セルに表示されるボタンおよび三角形について

Microsoft Office Excel には、セル内またはセルの横に必要に応じて表示される 7 つのオプション ボタンと 3 つの色付き三角形が用意されています。これらのボタンと三角形には、セルの内容に関する便利なコマンドや情報が用意されていて、必要なときに表示されます。ここでは、各ボタンと各三角形の機能、およびそれらの使用方法ついて説明します。

この記事の内容

ワークシートに表示されるボタン

ワークシートに表示される色付き三角形

ワークシートに表示されるボタン

[オートコレクトのオプション]、[貼り付けのオプション]、[オートフィル オプション]、[エラーのトレース]、[挿入オプション]、[スマート タグ動作]、および [書式ルールの適用] の 7 つのボタンが必要に応じてセルの横に表示されます。

[オートコレクトのオプション] ボタン

ボタンの画像 (オートコレクトのオプション) ボタンは、自動修正された文字列の下の小さな青のボックスにカーソルを置いたときに表示されます。たとえば、ハイパーリンクや電子メール アドレスをセルに入力すると、[オートコレクトのオプション] が表示される場合があります。文字列を修正しない場合は、修正を元に戻すか、オートコレクトのオプションのオンとオフを切り替えることができます。オートコレクトのオプションのオンとオフを切り替えるには、[オートコレクトのオプション] をクリックして一覧から選択します。

[貼り付けのオプション] ボタン

ボタンの画像 (貼り付けのオプション) ボタンは、文字列またはデータを貼り付けると、選択した文字列またはデータのすぐ下に表示されます。このボタンをクリックすると、ワークシートに情報を貼り付ける方法を指定できるオプションの一覧が表示されます。

使用できるオプションは、貼り付ける情報の種類、コピー元のアプリケーション、および貼り付ける文字列の書式によって異なります。

[オートフィル オプション] ボタン

ボタンの画像 (オートフィル オプション) ボタンは、ワークシートに文字列またはデータを入力すると、入力した文字列またはデータのすぐ下に表示されます。たとえば、セルに日付を入力し、そのセルを下へドラッグして下に続くセルに入力すると、[オートフィル オプション] が表示される場合があります。このボタンをクリックすると、文字列またはデータを入力する方法のオプションの一覧が表示されます。

一覧の使用できるオプションは、入力する情報の内容、入力元のアプリケーション、および入力する文字列またはデータの書式によって異なります。

[エラーのトレース] ボタン

ボタンの画像 (エラーのトレース) ボタンは、数式のエラーが発生したセルの横に表示され、緑の三角形がセルの左上隅に表示されます。

このボタンの横にある矢印をクリックすると、エラー チェックのオプションの一覧が表示されます。

[挿入オプション] ボタン

ボタンの画像 (挿入オプション) ボタンは、挿入されたセル、行、または列の横に表示されます。

このボタンの横にある矢印をクリックすると、書式設定オプションの一覧が表示されます。

[スマート タグ動作] ボタン

スマート タグ動作 (スマート タグ動作) ボタンは、セルに入力した銘柄記号、個人名などの文字列の横に表示されます。

このボタンの横にある矢印をクリックすると、実行できる操作の一覧が表示されます。

[書式ルールの適用] ボタン

ボタンの画像 (書式ルールの適用) ボタンは、ピボットテーブル レポートに含まれる条件付き書式データの範囲の指定方法を変更する場合に使用します。

このボタンの横にある矢印をクリックすると、範囲を指定するオプションの一覧が表示されます。

ページの先頭へ

ワークシートに表示される色付き三角形

セルには、必要に応じて緑 (エラー)、赤 (コメント)、および紫 (操作タグ) の 3 つの色付き三角形が表示されます。

緑の三角形

セルのエラー インジケーター

セルの左上隅にある緑の三角形は、式の数式にエラーが含まれることを示します。このセルを選択すると、 ボタンの画像 (エラーのトレース) が表示されます。このボタンの横にある矢印をクリックすると、オプションの一覧が表示されます。

赤の三角形

セルのコメント マーク

セルの右上隅にある赤の三角形は、セルにコメントが含まれることを示します。この三角形の上にカーソルを置くと、コメントの文字列が表示されます。

紫の三角形

セル内のスマート タグ インジケーター

セルの右下隅にある紫の三角形は、タグにスマート タグが含まれることを示します。この三角形の上にカーソルを置くと、 スマート タグ動作 (スマート タグ動作) が表示されます。このボタンの横にある矢印をクリックすると、スマート タグ オプションの一覧が表示されます。

ヒント: エラー チェックの三角形のインジケータの色は変更できます。色を変更するには、次の手順に従います。

  1. Office ボタンのイメージ (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Excel のオプション] をクリックします。次に、[数式] をクリックします。

  2. [エラー チェック] で [バックグラウンドでエラー チェックを行う] チェック ボックスをオンにします。

  3. [次の色でエラーを示す] をクリックし、パレットから新しい色を選択します。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×