セル内のデータが途切れて表示されるのを修正する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

表示したいすべての内容がセル内に収まるように、文字列の折り返し、配置の変更、フォント サイズの縮小、または文字列の回転を行います。

セルで文字列を折り返す

文字列を自動的に折り返すようにセルを書式設定できます。

  1. セルを選びます。

  2. [ホーム] タブの [折り返して全体を表示する] をクリックします。

    [ホーム] タブで [左右の折り返し] を選ぶ

    列の幅に収まるように、選択したセル内のテキストが折り返されます。このため、列の幅を変更すると、データの折り返し位置は自動的に調整されます。

    注: 折り返された文字列の全体が表示されない場合、行の高さが固定されている可能性があります 行を自動的に調整して、折り返された文字列全体を表示するには、[書式] メニューで、[] をポイントして、[自動調整] をクリックします。

セル内で改行する

改行を挿入すると、セル内の文字列が読みやすくなることがあります。

  1. セル内をダブルクリックします。

  2. 改行を挿入する場所をクリックし、CONTROL + RETURN キーを押します。

フォント サイズを縮小してデータをセルの大きさに合わせる

フォント サイズを自動縮小して、すべてのデータをセル内に表示することができます。セルにデータを追加入力すると、必要に応じてフォント サイズが自動縮小されます。

  1. セルを選びます。

  2. 右クリックし、[セルの書式設定を選択します。

  3. [セルの書式設定] ダイアログ ボックスに合わせて縮小の横にあるチェック ボックスを選択します。

    セル内のデータが列幅に合うように縮小されます。列幅を変更したか、データを追加した場合は、フォント サイズが自動的に調整されます。

配置を変更するか文字列を回転してセルの内容を再配置する

シートのデータを見やすくするために、セル内の文字列の配置を変更することができます。セルの内容の配置を変更したり、インデントを使用して間隔を調整したり、データを回転して異なる角度で表示したりできます。

  1. 再配置するデータが含まれるセルまたはセル範囲を選びます。

  2. [書式] メニューで [セル] をクリックします。

    セルの書式を設定する
  3. [セルの書式設定] ボックスで、[配置] タブで、次のいずれかの操作を行います。

目的

操作

セルの内容の水平方向の配置を変更する

[] ポップアップ メニューで、目的の配置をクリックします。

[塗りつぶし] オプションまたは [選択範囲内で中央] オプションを選んでいるセルでは、文字列の回転機能は使用できません。

セルの内容の垂直方向の配置を変更する

[] ポップアップ メニューで、目的の配置をクリックします。

セルの内容にインデントを使用する

[] ポップアップ メニューで、[左詰め (インデント)]、[右揃え]、または [均等割り付け] をクリックし、インデントする文字数を [インデント] ボックスに入力します。

セルの内容を上から下へ縦書きにする

[方向] で、縦書きの文字列が表示されたボックスをクリックします。

セル内の文字列を回転する

[方向] で、インジケーターを目的の角度にクリックまたはドラッグするか、[] ボックスに角度を入力します。

選んだセルの配置を既定の設定に戻す

[] ポップアップ メニューで [標準] をクリックします。

注: ブックを他のファイル形式で保存すると、回転した文字列が適切な角度で表示されない場合があります。 Excel の最新版で指定することのできる 180 度 (+90 ~ -90 度) 以内の回転は、他のほとんどのファイル形式ではサポートされません。 たとえば、以前のバージョンの Excel で文字列を回転できる角度は +90 度、0 (ゼロ) 度、または -90 度だけです。

フォントのサイズを変更する

  1. セルを選びます。

  2. [ホーム] タブの [フォント サイズ] ボックスで、別の番号を入力またはフォント サイズを縮小する] をクリックします。

    [ホーム] タブでフォントのサイズを変更する

セルで文字列を折り返す

文字列を自動的に折り返すようにセルを書式設定できます。

  1. セルを選びます。

  2. [ホーム] タブの [配置] では、文字列の折り返し  [折り返して全体を表示する] ボタン ] をクリックし、[文字列の折り返し] をクリックします。

    セル内の文字列が列幅に合わせて折り返されます。このため、列の幅を変更すると、データの折り返し位置は自動的に調整されます。

    注: 折り返された文字列の全体が表示されない場合、行の高さが固定されている可能性があります 行を自動的に調整して、折り返された文字列全体を表示するには、[書式] メニューで、[] をポイントして、[自動調整] をクリックします。

セル内で改行する

改行を挿入すると、セル内の文字列が読みやすくなることがあります。

  1. セル内をダブルクリックします。

  2. 改行を挿入する場所をクリックし、CONTROL + RETURN キーを押します。

フォント サイズを縮小してデータをセルの大きさに合わせる

フォント サイズを自動縮小して、すべてのデータをセル内に表示することができます。セルにデータを追加入力すると、必要に応じてフォント サイズが自動縮小されます。

  1. セルを選びます。

  2. [ホーム] タブの [配置] では、文字列の折り返し  [折り返して全体を表示する] ボタン をクリックし、[縮小テキスト全体を表示する] をクリックします。

    セル内のデータが列幅に合うように縮小されます。列幅を変更したか、データを追加した場合は、フォント サイズが自動的に調整されます。

配置を変更するか文字列を回転してセルの内容を再配置する

シートのデータを見やすくするために、セル内の文字列の配置を変更することができます。セルの内容の配置を変更したり、インデントを使用して間隔を調整したり、データを回転して異なる角度で表示したりできます。

  1. 再配置するデータが含まれるセルまたはセル範囲を選びます。

  2. [書式] メニューの [セル] をクリックします

    セルの書式を設定する
  3. [セルの書式設定] ボックスで、[配置] タブで、次のいずれかの操作を行います。

目的

操作

セルの内容の水平方向の配置を変更する

[] ポップアップ メニューで、目的の配置をクリックします。

[塗りつぶし] オプションまたは [選択範囲内で中央] オプションを選んでいるセルでは、文字列の回転機能は使用できません。

セルの内容の垂直方向の配置を変更する

[] ポップアップ メニューで、目的の配置をクリックします。

セルの内容にインデントを使用する

[] ポップアップ メニューで、[左詰め (インデント)]、[右揃え]、または [均等割り付け] をクリックし、インデントする文字数を [インデント] ボックスに入力します。

セルの内容を上から下へ縦書きにする

[方向] で、縦書きの文字列が表示されたボックスをクリックします。

セル内の文字列を回転する

[方向] で、インジケーターを目的の角度にクリックまたはドラッグするか、[] ボックスに角度を入力します。

選んだセルの配置を既定の設定に戻す

[] ポップアップ メニューで [標準] をクリックします。

注: ブックを他のファイル形式で保存すると、回転した文字列が適切な角度で表示されない場合があります。 Excel の最新版で指定することのできる 180 度 (+90 ~ -90 度) 以内の回転は、他のほとんどのファイル形式ではサポートされません。 たとえば、以前のバージョンの Excel で文字列を回転できる角度は +90 度、0 (ゼロ) 度、または -90 度だけです。

フォントのサイズを変更する

  1. セルを選びます。

  2. [ホーム] タブのフォント] で [サイズ] ボックス [サイズ] ボタン、[フォント] グループ では、別の番号を入力します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

列見出しのテキストを増やす

結合または分割セルまたはセルの内容

列の幅または行の高さを変更します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×