セルの書式をカスタマイズする (パート 1)

セルの書式をカスタマイズする (パート 1)

Excel では、テーブル内の各セルの書式をカスタマイズして、入力したデータを希望どおりの形式で表示できます。

ここでは、経費予算テーブルのセルの書式を目的に合わせてカスタマイズします。

このトピックは、2 つの記事に分かれています。

この記事では、経費予算テーブルの列に組み込みの書式を適用する方法について説明します。

次の記事「セルの書式をカスタマイズする (パート 2)」では、さまざまな書式設定機能を使用して、経費予算テーブル内のセルの書式をカスタマイズします。

ヒント: 書式とは

Doctor

セルの書式の基本については、「ステップアップ!エクセルでお小遣い帳」を参照してください。

この記事は、次のページから構成されます。

  1. 組み込みの書式の実際の表示形式コードを表示する (このページ)

  2. 表示形式コードの基本を理解する

組み込みの書式の実際の表示形式コードを表示する

このテーブルでは、"予算" 列と "実費" 列に [通貨] 形式が適用されています。

表示形式の名前は、[ホーム] タブの [数値] の [表示形式] に表示されます。

.

セル C4 をクリックし、入力されている値を数式バーに表示します。

数式バーに入力されている値の形式は、[通貨] の表示形式コードに従って変更されます。書式設定された値は、セル C4 に表示されます。

.

通貨のセル書式をカスタマイズする前に、表示形式コードを確認してみましょう。

  1. [ホーム] タブの [数値] で [表示形式] をクリックします。

    .

  2. 一覧の [その他の表示形式] をクリックします。

    .

  3. [セルの書式設定] ダイアログ ボックスが表示されます。"予算" 列と "実費" 列には [通貨] 形式が適用されているため、[通貨] 形式の設定項目が表示されます。

    [分類] の [ユーザー定義] をクリックします。

    [セルの書式設定] ダイアログ ボックスの [ユーザー定義]

    [ユーザー定義] 形式の設定項目が表示されます。

    [ユーザー定義] 表示形式の設定項目が表示される

    [種類] に表示される項目を確認してください。

    種類

    これが、"予算" 列と "実費" 列に適用されている [通貨] 形式の実際のコードです。

    組み込みの表示形式をカスタマイズするには、このコードを変更します。

    少し難しいと思われても、心配は無用です。次のセクションで、各要素の意味について詳しく見ていきます。

次は、「表示形式コードの基本を理解する」に進んでください。

ページの先頭へ

2 | 次へ >>

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×