ソースを編集して一般向け Web サイトをカスタマイズする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Web ページ エディターを使って、Web ページの一般的なレイアウトと外観を変更しても、まだ希望どおりでない場合は、独自の HTML コードを Web ページに追加すると、解決できる可能性があります。Web ページの基になっている HTML に対して追加または編集を行うと、好みや必要に応じてパブリック サイトをさらにカスタマイズできるため、考えているとおりの魅力的なサイトにすることができます。たとえば、次のようにすることができます。

  • テキスト ブロックの周りにフレームを追加して、ページ デザインを変更します。

  • すべてのページのフッターに、特別なフォント スタイルやサイズを追加して便利なデータを表示します。

セキュリティに関するお知らせ :  HTML コードに JavaScript が含まれている場合は、セキュリティ上の問題を回避するため、クロスサイト スクリプト処理など、Web サイトを危険にさらす可能性がある JavaScript コードのすべてまたは一部を削除する場合があります。 安全性を確信できる JavaScript コードをページに追加する場合は、「Web ページに埋め込みコードまたは JavaScript を追加する」を参照してください。

  1. ソースに追加する前に、コードをチェックし、コードが有効で完結していることを確認します。

  2. 一般向け Web サイトにログオンし、編集するページに移動します。

  3. [ページ]、[編集] の順にクリックし、[テキストの書式設定] タブで [ソースの編集] をクリックします。

  4. コード ブロックを挿入する位置を特定します。置換または排除するコードは、削除することが必要になる場合があります。表示されるページは、次のようになります。新しいコードの挿入点がカーソルでマークされています。

    sp15_pubsitecodecursor

  5. HTML コードを入力します。

    重要:  HTML コードは、Web ページに追加するときに検証されません。 HTML コードにエラーがあると、そのために Web ページが正しく表示されないことがあります。

  6. [OK] をクリックします。

  7. HTML コードを挿入したら、すべての内容が正しく表示されることを確認します。

    • ページが正しく表示された場合は、[ページ]、[保存]、[保存] の順にクリックし、新しいブラウザー ウィンドウでページを開いて確認します。

    • 解決できない問題が発生している場合は、ページを保存しないでください。代わりに、[ページ]、[保存]、[編集の終了]、[キャンセル] の順にクリックします。

詳細情報

Web サイトのページ背後にあるコードをカスタマイズするための方法は他にもいくつかあります。

すべての関連トピックのサマリーについては、Office 365 の一般向け Web サイト ヘルプを参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×