セルに文字列が含まれているかどうかを調べる (大文字と小文字を区別)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

先頭が自社標準のプレフィックス (ID_ や EMP- など) で、英大文字であるような文字列を見つけたい場合があります。セルに文字列が格納されているかどうかや、文字列の大文字小文字を区別するかどうかをチェックする方法はいくつかあります。

目的に合ったトピックをクリックしてください

2 つのセルを比較する

関数についての詳細情報

1 つのセルの値とリストとを比較する

関数についての詳細情報

セルのデータの一部が特定の文字列と一致するかどうかを調べる

関数についての詳細情報

2 つのセルを比較する

この処理を実行するには、EXACT 関数を使用します。

使用例

使用例は空白のワークシートにコピーすると、計算結果を確認できます。

その方法は?

  1. 空のブックまたはワークシートを作成します。

  2. ヘルプ トピックから使用例を選択します。

    注: 行見出しまたは列見出しは選択しないでください。

    ヘルプから使用例を選択する

    ヘルプから使用例を選択する

  3. Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

  4. ワークシートのセル A1 を選択し、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

  5. 計算結果の表示と、結果を返す数式の表示を切り替えるには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら ` (アクサン グラーブ) キーを押すか、または [数式] タブの [ワークシート分析] グループで、[数式を表示] をクリックします。

1

2

3

4

A

データ

BD122

BD123

BD123

数式

説明 (計算結果)

=EXACT(A2,A3)

A2 と A3 の文字列を比較します (FALSE)

=EXACT(A3,A4)

A3 と A4 の文字列を比較します (TRUE)

注: EXACT 関数では、大文字と小文字は区別されますが、書式の違いは無視されます。

関数についての詳細情報

EXACT 関数

ページの先頭へ

1 つのセルの値とリストとを比較する

この処理を実行するには、EXACT 関数および OR 関数を使用します。

使用例

使用例は空白のワークシートにコピーすると、計算結果を確認できます。

その方法は?

  1. 空のブックまたはワークシートを作成します。

  2. ヘルプ トピックから使用例を選択します。

    注: 行見出しまたは列見出しは選択しないでください。

    ヘルプから使用例を選択する

    ヘルプから使用例を選択する

  3. Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

  4. ワークシートのセル A1 を選択し、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

  5. 計算結果の表示と、結果を返す数式の表示を切り替えるには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら ` (アクサン グラーブ) キーを押すか、または [数式] タブの [ワークシート分析] グループで、[数式を表示] をクリックします。

1

2

3

4

A

ステンシル (B)

リスト

セル

りんご

ぶどう

オレンジ

バナナ

数式

説明 (計算結果)

=OR(EXACT(B2, A2:A4))

"ぶどう" とリスト内のそれぞれの値とを比較します (FALSE)

注: この使用例の数式は、配列数式として入力する必要があります。この使用例を新規のワークシートにコピーして、各数式セルを選択します。F2 キーを押し、Ctrl キーと Shift キーを押しながら Enter キーを押します。この数式が配列数式として入力されていない場合、エラー値 #VALUE! が返されます。

関数についての詳細情報

OR 関数

EXACT 関数

ページの先頭へ

セルの一部が特定の文字列かどうかをチェックする

この処理を実行するには、IF 関数、FIND 関数、および ISNUMBER 関数を使用します。

注: FIND 関数では、大文字と小文字が区別されます。

使用例

使用例は空白のワークシートにコピーすると、計算結果を確認できます。

その方法は?

  1. 空のブックまたはワークシートを作成します。

  2. ヘルプ トピックから使用例を選択します。

    注: 行見出しまたは列見出しは選択しないでください。

    ヘルプから使用例を選択する

    ヘルプから使用例を選択する

  3. Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

  4. ワークシートのセル A1 を選択し、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

  5. 計算結果の表示と、結果を返す数式の表示を切り替えるには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら ` (アクサン グラーブ) キーを押すか、または [数式] タブの [ワークシート分析] グループで、[数式を表示] をクリックします。

1

2

3

A

データ

西脇

BD123

数式

説明 (計算結果)

=IF(ISNUMBER(FIND("西",A2)),"真", "偽")

セル A2 に "西" という文字が含まれているかどうかを調べます (真)

=ISNUMBER(FIND("BD",A3))

セル A3 に "BD" が含まれているかどうかを調べます (TRUE)

上の数式では、以下の引数を使用します。

文字列を評価する数式

文字列を評価する数式

1. 検索文字列: 照合する文字列

2. 検索対象: 照合の対象となる文字列が入力されているセル

関数についての詳細情報

IF 関数

ISNUMBER (IS 関数)

FIND 関数、FINDB 関数

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×