タイムシートおよびタスクの進捗状況の概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

チーム メンバーがタイムシートに時間やタスクの進捗状況を記録できるように、タイムシート、タスクの進捗状況、またはその両方を設定する必要があります。タイムシートには、タスク、プロジェクト、およびその他の項目に関する実際の作業時間を記録します。これは、使用率や支払い対象の時間などを追跡する場合に重要です。チーム メンバーはタスク センタを使用してタスクの進捗状況を入力できます。タスク センタを使用すると、プロジェクトのタスクが完了するまで、状況または進捗状況を正確に追跡することができます。

このトピックの内容

タイムシートを作成する、またはタスクの進捗状況を設定する必要がありますか。

2 種類の共同作業を管理する方法は?

時刻は方法で分類する必要がありますか。

ページの先頭へ

タイムシートの作成やタスクの進捗状況の設定の必要性

次の場合はタイムシートを作成します。

  • 組織で支払い対象の時間および支払い対象外の時間を追跡する必要がある場合。

  • 給与や請求を処理するために、会計システムと統合する必要がある場合。

  • 管理者が、リソースが費やしている時間数に関する詳細や、それらの時間の扱い (支払い対象の超過時間、標準の支払い対象の時間、支払い対象外の時間など) を確認する必要がある場合。

組織にプロジェクト管理者が存在し、プロジェクト管理者が Microsoft Office Project Professional 2007 で作成したプロジェクトの進捗状況を管理する場合は、自分でタスクの進捗状況を追跡します。

ページの先頭へ

2 種類の追跡を連携させる方法

タイムシートおよびタスクの進捗状況をお使いの場合は、ユーザーによってある領域にデータが入力されたときに、そのデータを他の領域で使用することができます。

  • 通常、ユーザーは [自分の作業] の [タスク センタ] を使用して、タスクの進捗状況を毎日入力します。週の終わりに、チーム メンバーはタイムシートを作成します。タイムシートは、スケジュールから計画された作業に基づいて、またはチーム メンバーがタスクの進捗状況としてレポートした実際の作業から計画された作業に基づいて作成されます。 それには、[自分のタイムシート] ページの [インポートの進捗状況] をクリックします。

    チーム メンバーは必要に応じてタイムシートの時間を調整できます。ただし、タスク センタを介してレポートされたタスクの進捗状況には、実際の時間の変更は反映されません。通常は、タスクに要する時間が予定時間を前後したり、タスクが均等なペースで進まないため、実際の作業時間およびタスクの進捗状況が異なります。したがって、2 つのデータ セットは同期されません。

  • また、チーム メンバーがタイムシートに入力し、タスクの進捗状況を入力するとします。チーム メンバーはタスク センタの [タイムシートのインポート] をクリックして、 タイムシートに入力された実際の時間をインポートし、必要に応じてそれを達成率に変換し、そのデータでタスクの進捗状況グリッドを設定することができます。

    警告: タスク センタに既に入力されているデータは上書きされます。

ページの先頭へ

時間を分類する方法

最も重要な意思決定の 1 つに、時間の分類方法があります。時間のレポートおよびエクスポートは、定義したカテゴリでのみ行うことができます。常にデータを重ね合わせて要約することができますが、Microsoft Office Project Web Access で追跡した場合ほど詳細には表示できません。

以下のセクションの情報を使用して、時間の分類方法を決定してください。

タイムシートを使用します。

タイムシートを使用する

タイムシートを使用する場合、既定では次の 4 種類の請求があります。

  • 支払い対象     支払い対象 (標準) の時間は、標準単価で請求される通常の作業時間です。

  • 支払い対象の超過時間     支払い対象の超過時間は、標準単価で請求される超過時間です。

  • 支払い対象外     支払い対象外は、クライアントに対して請求されない通常の作業時間です。

  • 支払い対象外の超過時間     支払い対象外の超過時間は、クライアントに対して請求されない超過時間です。

まず、追跡する必要がある時間の種類を評価します。会計システムにエクスポートする必要がある時間のカテゴリ、クライアントに請求する必要がある時間のカテゴリ、および管理者がレポートで時間を分割して表示する方法を考慮します。経理部門および管理チームと相談して、表示するレポートの種類を決定します。

次に、以下の事項を決定します。

  • リソースの作業の種類が既定の 4 つのカテゴリのいずれかに該当し、これら 4 つのカテゴリの時間のみをエクスポートおよびレポートする必要がある。

    はい、既定のカテゴリ請求のニーズします。

    サイド リンク バーで [サーバー設定] をクリックし、[タイムシートの設定および既定値] をクリックします。[タイムシートの設定および既定値] ページの [Project Web Access 表示] セクションで、[タイムシートには、次の種類の時間が表示されます] チェック ボックスをオンにします。分類を作成する必要はないので、[タイムシートの分類] ページには情報を入力する必要はありません。

  • リソースの作業の種類が既定の 4 つのカテゴリのいずれかに該当するが、より詳細に時間をエクスポートおよびレポートする必要がある。たとえば、支払い対象の移動時間と支払い対象のオンサイト時間の関係をレポートしたり、使用率のカテゴリを追跡する必要がある場合などです。

    既定のカテゴリをより詳細が必要

    サイド リンク バーでは、サーバーの設定] をクリックし、[タイムシートの設定および既定値] をクリックします。タイムシートの設定および既定値] ページで、[ Project Web Access の表示] セクションで、タイムシートは、次の種類の時間を表示する] チェック ボックスを選択します。[タイムシートの分類] ページで、必要な単位に対応するための分類を作成します。各分類は、請求の 4 種類のいずれかに適用できます。たとえば、トレーニング分類を作成するして移動できるように、チーム メンバーは、支払い対象のトレーニング時間および支払い対象時間を超過トレーニング時間や支払い対象時間の超過作業時間との違いを追跡できることもできます。

  • リソースの作業の種類が 4 つのカテゴリだけでは足りない。たとえば、標準の請求単価や超過単価のほかにも支払い対象の単価がある場合は、既定のカテゴリではニーズが満たされません。

    その他の支払い単価を対応するために他の課金種類が必要

    サイド リンク バーで [サーバー設定] をクリックし、[タイムシートの設定および既定値] をクリックします。[タイムシートの設定および既定値] ページの [Project Web Access 表示] セクションで、[タイムシートには、次の種類の時間が表示されます] チェック ボックスをオフにします。次に、[タイムシートの分類] ページで、必要なすべての請求の種類に応じて分類を作成します。チーム メンバーは、タイムシート エントリごとに分類を選択して、その時間に対する請求の種類を指定します。

ページの先頭へ

タイムシートを使用しない

Office Project Web Access でタイムシート機能を無効にすることはできません。単に [タイムシート] ページを使用しないようにチームに指示してください。

エンタープライズ プロジェクトでタスクの進捗状況を追跡する

タスクの進捗状況を使用する場合は、ユーザーが各自のタスクの進捗状況をレポートするのに使用できる方法を決定する必要があります。進捗状況は、次の 3 つの方法のいずれかを使用してレポートできます。

  • 時間単位内で行った作業

  • 実績作業時間と残存作業時間

  • 作業時間の達成率

タスクの進捗状況には、タスクの完了までの進捗状況とタイムシート上で追跡される作業時間の関係が反映されます。これらの 2 つの値は、常に直接相関関係にあるとは限りません。

ヒント: 使用するタスクの進捗状況のレポート方法を決定するには、レポートのニーズとデータ入力がチーム メンバーに与える影響を考慮します。[時間単位内で行った作業] では、進捗状況に関する詳細情報を追跡し、それを計画済みの進捗状況と頻繁に比較するため、レポート情報が提供されます。その一方で、チーム メンバーによる詳細で頻繁なデータ入力が必要になります。現在組織で時間を追跡していない場合は、これにより組織の慣習が大幅に変更されることになるため、反対の声が上がる可能性があります。他の方法では、提供される詳細情報は少なくなりますが、組織の慣習に与える影響やチーム メンバーの負荷が比較的少なくて済みます。

Microsoft Office Project Web Accessのいくつかの操作を実行できない理由

権限の設定に応じて、Project Web Access にログオンするために使用するされないことができますを参照するか、特定の機能を使用します。また、一部のページに表示される内容から、記載されている内容、サーバー管理者には、Project Web Access のカスタマイズし、一致するようにヘルプをカスタマイズしていない場合異なる場合があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×