セルまたはセル範囲の内容をグラフィック オブジェクトに動的に表示する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

図形、テキスト ボックス、またはグラフ要素で、ワークシートのセルの内容を表示するには、図形、テキスト ボックス、またはグラフ要素を表示するデータが含まれているセルにリンクできます。カメラ ボタン イメージ ] コマンドを使用して、セル範囲を図にリンクして、セル範囲の内容を表示することもできます。

セルまたはセル範囲がグラフィック オブジェクトにリンクされているために、グラフィック、オブジェクトに自動的にそのセルまたはセル範囲内のデータに加えた変更が表示されます。

  1. ワークシートで、図形またはテキスト ボックスがない、次の操作を行います。

    • [挿入] タブの [] グループで、図形を作成するのには、図形] をクリックし、[図形を使用する] をクリックします。

      [挿入] タブの [イラスト] グループ

    • [挿入] タブの [テキスト] グループで、テキスト ボックスを作成するのには、テキスト ボックス] をクリックし、ドラッグして目的のテキスト ボックスのサイズのテキスト ボックスを描画します。

      Excel のリボンの画像

  2. ワークシートで、セルの内容をリンクする図形またはテキスト ボックス] をクリックします。

  3. 数式バーに等号 (=) (=) を入力します。

  4. データまたはリンク先にテキストを含むワークシートのセルをクリックします。

    ヒント: ワークシートのセルへの参照を入力することもできます。感嘆符は、シート名を含めるたとえば、 Sheet1 の =です。F2します。

  5. Enter キーを押します

    セルの内容は、選択した図形またはテキスト ボックスに表示されます。

注: フリーハンド、行、またはコネクタ図形では、この手順を使用することはできません。

  1. グラフの場合は、タイトル、ラベル、またはワークシートのセルにリンクするテキスト ボックスをクリックするか、グラフ要素の一覧から選択するのには、次の操作します。

    1. グラフをクリックします。

      [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

    2. [書式] タブの [現在の選択範囲] グループで、[グラフの要素] ボックスの横にある矢印をクリックして、使用するグラフの要素をクリックします。

      Excel のリボンの画像

  2. 数式バーに等号 (=) (=) を入力します。

  3. ワークシートで、データまたはタイトル、ラベル、または、グラフ上のテキスト ボックスに表示するテキストが含まれているセルを選択します。

    ヒント: ワークシートのセルへの参照を入力することもできます。感嘆符、 Sheet1をなど、シート名が含まれます。F2

  4. Enter キーを押します

    セルの内容は、タイトル、ラベル、または選択したテキスト ボックスに表示されます。

  1. これをしなかった場合は、クイック アクセス ツールバーにカメラ ボタン イメージ を追加します。

    1. ツールバーの横の矢印をクリックし、[その他のコマンド] をクリックします。

    2. [コマンドの選択] の [すべてのコマンド] をクリックします。

    3. 一覧で、カメラを選択し、[追加] をクリックし、[ OK] をクリックします。

  2. セルの範囲を選択します。

  3. クイック アクセス ツールバーで、カメラ ボタン イメージ ] をクリックします。

  4. ワークシートまたはグラフを挿入するセル範囲の画像を格納する場所をクリックします。

    画像では、セル範囲の内容が表示されます。

  5. 図の書式設定またはその他の操作を行う、画像を右クリックし、コマンドを選択します。

    たとえば、枠線を変更または背景を透明にするには、図の書式設定] をクリックすることです。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×