タイムシートのタスク (行) を追加または削除する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

タイムシート上の各行は、選択したレポート期間中に実績作業時間を取り込むのに使用されます。取り込む別のカテゴリの時間の行を追加したり、タスクについてレポートする時間がなくなった場合はその行を削除することができます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

プロジェクトのタスクを追加します。

管理タスクを追加します。

その他の作業を追加します。

タスクを削除します。

プロジェクト タスクを追加する

  1. サイド リンク バーで、[自分の作業] の [タイムシート センタ] をクリックします。

  2. [タイムシート名] 列で、タスクを追加するタイムシートをクリックします。

    変更するタイムシートが表示されない場合は、ツールバーの右側にあるビュー選択一覧を使用して、別の期間のタイムシートを表示します。

  3. [自分のタイムシート] ページで、[行の追加] をクリックします。

  4. [既存の割り当てから選択] をクリックし、ボックスから該当するタスクを選択します。

    複数のタスクを選択する場合は、Ctrl キーを押しながら追加する各タスクをクリックします。

  5. [行の分類の選択] ボックスの一覧から作業の分類を選択します。

    分類とは、実行する作業に対して組織で定義されているカテゴリです。たとえば、組織は、支払い対象の作業と支払い対象外の作業に対して異なる分類を定義できます。

    注: 選択した分類は、ここで追加したすべての行に適用されます。異なる分類の行を追加するには、行の最初のセットを追加し終わったら、これらの手順を繰り返してタイムシートにさらに行を追加します。

  6. [コメント] ボックスに、追加する行に関するコメントを入力します。

ページの先頭へ

管理タスクを追加する

管理タスクには、休暇、病欠、またはレポート時間として業務上承認されているその他の分類 (会議や電子メールの返信に費やした時間など) を含めることができます。管理用時間は、[タイムシート センタ] ページでタイムシートに追加できます。

  1. サイド リンク バーで、[自分の作業] の [タイムシート センタ] をクリックします。

  2. [管理用時間の計画] をクリックします。

  3. [管理用時間] ダイアログ ボックスの [カテゴリ] ボックスの一覧で、管理用時間のカテゴリを選択します。

  4. 該当する場合は、[作業種類] を選択します。

  5. [説明] ボックスに、管理作業の簡単な説明を入力します。

  6. [期間] ボックスの一覧から、管理作業のレポート期間を選択します。

    タイムシートに表示されるように、管理用時間の適切なレポート期間を選択してください。

  7. グリッド内の該当する行に、非プロジェクト タスクに関するコミット済み作業時間、作業予定時間、またはその両方を入力します。管理用時間について、実績作業時間またはコミット済み作業時間もタイムシートに入力できます。

    • コミット済み時間には、レポート期間中に管理タスクに対して行った作業時間が反映されます。たとえば、木曜日を 1 日中ミーティングに費やした場合は、対応する日付のグリッドに「8h」と入力します。

    • 予定時間には、スケジュールで予約する時間が反映されます。たとえば、夏休みに 1 週間を確保するとします。休暇に予約する時間のレポート期間を検索し、その週の予定時間を入力します。

      注記: 

      • 管理タスクは、一度に 1 つの分類のみ追加できます。たとえば、タイムシートに管理用時間の 2 つの分類を追加して休暇とミーティングを反映する必要がある場合は、まず休暇の管理タスクを追加してから、同じ手順を繰り返してミーティングに費やした時間の管理タスクを追加します。

      • 予定時間は、[管理用時間] ダイアログ ボックスでのみ編集できます。

      • 報告された時間が自動的に承認して、タスクに追加の管理タスクに割り当てられた承認者がなければ、タスクの承認者の場合、そのタスクを送信するすべての作業が自動的に承認します。

ページの先頭へ

その他の作業を追加する

プロジェクトの一部ではないものの、組織によって管理用時間として分類されるタスクもあります。たとえば、クライアント側で担当者との重要なビジネス ランチがあった場合や、会議に出席した場合などです。これらのタスクはたまにしか発生しないため、組織がこれらを管理用時間として追跡することはできません。非プロジェクト時間は、[タイムシート センタ] ページでタイムシートに簡単に追加できます。

ヒント: 既存のプロジェクトまたは管理用時間の分類に関連付けられていない時間を頻繁にレポートする場合、組織では、そのアクティビティに対して新しい分類を追加する必要があります。

  1. サイド リンク バーで、[自分の作業] の [タイムシート センタ] をクリックします。

  2. [タイムシート名] 列で、タスクを追加するタイムシートをクリックします。

    作成するタイムシートが表示されない場合は、ツールバーの右側にあるビュー選択一覧を使用して、別の期間のタイムシートを表示します。

  3. [自分のタイムシート] で、[行の追加] をクリックします。

  4. [新しいタイムシート行名の入力] をクリックし、ボックスに新しいタイムシート行の名前を入力します。いつでも複数の行をキャリッジ リターンで区切って入力できます。

    このオプションを使用して、Microsoft Office Project 2007 で追跡されるタスクおよびプロジェクトに関連付けられていない作業に費やされた時間を取り込みます。

  5. [行の分類の選択] ボックスの一覧から作業の分類を選択します。

    分類とは、実行する作業に対して組織で定義されているカテゴリです。たとえば、組織は、支払い対象の作業と支払い対象外の作業に対して異なる分類を定義できます。

    注: 選択した分類は、ここで追加したすべての行に適用されます。異なる分類の行を追加するには、行の最初のセットを追加し終わったら、これらの手順を繰り返してタイムシートにさらに行を追加します。

  6. [コメント] ボックスに、追加する行に関するコメントを入力します。

ページの先頭へ

タスクを削除する

「解消」を表示するには、タイムシートにタスクがあります。たとえば、タイムシートは、医師の予定の場合は、計画病欠を取得する線を含めることが、することがあります取っていない病欠任意のレポート期間中にします。ない場合、タスクのレポートを作成する時間と、タイムシートを送信していない場合は、無効計画時間を変更するのには、管理用時間の計画オプションを使用してなくに、タイムシートからタスクを削除します。このオプションは、要求が拒否された、上司の承認が必要な時間の他の理由でまだ承認されていない時間にも役立ちます。

  1. [自分のタイムシート] で、タイムシートから削除する各タスクの横にあるチェック ボックスをオンにします。

  2. [行の削除] をクリックします。

注: 

  • タイムシートからタスクを削除しても、プロジェクトからそのタスクが削除されたり、タスクの割り当てが削除されることはありません。

  • 誤ってタスクを削除してしまった場合は、プロジェクト作業、管理作業、またはその他の作業をタイムシートに追加する手順に従って、そのタスクを再びタイムシートに追加することができます。タスクのグリッドに入力したすべての時間を再入力する必要があります。

  • タイムシートの提出後にタイムシートからタスクを削除する必要が生じた場合、タイムシートが最終承認者によってまだ承認されていなければ、タイムシートを取り消して修正することができます。最終承認者によってタイムシートが承認されている場合が、タスクを削除することはできません。

Microsoft Office Project Web Accessのいくつかの操作を実行できない理由

権限の設定に応じて、Project Web Access にログオンするために使用するされないことができますを参照するか、特定の機能を使用します。一部のページに表示される内容が記載されている内容は、サーバー管理者が Project Web Access のカスタマイズし、一致するようにヘルプをカスタマイズしていない場合の異なる場合があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×