タイムシートを調整する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

組織内の特定のユーザーは、タイムシートを調整するアクセス許可を与えられています。たとえば、リソースは、間違ったタスクに時間を追加する場合は、タイムシートに時間を正しく割り当てるを調整できます。

タイムシートのデータを変更するには、調整権限を保持している必要があります。タイムシート内のデータを編集できるかどうかを決定する権限は、サーバー管理者が設定します。適切な権限を保持していない場合は、タイムシートのフィールドが編集できない状態になっています。

ヒント: 調整権限を保持しておらず、かつタイムシートのデータを変更しなければ承認できない場合は、タイムシートを却下してリソースに返すことができます。この場合、リソースは必要な変更を加えてタイムシートを再提出し、承認を求めることができます。

  1. サイド リンク バーで、[承認] の下の [タイムシート] をクリックします。

  2. 調整するタイムシートを探します。

    調整権限を保持している場合は、組織内のすべてのタイムシートにアクセスできます。調整できるタイムシートは、[却下済み]、[承諾済み]、または [承認済み] とマークされているタイムシートです。

    警告: 状態が [処理済み] であるタイムシートは調整しないでください。これらのタイムシートは、既にサードパーティのシステムにエクスポートされています。エクスポートされたタイムシートは調整しないでください。サードパーティのシステム管理者に、このような調整を行うための最良の方法を問い合わせてください。サードパーティのシステム管理者がわからない場合は、マネージャまたは管理者に問い合わせてください。

  3. [タイムシート名] 列で、調整するタイムシートの名前をクリックします。

  4. 必要に応じて、次に示す方法でタイムシートを変更します。

    • 既存のタイムシートのデータを変更するには、列および行内をクリックして、そのセル内のデータを編集します。この場合、既存の行内の値を変更できます (行内の各値をゼロに置き換えることも可能)。ただし、負の値は入力できません。

    • タイムシートに新しい行を追加するには、[新規作成] メニューの [行の追加] をクリックして、新しいタイムシートのデータを入力します。

注: 

  • データが誤ったタスクに提出されている場合は、タスク名を変更したり、提出されたタイムシート行を削除したりすることはできません。代わりに、グリッド内の既存のエントリの代わりにゼロを入力し、新しい行を追加して、削除された時間を入力します。

  • 調整権限の他に、承諾権限または承認権限を保持している場合は、承認プロセスの間に調整を行うことができます。ただし、承認プロセスの間に行われた調整は、チーム メンバーによる変更と同じと見なされ、調整としてマークされることはありません。

  • タスクの残存作業時間を調整する必要がある場合、タイムシートにタスク名をクリックし、残存作業時間] ボックスに値を変更します。

Microsoft Office Project Web Accessのいくつかの操作を実行できない理由

権限の設定に応じて、Project Web Access にログオンするために使用するされないことができますを参照するか、特定の機能を使用します。一部のページに表示される内容が記載されている内容は、サーバー管理者が Project Web Access のカスタマイズし、一致するようにヘルプをカスタマイズしていない場合の異なる場合があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×