ゼロ値を表示する、または非表示にする

ゼロ値を表示する、または非表示にする

セルにゼロを表示するように個人的に設定している場合や、ゼロを非表示にするよう定義した標準の書式設定が適用されたスプレッドシートを使用している場合があります。 ゼロの表示と非表示を切り替えるには、いくつかの方法があります。

状況によっては、ゼロ (0) 値をワークシートに表示したり、非表示にしたりしたい場合があります。書式の標準または基本設定のいずれかでゼロ値の表示/非表示が要求されるかにかかわらず、いくつかの方法でこれを実現できます。

ワークシート上のすべてのゼロの表示と非表示を切り替える

  1. [ファイル]、[オプション]、[詳細設定] の順にクリックします。

  2. [次のシートで作業するときの表示設定] からワークシートを選び、次のいずれかの操作を行います。

    • ゼロの値が入力されているセルに "0" を表示するには、[ゼロ値のセルにゼロを表示する] チェック ボックスをオンにします。

    • ゼロ (0) の値が入力されているセルを空白セルとして表示するには、[ゼロ値のセルにゼロを表示する] チェック ボックスをオフにします。

選んだセルのゼロ値を非表示にする

次の手順では、表示形式を使って選んだセルのゼロ値を非表示にします。非表示にした値は、数式バーにのみ表示され、出力されません。これらのセルの 1 つの値をゼロ以外の値に変更すると、値がセルの中に表示され、その書式は標準の数値書式と同じようになります。

  1. ゼロ (0) を非表示にするセル範囲を選びます。

  2. Ctrl キーと 1 キーを押すか、または [ホーム] タブで [書式設定​​]、[セルの書式​​設定] の順にクリックします。

    [ホーム] タブの [セルの書式設定]

  3. [数値]、[カスタム] の順にクリックします。

  4. [種類] ボックスに「0;;;@」と入力して、[OK] をクリックします。

非表示の値を表示するには:

  1. 非表示のゼロ値を含むセルを選びます。

  2. Ctrl キーと 1 キーを押すか、または [ホーム] タブで [書式設定]、[セルの書式​​設定]​​ の順にクリックします。

  3. [数値]、[全般] の順にクリックして既定の数値形式を適用し、[OK] をクリックします。

数式の計算結果のゼロを非表示にする

  1. ゼロ (0) が表示されているセルを選びます。

  2. [ホーム] タブで [条件付き書式] の横にある矢印をクリックし、[セルの強調表示ルール]、[指定の値に等しい (=)] の順にクリックします。

  3. 左のボックスに「0」を入力します。

  4. 右のボックスの [ユーザー設定の書式] を入力します。

  5. [セルの書式設定] ボックスの [フォント] タブをクリックします。

  6. [] ボックスで白を選び、[OK] をクリックします。

空白またはダッシュとしてゼロを表示する

この作業には、IF 関数を使います。

Excel ワークシートのセル A2 と A3 のデータ

値が 0 の場合、次のような式を使って空白のセルを返します。

=IF(A2-A3=0,””,A2-A3)

数式の意味は次のとおりです。(A2-A3) の結果が 0 の場合、0 を表示せずに何も表示しません (二重引用符 “” によって指定される)。この条件が真でない場合、A2-A3 の結果を表示します。何も表示しない代わりに、ゼロ以外の内容を表示したい場合は、"-" またはその他の文字を二重引用符の間に指定します。

ピボットテーブル レポートのゼロを非表示にする

  1. ピボットテーブル レポートをクリックします。

  2. [解析] タブの [ピボットテーブル] で、[オプション] の横にある矢印をクリックし、[オプション] をクリックします。

  3. [レイアウトと書式] タブをクリックし、次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

    • エラー値の表示を変更する     [書式] の [エラー値に表示する値] チェック ボックスをオンにします。ボックスにエラー値の代わりに表示する値を入力します。エラー値が入力されたセルを空白セルとして表示するには、ボックス内の文字を削除します。

    • 空のセルの表示を変更する     [空白セルに表示する値] チェック ボックスをオンにします。ボックスに空のセルに表示する値を入力します。空のセルを空白セルとして表示するには、ボックス内の文字を削除します。ゼロを表示するには、このチェック ボックスをオフにします。

ページの先頭へ

状況によっては、ゼロ (0) 値をワークシートに表示したり、非表示にしたりしたい場合があります。書式の標準または基本設定のいずれかでゼロ値の表示/非表示が要求されるかにかかわらず、いくつかの方法でこれを実現できます。

ワークシート上のすべてのゼロの表示と非表示を切り替える

  1. [ファイル]、[オプション]、[詳細設定] の順にクリックします。

  2. [次のシートで作業するときの表示設定] からワークシートを選び、次のいずれかの操作を行います。

    • ゼロの値が入力されているセルに "0" を表示するには、[ゼロ値のセルにゼロを表示する] チェック ボックスをオンにします。

    • ゼロの値が入力されているセルを空白セルとして表示するには、[ゼロ値のセルにゼロを表示する] チェック ボックスをオフにします。

表示形式を設定し、選んだセル範囲内のゼロを非表示にする

選んだセルの書式を変更して、ゼロを非表示にするには、次の手順を実行します。これらのセルの 1 つの値をゼロ以外の値に変更すると、その値の書式は標準の数値書式と同じように表示されます。

  1. ゼロ (0) を非表示にするセル範囲を選びます。

  2. Ctrl キーと 1 キーを使用するか、または [ホーム] タブで [書式設定]、[セルの書式​​設定]​​ の順にクリックします。

  3. [分類] ボックスの [ユーザー定義] をクリックします。

  4. [種類] ボックスに「0;-0;;@」と入力します。

注記: 

  • 非表示にした値は、数式バーまたはセル内での編集時だけに表示され、印刷はされません。

  • 非表示にした値をもう一度表示するには、セルを選び、Ctrl キーと 1 キーを押すか、または [ホーム] タブの [セル] グループで、[書式設定] をポイントして、[セルの書式設定] をクリックします。次に [カテゴリ] の一覧で [標準] をクリックして既定の数値書式を適用します。日付や時刻を再表示するには、[表示形式] タブで適切な日付や時刻の書式を選びます。

条件付き書式を設定し、数式の計算結果のゼロを非表示にする

  1. ゼロ (0) が表示されているセルを選びます。

  2. [ホーム] タブの [スタイル] グループで [条件付き書式] の横にある矢印をクリックし、[セルの強調表示ルール] をポイントして、[指定の値に等しい] をクリックします。

  3. 左のボックスに「0」を入力します。

  4. 右のボックスの [ユーザー設定の書式] を入力します。

  5. [セルの書式設定] ダイアログ ボックスの [フォント] タブをクリックします。

  6. [] ボックスの白を選びます。

数式を使用し、計算結果がゼロの場合に空白またはダッシュを表示する

この処理を実行するには、IF 関数を使用します。

使用例を新規のワークシートにコピーすると、計算結果を確認できます。

その方法は?

  1. この記事の使用例を選択します。Excel Web App の例をコピーする場合、一度に 1 つのセルをコピーし、貼り付けます。
    重要    行見出しまたは列見出しは選択しないでください。

    Excel 2013 for Windows でヘルプから例を選択する

    ヘルプから使用例を選択する

  2. Ctrl キーと C キーを押します。

  3. 新しいブックまたはワークシートを作成します。

  4. ワークシートのセル A1 を選択し、Ctrl キーと V キーを押します。Excel Web App で作業している場合、例のように、セルごとにコピーと貼り付けを繰り返します。

  5. 重要 使用例が正常に動作するためには、ワークシートのセル A1 に貼り付ける必要があります。

  6. 計算結果の表示と、結果を返す数式の表示を切り替えるには、Ctrl キーと ` (アクサン グラーブ) キーを押すか、または [数式] タブで [ワークシート分析]、[数式の表示] の順にクリックします。

  7. 使用例は、空白のワークシートにコピーした後、必要に応じて変更できます。

1

2

3

4

5


6

7

A

B

データ

10

10

数式

説明 (計算結果)

=A2-A3

A2 の値から A3 の値を減算します (0)

=IF(A2-A3=0,””,A2-A3)

A2 の値から A3 の値を減算し、計算結果の値が 0 の場合はセルを空白にします (空白)

=IF(A2-A3=0,””,A2-A3)

A2 の値から A3 の値を減算し、計算結果の値が 0 の場合は "-" を返します (-)

この関数の使用方法の詳細については、「IF」を参照してください。

ピボットテーブル レポートのゼロを非表示にする

  1. ピボットテーブル レポートをクリックします。

  2. [オプション] タブの [ピボットテーブル オプション] で [オプション] の横にある矢印をクリックし、[オプション] をクリックします。

  3. [レイアウトと書式] タブをクリックし、次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

    エラー値の表示を変更する    [書式] の [エラー値に表示する値] チェック ボックスをオンにします。ボックスにエラー値の代わりに表示する値を入力します。エラー値が入力されたセルを空白セルとして表示するには、ボックス内の文字を削除します。

    空白セルの表示を変更する:    [空白セルに表示する値] チェック ボックスをオンにします。ボックスに、空白セルに表示する値を入力します。空白セルとして表示するには、ボックス内のすべての文字を削除します。ゼロを表示するには、このチェック ボックスをオフにします。

ページの先頭へ

状況によっては、ゼロ (0) 値をワークシートに表示したり、非表示にしたりしたい場合があります。書式の標準または基本設定のいずれかでゼロ値の表示/非表示が要求されるかにかかわらず、いくつかの方法でこれを実現できます。

ワークシート上のすべてのゼロの表示と非表示を切り替える

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン)をクリックし、[Excel のオプション] をクリックし、[詳細設定] カテゴリをクリックします。

  2. [次のシートで作業するときの表示設定] からワークシートを選び、次のいずれかの操作を行います。

    • ゼロの値が入力されているセルに "0" を表示するには、[ゼロ値のセルにゼロを表示する] チェック ボックスをオンにします。

    • ゼロの値が入力されているセルを空白セルとして表示するには、[ゼロ値のセルにゼロを表示する] チェック ボックスをオフにします。

表示形式を設定し、選んだセル範囲内のゼロを非表示にする

選んだセルの書式を変更して、ゼロを非表示にするには、次の手順を実行します。これらのセルの 1 つの値をゼロ以外の値に変更すると、その値の書式は標準の数値書式と同じように表示されます。

  1. ゼロ (0) を非表示にするセル範囲を選びます。

  2. Ctrl キーと 1 キーを押すか、または [ホーム] タブの [セル] グループで、[書式設定]、[セルの書式​​設定]​​ の順にクリックします。

  3. [分類] ボックスの [ユーザー定義] をクリックします。

  4. [種類] ボックスに「0;-0;;@」と入力します。

注記: 

  • 非表示にした値は、 ボタンの画像 (数式バー) またはセル内での編集時だけに表示され、印刷はされません。

  • 非表示にした値をもう一度表示するには、セルを選び、[ホーム] タブの [セル] で、[書式] をポイントして、[セルの書式設定] をクリックします。 次に [項目] ボックスの一覧の [標準] をクリックして既定の数値書式を適用します。 日付や時刻を再表示するには、[表示形式] タブで適切な日付や時刻の書式を選びます。

条件付き書式を設定し、数式の計算結果のゼロを非表示にする

  1. ゼロ (0) が表示されているセルを選びます。

  2. [ホーム] タブの[スタイル] グループで、[条件付き書式] の横にある矢印をクリックし、[セルの強調表示ルール]、[指定の値に等しい (=)] の順にクリックします。

  3. 左のボックスに「0」を入力します。

  4. 右のボックスの [ユーザー設定の書式] を入力します。

  5. [セルの書式設定] ダイアログ ボックスの [フォント] タブをクリックします。

  6. [] ボックスの白を選びます。

数式を使用し、計算結果がゼロの場合に空白またはダッシュを表示する

この処理を実行するには、IF 関数を使用します。

使用例を新規のワークシートにコピーすると、計算結果を確認できます。

その方法は?

  1. この記事の使用例を選びます。

重要: 行見出しまたは列見出しは選ばないでください。

Excel 2013 for Windows でヘルプから例を選択する

ヘルプから使用例を選択する

  1. Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

  2. Excel で、空白のブックまたはワークシートを作成します。

  3. ワークシートのセル A1 を選び、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

重要: 使用例が正常に動作するためには、ワークシートのセル A1 に貼り付ける必要があります。

  1. 計算結果の表示と、結果を返す数式の表示を切り替えるには、Ctrl キーと ` (アクサン グラーブ) キーを押すか、または [数式] タブで [ワークシート分析]、[数式の表示] の順にクリックします。

使用例は、空白のワークシートにコピーした後、必要に応じて変更できます。

1

2

3

4

5


6

7

A

B

データ

10

10

数式

説明 (計算結果)

=A2-A3

A2 の値から A3 の値を減算します (0)

=IF(A2-A3=0,””,A2-A3)

A2 の値から A3 の値を減算し、計算結果の値が 0 の場合はセルを空白にします (空白)

=IF(A2-A3=0,””,A2-A3)

A2 の値から A3 の値を減算し、計算結果の値が 0 の場合は "-" を返します (-)

この関数の使用方法の詳細については、「IF」を参照してください。

ピボットテーブル レポートのゼロを非表示にする

  1. ピボットテーブル レポートをクリックします。

  2. [オプション] タブの [ピボットテーブル オプション] で [オプション] の横にある矢印をクリックし、[オプション] をクリックします。

  3. [レイアウトと書式] タブをクリックし、次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

    エラー値の表示を変更する    [書式] の [エラー値に表示する値] チェック ボックスをオンにします。ボックスにエラー値の代わりに表示する値を入力します。エラー値が入力されたセルを空白セルとして表示するには、ボックス内の文字を削除します。

    空白セルの表示を変更する:    [空白セルに表示する値] チェック ボックスをオンにします。ボックスに、空白セルに表示する値を入力します。空白セルとして表示するには、ボックス内のすべての文字を削除します。ゼロを表示するには、このチェック ボックスをオフにします。

ご存じですか?

Office 365 サブスクリプションまたは最新の Office バージョンをお持ちでない場合、今すぐお試しいただけます。

Office 365 または Excel の最新バージョンをお試しください。

特定の関数について質問がある場合

Excel のコミュニティ フォーラムに質問を投稿してください

Excel の機能を向上させるためのお願い

次のバージョンの Excel の改善に関して、ご提案はございませんか。提案がありましたら、Excel UserVoice のトピックを参照してください。

関連項目

Excel の数式の概要

壊れた数式のエラーを回避する方法

数式エラーを確認して修正する

Excel のキーボード ショートカットとファンクション キー

Excel 関数 (アルファベット順)

Excel 関数 (機能別)

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×