セルに現在の日付と時刻を入力する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

たとえば、アクティビティの時刻ログを作成しながら、現在の日付と時刻を簡単に入力できます。また、数式を再計算するたびにセルに現在の日付と時刻を自動的に表示できます。変わらない日付と時刻を挿入することも、更新される日付と時刻を挿入することもできます。

変わらない日付と時刻を挿入する

静的な値とは、ワークシートが再計算されたり開かれたりしたときに変わらない値のことです。

  1. ワークシートで、現在の日付または時刻を挿入するセルを選びます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 日付を挿入する ( 2/2) などの日付を入力して [ホーム] をクリックして >番号の書式設定>短い形式] または [長い日付

    • 時刻を挿入するには、時刻を入力し、[ホーム]、[表示形式]、[時刻] の順にクリックします。

更新される日付と時刻を挿入する

ワークシートが再計算されたり、ブックが開かれたりしたときに更新される日付や時刻は、静的ではなく "動的" であると考えられます。ワークシートでは、セルで動的な日付や時刻を返す最も一般的な方法は関数を使用することです。

  • 更新されるように、現在の日付または時刻を挿入するには、関数を使用して現在NOWのように次の表に示すようにします。これらの関数を使用する方法の詳細については、 TODAY 関数NOW 関数を参照してください。

どのような 追加するには セル

表示される内容

=TODAY()

現在の日付を取得します (動的)

=NOW()

現在の日付と時刻を取得します (動的)

注: TODAY 関数および NOW 関数の結果は、ワークシートが再計算されたり、この関数を含むマクロが実行されたりときにのみ変わります。これらの関数があるセルが継続的に更新されるわけではありません。使用される日付および時刻は、コンピューターのシステム クロックから取得されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×