スキップしてメイン コンテンツへ
セル

セルの結合と結合解除

セルの結合と結合解除

個々のセルは分割できませんが、上のセルを結合することで分割されているように見せることができます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

セルを結合する

  1. 結合するセルを選択します。

  2. [差し込み & センター ] を選択します。

    重要: 複数のセルを結合すると、結合セルでは 1 つのセル (左から右方向の言語の場合は左上のセル、右から左方向の言語の場合は右上のセル) のみの内容が表示されます。 結合する他のセルの内容は削除されます。

セルの結合を解除する

  1. [セルを結合して中央揃え] 下向き矢印を選択します。

  2. [セルの結合解除] を選択します。

重要: 

  • 結合解除されたセルを分割することはできません。 複数のセルに結合解除されたセルの内容を分割する方法に関する情報をお探しの場合は、「セルの内容を分割して隣接する列に配置する」を参照してください。

  • セルの結合後に、結合セルをもう一度個別のセルに分割することができます。 セルを結合した場所を忘れてしまった場合は、[検索] コマンドを使って結合セルをすばやく見つけることができます。

結合を行うと、2 つ以上のセルを組み合わせて、より大きなセルが新しく作成されます。 これは、複数の列にまたがるラベルを作成するのに便利な方法です。

たとえば、A1、B1、C1 というセルを結合して "月間売上" というラベルを作成し、2 から 7 行の情報について説明することができます。

他のセルの上のセルを結合する

セルを結合する

2 つ以上のセルは次の手順で結合します。

  1. 結合対象となる 2 つ以上の隣接セルを選びます。

    重要: 残しておきたいデータが左上のセルにあることを確認し、他の結合セルのデータはすべて削除されることに注意してください。 他のセルのデータを保持するには、差し込みの前にワークシート内の別の場所にコピーします。

  2. [ホーム] タブで、[セルを結合して中央揃え] を選択します。
    [ホーム] タブで、[セルを結合して中央揃え] を選びます。

ヒント: 

  • [ & の結合] が無効になっている場合は、セルを編集しておらず、結合するセルが Excel のテーブルとして書式設定されていないことを確認します。 表として書式設定されたセルは、通常、交互に網かけされた行を表示し、列見出しにはフィルター矢印を表示します。

  • 中央揃えなしでセルを結合するには、[セルを結合して中央揃え] の横にある矢印をクリックし、[横方向に結合] または [セルの結合]をクリックします。

セルの結合を解除する

セルの結合を解除する必要がある場合、結合されたセルをクリックし、[セルを結合して​​中央揃え] メニューの [セル結合の解除] を選択します (上の図を参照)。

1 つのセルから複数のセルに文字列を分割する

1 つまたは複数のセルの文字列を複数のセルに分配できます。 これは、複数のセルの文字列を 1 つのセルに結合する連結とは反対の操作です。

たとえば、氏名が入っている列を名字と名前の別々の列に分割できます。

別々の列に分割された文字列の分割前と分割後

複数の列に文字列を分割するには、次の手順に従います。

  1. 分割する文字列を含むセルまたは列を選択します。

  2. 注: 必要な数の行を選択します。ただし、列は1つだけです。 また、どのデータも削除されないように、適切な空の列があることを確認します。 必要に応じて、空の列を追加します。

  3. [データ]、[区切り位置] の順にクリックし、[区切り位置指定ウィザード] を表示します。

  4. [区切り記号付き]、[次へ] の順にクリックします。

  5. [スペース] ボックスをオンにして、残りのチェックボックスをオフにします。 または、テキストの分割方法 (たとえば、"Reyes、Javiers" など) については、カンマスペースの両方のボックスをオンにします。 データのプレビューが、ポップアップウィンドウの下部にあるパネルに表示されます。

    ウィザードの手順 2 の [区切り文字] で、データの分割方法を指定し、[プレビュー] を選択すると、データのプレビューが表示される

  6. [次へ] をクリックし、新しい列の形式を選択します。 既定の形式にしない場合、[テキスト] などの形式を選択し、[データ プレビュー] ウィンドウの 2 つ目のデータ列をクリックし、同じ形式を再度クリックします。 これをプレビュー ウィンドウのすべての列に対して繰り返します。
    テキスト オプションが選択された状態のウィザードの手順 3

  7. [表示先] ボックスの右にある ダイアログ ボックスの折りたたみボタンの画像 ボタンをクリックし、ポップアップ ウィンドウを折りたたみます。

  8. ブック内の任意の場所で、分割データを入れるセルを選択します。 たとえば、氏名を名字の列と名前の列に分割する場合、2 つの隣接した列に存在するセルを必要な数だけ選択します。

    分割したセルを貼り付けるセルを選択する

  9. [展開] ボタン ボタンをクリックしてポップアップ ウィンドウを再度展開し、[完了] ボタンをクリックします。

    [展開] ボタンをクリックする。

結合を行うと、2 つ以上のセルを組み合わせて、より大きなセルが新しく作成されます。 これは、複数の列にまたがるラベルを作成するのによい方法です。 たとえば、A1、B1、C1 というセルを結合し "月間売上" というラベルを作成すると、2 から 7 行の情報について説明することができます。

他のセルの上のセルを結合する

セルを結合する

  1. 最初のセルをクリックし、 Shiftキーを押しながら、結合する範囲内の最後のセルをクリックします。

    重要: 範囲内のセルの 1 つにのみデータがあることを確認します。

  2. [ホーム]、[セルを結合して中央揃え] の順にクリックします。

    リボンの [セルを結合して中央揃え] ボタン

    [セルを結合して中央揃え] が淡色表示されている場合は、セルを編集しておらず、結合するセルがテーブルの中にないことを確認してください。

    ヒント:  データを中央揃えにしないでセルを結合するには、結合されたセルをクリックし、[セルを結合して中央揃え] の横にある左、中央、右の配置オプションをクリックします。

    考えが変わったら、結合されたセルをクリックして [セルを結合して中央揃え] をクリックすることで、常に結合を取り消すことができます。

セルの結合を解除する

結合した後すぐにセルの結合を解除するには、Ctrl + Z キーを押します。それ以外の場合は、次の操作を行います

  • 結合されたセルをクリックし、[ホーム] をクリックして [> の結合 & 中央に配置します。

    リボンの [セルを結合して中央揃え] ボタン

    結合されたセルのデータは、セルが分割されると、左のセルに移動します。

    セルの結合を解除する前と後

複数のセルを結合して 1 つの大きなセルを作成します。 これは、複数列にまたがるラベルを作成するときにお勧めです。 セルを結合するには、次の手順を実行します。

  1. 選択ハンドル 選択ハンドル をドラッグし、結合するセルを選びます。 たとえば、セル A1 からセル C1 までハンドルをドラッグします。

  2. iPad の場合、[結合] をタップします。

    セルの結合を解除する

    iPhone の場合、[編集] アイコン リボンをタップして表示する をタップし、まだ選んでいない場合は [ホーム] をタップし、[セルを結合して中央揃え] をタップします。

    [セルを結合して中央揃え] コマンド

重要: 選んだセル範囲のうち、左上のセルのデータだけが結合セルに残ります。 Excel は、選んだセルの範囲内にある残りのセルのデータを削除します。

[ホーム] タブで [結合] または [セルを結合して中央揃え] が使用できない場合、結合するセルがテーブル内にないことを確認します。

考えが変わったら、いつでも結合したセルを分割できます。

  1. 結合したセルを選んで、

  2. [ホーム] タブの [結合] または [セルを結合して中央揃え] をもう一度タップします。

[ホーム] タブで [結合] または [セルを結合して​​中央揃え] が使用できない場合、選んだセルが結合されたセルではない可能性があります。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

関連項目

Excel の数式の概要

壊れた数式のエラーを回避する方法

数式エラーを確認して修正する

Excel のキーボード ショートカットとファンクション キー

Excel 関数 (アルファベット順)

Excel 関数 (機能別)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×