セルまたは数値を除算する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

プロジェクトの完了までに要した 1 人あたりの時間数 (プロジェクトの総時間をプロジェクトの総人数で割ったもの) や、最近の全国横断旅行での 1 ガロンあたりの実マイル数 (総マイル数を総ガロンで割ったもの) を求めたい場合があります。いくつかの方法で数値を除算することができます。

注:  Excel には DIVIDE 関数はありません。

単一のセル内で数値を除算する

この処理を実行するには、/ (スラッシュ) 算術演算子を使用します。

たとえば、セルに「=10/5」と入力した場合、2 と表示されます。

重要: セル内に数値や / 演算子を入力する前に等号 (=) を入力してください。このように入力しないと、入力する内容が Excel では日付と解釈されます。たとえば、セルに「7/30」と入力した場合、30-Jul と表示される場合があります。または、セルに「12/36」と入力した場合、その値は最初に 12/1/1936 に変換され、1-Dec と表示されます。

ページの先頭へ

セル参照を使用して数値を除算する

数式に数値を直接入力する代わりに、A2 や A3 などのセル参照を使用して、割る数と割られる数を参照できます。

1

2

3

4

5

A

データ

15000

12

数式

説明 (計算結果)

=A2/A3

15000 を 12 で除算します (1250)

数値の列を定数で除算する

7 個の数値がある列の各セルを、別のセルに入力されている数値で除算するとします。次の例では、セル C2 に入力されている値 "3" で除算します。

1

2

3

4

5

6

7

8

A

B

C

データ

数式

定数

15000

=A2/$C$2

3

12

=A3/$C$2

48

=A4/$C$2

729

=A5/$C$2

1534

=A6/$C$2

288

=A7/$C$2

4306

=A8/$C$2

  1. 種類= A2/$C$ 2セル B2 にします。数式に C の前に、2 の前に $ 記号を含めることを確認します。

    $ 記号は、C2 への参照が "絶対参照" であることを示します。つまり、この数式を他のセルにコピーしても、参照先は常にセル C2 になります。数式に $ 記号を使用しない場合、数式をセル B3 にドラッグすると、数式が =A3/C3 に変わりますが、セル C3 には値が入力されていないため、この数式は機能しません。

  2. B2 の数式を列 B の他のセルへドラッグします。

    定数で数値を除算の結果

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×