セルに含まれる数値の積を求める

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

掛け算の九九がお得意でも、計算は Excel Online にお任せください。 乗算演算子としてアスタリスク (*) を使い、簡単な数式で数を掛け合わせます。

  1. 空のセルを選択し、等号 (=) を入力します。(すべての数式は、等号 (=) で始まることにご注意ください。)

  2. 数値とその間にアスタリスク (*) を入力します。

  3. Enter キーを押すと、数式の結果が表示されます。

たとえば、54 と 89 との積を求めるには、次のような数式になります。

  • = 54 89 *

セル C1 に数式を入力できるようになりますセル C1 の結果 (4806)。セル参照を使用して、同じ式 (A1 と B1 のような= A1 * B1)、数値の代わりに、同じ結果 (4806) にも役立ちます。

セル A1 と B1 の数値

セル参照を使う利点は、セルの中の数が変化した場合、Excel Online で自動的に数式の結果が更新されるという点です。

数値の積を求めるのに関数を使いたいのであれば、PRODUCT 関数を使えます。

数式の中で PRODUCT 関数を使って数値の積を求める

[PRODUCT 関数もの積を計算し、さまざまな数値を乗算するのには、または数値の範囲がある場合は、最も役に立つします。などの範囲の間のアスタリスクを使用して、範囲の数値の積を求めるしようとした場合は、 = a1: a3 * C1:C3、#value! が表示されます。エラーの結果。これは、場所、PRODUCT 関数の真価です。アスタリスクを使用せずに、範囲を乗算します。

この表では、列 A の中の数と列 C の中の数とを掛け合わせてみます。

Excel ワークシートの列 A と列 C のデータ

等号の後に PRODUCT と入力し、それに続いて積を求める数値、セル、数の範囲をかっこで囲んで入力します。積を求める数値またはセル参照は、それぞれをカンマで区切り、セルの範囲は、A1:A3 のようにそれぞれコロンで区切ります。この例では、数式は次のようになります。

  • PRODUCT(A1:A3,C1:C3)

結果は 18164250 となり、次のように数式を入力した場合と同じになります。

  • = A1 * A2 * A3 * C1 * C2 * C3

必要に応じて、数値とセル参照を混ぜたり、任意の数の引数 (数式を機能させるデータの集まり) を含めたりします。ここでのサンプル データと 2 との積を求めると、結果は 36328500 になります。数式は、次のようになります。

  • =PRODUCT(A1:A3,C1:C3,2)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×