セル内の文字数を数える

セル内の文字数を数える必要がある場合、LEN 関数を使用します。この関数は、英字、数字、その他の文字、およびすべてのスペースを数えます。たとえば、"It's 98 degrees today, so I'll go swimming" (引用符を除く) は 42 文字で、31 の英字、2 つの数字、8 つのスペース、カンマ、2 つのアポストロフィが含まれます。

  • この関数を使用するには、数式バーに「=LEN(cell)」と入力し、Enter キーを押します。上記の例では、cell には B1 などの計算対象のセルを指定します。

  • 複数のセルの文字数を数えるには、数式を入力し、フィル ハンドルを横または下へドラッグして、使用するセル範囲を指定します。

ワークシートに複数の LEN 関数を入力する

  • 複数のセルの文字の合計数を数えるには、LEN と共に SUM 関数を使用します。たとえば、=SUM((LEN(cell1),LEN(cell2),(LEN(cell3)))) のように入力します。この例では、LEN 関数で各セルの文字数を数え、SUM 関数で文字数を加算します。

試してみましょう

次のブックの例を使い、LEN 関数の使用方法を確認します。

次の表をコピーし、Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。B2 から B3:B4 に数式をドラッグし、列 A のセルの文字列の長さを確認します。

文字列

数式

The quick brown fox

=LEN(A2)

The quick brown fox jumped

The quick brown fox jumped over the lazy dog.

1 つのセル内の文字数を数える

  1. このサンプル ブックの Sheet1 でセル B2 をクリックします。

  2. このセルに「=LEN(A2)」と入力し、Enter キーを押します。

数式が数えたセル A1 の文字数は、すべてのスペースを含めて 45 です。最後のピリオドの後にスペースがある場合、それも文字数としてカウントされます。

複数の セル内の 文字数を数える

  1. サンプルのブックで、セル B2 をクリックします。

  2. セルに、「=LEN(A2)」と入力します。

  3. Ctrl キーを押しながら C キーを押してセル B2 をコピーし、Ctrl キーを押しながら V キーを押してその数式をセル B3:B4 に貼り付けます。

これで、数式がセル B3 とセル B4 にコピーされ、関数が各セルの文字 (19、26、45) を数えます。

文字列の合計数を数える

  1. サンプルのブックで、セル B6 をクリックします。

  2. このセルに「=SUM(LEN(A2),LEN(A3),LEN(A4))」と入力して、Enter キーを押します。

これで 3 つのセルの文字数が数えられ、その合計が (90) が求められます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×