セルまたはセル範囲の内容をグラフィック オブジェクトに動的に表示する

図形、テキスト ボックス、またはグラフ要素で、ワークシートのセルの内容を表示するには、図形、テキスト ボックス、またはグラフ要素を表示するデータが含まれているセルにリンクできます。カメラ ボタンの画像 ] コマンドを使用して、セル範囲を図にリンクして、セル範囲の内容を表示することもできます。

セルまたはセル範囲がグラフィックにリンクされるため、そのセルまたはセル範囲のデータに変更を加えると、変更が自動的にグラフィック オブジェクトに反映されます。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

ワークシート上の図形またはテキスト ボックスに、セルの内容を動的に表示します。

グラフ上でタイトル、ラベル、またはテキスト ボックス内のセルの内容を動的に表示します。

セル範囲の内容を図で動的に表示します。

セルの内容をワークシート上の図形またはテキスト ボックスに動的に表示する

  1. ワークシートにまだ図形もテキスト ボックスもない場合は、次の手順を実行して作成します。

    • 図形を作成するには、[挿入] タブの [] グループにある [図形] をクリックし、使用する図形をクリックします。

      [挿入] タブの [イラスト] グループ

    • テキスト ボックスを作成するには、[挿入] タブの [テキスト] グループにある [テキスト ボックス] をクリックし、ワークシート上でドラッグして、必要なサイズのテキスト ボックスを描きます。

      Excel のリボンのイメージ

  2. ワークシートで、セルの内容のリンク先にする図形またはテキスト ボックスをクリックします。

  3. 数式バーに等号 (=) (=) を入力します。

  4. リンクするデータまたはテキストが入っているワークシートのセルをクリックします。

    ヒント: ワークシートのセルへの参照を入力することもできます。感嘆符は、シート名を含めるたとえば、 Sheet1 の =です。F2します。

  5. Enter キーを押します。

    これで、セルの内容が選択した図形またはテキスト ボックスに表示されます。

注: この操作は、フリーハンド図形、線図形、またはコネクタの図形には使用できません。

ページの先頭へ

セルの内容をグラフのタイトル、ラベル、またはグラフ上のテキスト ボックスに動的に表示する

  1. グラフで、ワークシートのセルとの間にリンクを設定するタイトル、ラベル、またはテキスト ボックスをクリックするか、次の操作を実行して、グラフ要素の一覧から選択します。

    1. グラフをクリックします。

      [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

    2. [書式] タブの [現在の選択範囲] で [グラフの要素] ボックスの横にある矢印をクリックし、使用するグラフ要素をクリックします。

      Excel のリボンのイメージ

  2. 数式バーに等号 (=) (=) を入力します。

  3. ワークシートで、グラフのタイトル、ラベル、またはテキスト ボックスに表示するデータまたはテキストを含むセルを選択します。

    ヒント: ワークシートのセルへの参照を入力することもできます。感嘆符、 Sheet1をなど、シート名が含まれます。F2

  4. Enter キーを押します。

    これで、セルの内容が選択したタイトル、ラベル、またはテキスト ボックスに表示されます。

ページの先頭へ

セル範囲の内容を図形に動的に表示する

  1. これをしなかった場合は、クイック アクセス ツールバーにカメラ ボタンの画像 を追加します。

    1. ツールバーの横の矢印をクリックし、[その他のコマンド] をクリックします。

    2. [コマンドの選択] の [すべてのコマンド] をクリックします。

    3. 一覧で [カメラ] を選択し、[追加] をクリックしてから [OK] をクリックします。

  2. セルの範囲を選択します。

  3. クイック アクセス ツールバーで、カメラ ボタンの画像 ] をクリックします。

  4. ワークシート上またはグラフ上で、セル範囲の画像を挿入する場所をクリックします。

    セル範囲の内容が、画像になって表示されます。

  5. 画像の書式を設定したり、その他の操作を行うには、画像を右クリックしてコマンドを選択します。

    たとえば、[図の書式設定] コマンドをクリックすれば、境界線を変更したり、背景を透明にしたりできます。

ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×