セルの書式をカスタマイズする (パート 2): (2) ゼロの値の書式を追加する

セルの書式をカスタマイズする: パート 2 (2) ゼロの値の書式を追加する

ゼロの値の書式を追加する

ゼロの値に対して異なる書式を定義するには、表示形式コードをセミコロン (;) で区切ります 。順序は次のとおりです 。

正の数値;負の数値;ゼロの値

値の種類に応じて異なる書式を定義する方法の詳細については、 「負の数値の書式を追加する」を参照してください 。

  1. [セルの書式設定] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. [種類] をクリックして、カーソルを表示形式コードの末尾に移動します 。

    カーソルを移動する

  3. "¥#,##0.00;(¥#,##0.00)" の末尾に「;」と入力して、ゼロの値のための新しいセクションを作成します。

    入力する

  4. 「¥0」と入力します。

    入力する

  5. [OK] をクリックします。

    [OK] をクリックする

    ゼロの値に対するセル書式が変更され、ゼロは "¥0" と表示されるようになります。

    負の数値の書式が変わる

    セル D4 を見てください。

    ゼロの値に対するセル書式が変更され、ゼロは "¥0" と表示されるようになる

ページの先頭

次は、「負の数値に特定の文字を追加する」です。

<< 前へ |12 345| 次へ>>

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×