテム、終日イベントはすべて同じ方法で処理されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×