セル内のテキストの書式を設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

文字列または数値を書式設定、特に大規模なワークシートがある場合をより見やすく表示されることを作成できます。既定の書式設定を変更すると、フォントの色、スタイル、サイズ、セル内のテキストの配置を変更するなどが含まれますか、書式設定の効果を適用します。この記事では、さまざまな書式を適用してもそれらを元に戻す方法を示します。

リボンのフォント設定ボタン

セル内のテキストや数値を太字や斜体で表示したり、下線や二重下線を付けたりする場合は、セルを選び、[ホーム] タブで、使用する書式を選びます。

セル内のフォント スタイルを変更するときに使用する [フォント] グループのボタン

フォント スタイル、サイズ、色を変更または効果を適用します。

クリックしてホームとします。

  • 異なるフォント スタイルにするには、既定のフォントである Calibri の横の矢印をクリックし、使用するスタイルを選びます。

  • フォント サイズを拡大または縮小するには、既定のサイズである 11 の横の矢印をクリックし、別の文字サイズを選びます。

    リボンにある [フォント] のボタンから異なるフォント スタイルまたはサイズを選ぶ

  • フォントの色を変更するには、フォントの色をクリックし、色を選択します。

  • 背景色を追加するには、[フォントの色]の横にある塗りつぶしの色] をクリックします

    異なる色を選ぶ

  • 取り消し線、上付き文字または下付きの書式を適用するには、] ダイアログ ボックス起動ツールをクリックし、[効果] のオプションを選択します。

    [フォント] ダイアログ ボックス起動ツール [上付き] が選択されている [セルの書式設定] ダイアログ ボックス

文字の配置を変更する

セル内のテキストを中央揃え、左揃え、または右揃えになるように位置させることができます。 長いテキスト行である場合は、[折り返して全体を表示する] を適用すると、すべての文字を表示できます。

揃えるテキストを選び、[ホーム] タブで、配置オプションを選びます。

テキストの配置

書式設定を解除する

考えが変わったら、書式を適用した後場合、元に戻すに、テキストを選択して [ホーム] タブで、[クリア] をクリックして > 書式のクリアします。

[書式のクリア] ボタンを使用して書式設定を削除する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×