セルに現在の日付と時刻を入力する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

たとえば、アクティビティの時刻ログを作成しながら、現在の日付と時刻を簡単に入力できます。また、数式を再計算するたびにセルに現在の日付と時刻を自動的に表示できます。変わらない日付と時刻を挿入することも、更新される日付と時刻を挿入することもできます。

変わらない日付と時刻を挿入する

静的な値とは、ワークシートが再計算されたり開かれたりしたときに変わらない値のことです。

  1. ワークシートで、現在の日付または時刻を挿入するセルを選びます。

  2. 次の操作のいずれかを行います。

    • 日付を挿入するには、日付 (2/2 など) を入力し、[ホーム]、[表示形式]、さらに [短い日付形式] または [長い日付形式] の順にクリックします。

    • 時刻を挿入するには、時刻を入力し、[ホーム]、[表示形式]、[時刻] の順にクリックします。

更新される日付と時刻を挿入する

ワークシートが再計算されたり、ブックが開かれたりしたときに更新される日付や時刻は、静的ではなく "動的" であると考えられます。ワークシートでは、セルで動的な日付や時刻を返す最も一般的な方法は関数を使用することです。

  • 更新できるような現在の日付または時刻を挿入するには、次の表に示すような TODAY 関数と NOW 関数を使用します。これらの関数の使用方法についての詳細は、「TODAY 関数」および「NOW 関数」を参照してください。

どのような 追加するには セル

表示される内容

=TODAY()

現在の日付を取得します (動的)

=NOW()

現在の日付と時刻を取得します (動的)

注: TODAY 関数および NOW 関数の結果は、ワークシートが再計算されたり、この関数を含むマクロが実行されたりときにのみ変わります。これらの関数があるセルが継続的に更新されるわけではありません。使用される日付および時刻は、コンピューターのシステム クロックから取得されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×