セルの書式設定を使いこなそう (2)

この記事は以下の 4 ページから構成されています。

  1. 文字の配置や向きを調整しよう

    セルを結合しよう

    セルに収まるように文字列を折り返えそう

    文字の配置や向きを変えてみよう

  2. 色や罫線を使って見やすくしよう(このページ)

    セルに色を付けよう

    罫線を引こう

    複数の罫線をまとめて引こう

  3. 数値や日付の表示を変えてみよう

    数値のマイナス記号を変えてみよう

    曜日を表示しよう

    数値に単位を付けて表示しよう

  4. 数値をアイコンで表現しよう

色や罫線を使って見やすくしよう

表やデータを見やすくするために、セルに色を付けたり、罫線を引いたりしてみましょう。

セルに色を付けよう

セルに色を付けると、デザイン性が格段にアップします。

  1. セル A1 を選択し、[ホーム] タブの [塗りつぶしの色] ボタン (塗りつぶしの色) の [▼] をクリックします。

    [ホーム] タブの [塗りつぶしの色] の [▼] をクリック

    色のパレットが表示されます。

  2. 色のパレットから好きな色を選んでクリックします。

    ※各色をポイントすると、セルに設定結果が反映され、実際のイメージを確認することができます。

    塗りつぶしの色を選択

    セルに色が付きます。

    同様に、他のセルにも好みの色を設定してみましょう。

    ※塗りつぶしの色のボタン 直前に選択した色が表示された [塗りつぶしの色] ボタン には、直前に選んだ色が表示されます。続けて同じ色を設定する場合は、このボタンをクリックするだけで簡単に設定することができます。

    セルの色設定後のイメージ

ページの先頭

罫線を引こう

セルの枠線 (グリッド線) は印刷されません。表に枠線を付けて印刷したい場合は、自分で罫線を引く必要があります。

[ホーム] タブの 罫線のボタン (罫線のボタン) を使うと、さまざまな罫線を簡単に引くことができます。

  1. セル A9 : I15の表の外枠に罫線を引いてみましょう。

    まず、罫線を引く範囲であるセル A9 : I15 を選択します。

    罫線を引く範囲を選択
  2. [ホーム] タブの罫線ボタンの [▼] をクリックし、[外枠] をクリックします。

    [ホーム] タブの罫線ボタンの [▼] から [外枠] をクリック

    表の外枠に罫線が引かれます。

    表に外枠を引いたイメージ

    ※このとき、罫線のボタンは [外枠] ボタン (外枠) の表示に変わります。続けて同じ罫線を引く場合は、このボタンをクリックするだけで簡単に引くことができます。

  3. 次に、セル A11 : I14 を選択しましょう。この範囲の上側に罫線、下側に二重罫線を引きます。

    罫線を引く範囲を選択
  4. [ホーム] タブの罫線ボタンの [▼] をクリックし、[上罫線 + 下二重罫線] をクリックします。

    [ホーム] タブの罫線ボタンの [▼] から [上罫線 + 下二重罫線] をクリック

    選択した範囲の上側に罫線、下側には二重罫線が引かれます。

    上罫線 + 下二重罫線を引いたイメージ

ヒント 罫線を消すには ?

罫線を消す範囲を選択し、[ホーム] タブの罫線ボタンの [▼] をクリックして、一覧から [枠なし] をクリックします。

罫線の削除

ヒント 罫線の色やスタイルを変更するには ?

罫線の色やスタイルを変更するときは、マウスのドラッグ操作が簡単です。

※罫線の変更だけではなく、はじめからドラッグ操作で罫線を引くこともできます。

  1. [ホーム] タブの罫線ボタンの [▼] をクリックし、[線の色] で色を、[線のスタイル] でスタイルを選ぶ

    [ホーム] タブの罫線ボタンの [▼] から [線の色] または [線のスタイル] を選択
  2. マウス ポインターが鉛筆の形になるので、変更箇所をクリックする

    マウス ポインターによる罫線スタイル変更

ページの先頭

複数の罫線をまとめて引こう

複数の罫線をまとめて引いたり、罫線の種類や色などを細かく設定したりするときは、[セルの書式設定] ダイアログ ボックスを使います。

ここでは、セル A11 : I14の範囲に、以下のような各行を区切る点線を引きます。

各行を区切る点線を引くイメージ

この場合、[セルの書式設定] ダイアログ ボックスでは 内側の罫線のボタン (内側の罫線) を使って、選択範囲の内側に罫線を引きます。 下罫線のボタン (下罫線)を使うと、選択範囲の一番下の罫線だけが点線になってしまうので気をつけましょう。

[セルの書式設定] ダイアログ ボックスと罫線のイメージ

それでは実際に操作してみましょう。

  1. セル A11 : I14 を選択し、[ホーム] タブの罫線ボタンの [▼] をクリックし、[その他の罫線] をクリックします。

    [セルの書式設定] ダイアログ ボックスの [罫線] タブが表示されます。

    [ホーム] タブの罫線ボタンの [▼] から [その他の罫線] をクリック
  2. [スタイル] で点線を選び、[罫線] で 内側の罫線のボタン をクリックして、[OK] をクリックします。

    選択範囲の内側に点線が引かれます。

    選択範囲の内側に罫線を引いたイメージ 線種と引く位置を設定

ヒント 斜線を引くには ?

セル内に斜線を引くときは、[セルの書式設定] ダイアログ ボックスの [罫線] タブで 斜線(右斜め上)のボタン斜線(左斜め上)のボタン をクリックします。

斜線を引くボタン

なお、複数のセルに 1 本の斜線を引くことはできません。 たとえば、セル A9 : A10 を選択して斜線を設定すると、以下のようになります。

複数のセルに斜線を引いた場合

複数のセルに1 本斜線を引きたいときは、セルを結合しましょう。

セル結合後に斜線を引いた場合

ページの先頭

次は「数値や日付の表示を変えてみよう」です。

<<前へ| 1 234| 次へ>>

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×