セルに含まれる数値の積を求める

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

掛け算の九九がお得意でも、計算は Excel Online にお任せください。 乗算演算子としてアスタリスク (*) を使い、簡単な数式で数を掛け合わせます。

  1. 空のセルを選び、等号 (=) を入力します (数式は等号で始まることを覚えておいてください)。

  2. 数値とその間にアスタリスク (*) を入力します。

  3. Enter キーを押すと、数式の結果が表示されます。

たとえば、54 と 89 との積を求めるには、次のような数式になります。

  • =54*89

セル C1 にその数式を入力すると、セル C1 に結果 (4806) を返します。数値の代わりにセル参照 (=A1*B1 の A1 や B1 など) を使った同じ数式も同じ結果 (4806) を返します。

セル A1 と B1 の数値

セル参照を使う利点は、セルの中の数が変化した場合、Excel Online で自動的に数式の結果が更新されるという点です。

数値の積を求めるのに関数を使いたいのであれば、PRODUCT 関数を使えます。

数式の中で PRODUCT 関数を使って数値の積を求める

PRODUCT 関数でも積を求めることができますし、掛け算する数が多い場合、または複数の数の範囲が対象の場合には最も役立ちます。=A1:A3*C1:C3 のように、範囲の間にアスタリスクを使って数の範囲の積を求めようとすると、#VALUE! というエラーの結果が表示されてしまいます。そのような計算は、PRODUCT 関数が得意とするところであり、アスタリスクを使わずに数の範囲の積を求めます。

この表では、列 A の中の数と列 C の中の数とを掛け合わせてみます。

Excel ワークシートの列 A と列 C のデータ

等号の後に PRODUCT と入力し、それに続いて積を求める数値、セル、数の範囲をかっこで囲んで入力します。積を求める数値またはセル参照は、それぞれをカンマで区切り、セルの範囲は、A1:A3 のようにそれぞれコロンで区切ります。この例では、数式は次のようになります。

  • PRODUCT(A1:A3,C1:C3)

結果は 18164250 となり、次のように数式を入力した場合と同じになります。

  • =A1*A2*A3*C1*C2*C3

必要に応じて、数値とセル参照を混ぜたり、任意の数の引数 (数式を機能させるデータの集まり) を含めたりします。ここでのサンプル データと 2 との積を求めると、結果は 36328500 になります。数式は、次のようになります。

  • =PRODUCT(A1:A3,C1:C3,2)

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×