タイムシートを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

タスク、プロジェクト、および非プロジェクト時間を追跡する新しいタイムシートを作成することができます。

注: Microsoft Office Project Web Access のレポート期間の初期設定は、サーバー管理者が行います。ユーザーは、定義されたレポート期間に対応するタイムシートのみを作成できます。[タイムシート センタ] ページには、タイムシートの作成に使用できるすべてのレポート期間が表示されます。

  1. サイド リンク バーで、[自分の作業] の [タイムシート センタ] をクリックします。

  2. [タイムシート名] 列で、レポート期間の [クリックして作成] リンクをポイントし、表示された矢印をクリックします。

  3. 新しいタイムシートの作成に使用するオプションをクリックします。

    • [既定の設定で作成]     サーバー管理者が指定した既定の設定を使用して新しいタイムシートを作成するには、このオプションをクリックします。これには、タスク、プロジェクト、および非プロジェクト タスクを含めることができます。

    • [タスク付きで作成]     選択したレポート期間に割り当てられたすべてのタスク付きで新しいタイムシートを作成するには、このオプションをクリックします。

    • [プロジェクト付きで作成]     選択したレポート期間に割り当てられたすべてのプロジェクト付きでタイムシートを作成するには、このオプションをクリックします。

    • [自動入力しない]     行なしの新しいタイムシートを作成するには、このオプションをクリックします。時間をレポートするには、タイムシートに手動で行を追加する必要があります。

      注: 空のタイムシートを作成するには、次の手順に従って後、は、作業時間をレポートするタイムシートに行を追加する必要があります。詳細については、追加または削除するタイムシートのタスク (行)を参照してください。

タイムシートには、以下に基づいてタスク割り当てデータが表示されます。

  • 組織の設定     タイムシートを設定するときは、サーバー管理者は組織のニーズに応じて、タイムシートの一意のフィールド セットを選択できます。

  • 表示オプション     オートフィルタおよびその他のユーザー設定オプションに基づく特定の種類の情報が、タイムシートに表示されます。

  • 選択したレポート期間     選択したレポート期間に含まれるタスクのみがタイムシートに表示されます。

タイムシートに実績作業時間を追加する方法は 4 種類あります。

方法

説明

その方法は?

タスクの状況に基づいて自動入力する

[タスク センタ] ページでタスクの状況を送信した後にタイムシートを作成すると、入力した状況データが自動的にタイムシートに入力されます。タイムシートの入力には、この方法をお勧めします。

[タスク センタ] ページでタスクの状況を送信した後に、タイムシートを作成します。

タスクの状況からインポートする

[タスク センタ] ページでタスクの状況のデータを追加する前にタイムシートを作成した場合は、状況データを簡単にタイムシートにインポートできます。タイムシートに入力した時間は、最新の状況データに置き換えられます。データのインポート後、これを修正してレポート期間の実績作業時間を反映できます。

[自分のタイムシート] ページで、[インポートの進捗状況] をクリックします。

予定作業時間からコピーする

レポート期間中の実績作業時間がその期間の予定作業時間と同じかまたはほぼ一致する場合は、予定作業時間をタイムシートの実績作業時間にコピーできます。データのコピー後、これを修正してレポート期間の実績作業時間を反映できます。

[自分のタイムシート] ページで、[実績値を計画値で置換] をクリックします。

データ入力

実績作業時間が [タスク センタ] ページで取り込まれておらず、かつ予定作業時間からコピーできるほど値が近くない場合は、タイムシートに実績作業時間を直接入力できます。

[自分のタイムシート] ページのグリッドに実績作業時間を入力します。

タイムシートを作成すると、 実績作業時間を入力するには、承認のためにタイムシートを提出できます。詳細については、タイムシートを提出を参照してください。

Project Web Access でいくつかの操作を実行できない理由

権限の設定に応じて、Project Web Access にログオンするために使用するされないことができますを参照するか、特定の機能を使用します。また、一部のページに表示される内容から、記載されている内容、サーバー管理者には、Project Web Access のカスタマイズし、一致するようにヘルプをカスタマイズしていない場合異なる場合があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×