セルにデータの入力規則を適用する

ユーザーによるデータ入力が必要なシートを作成している場合、特定の日付または数値の範囲に入力を制限したり、正の整数以外を入力できないようにすることが必要な場合があります。 Excel では、データの入力規則 を使用して、特定のセルへのデータ入力を制限したり、セルの選択時に有効なデータの入力をユーザーに促したり、ユーザーが無効なデータを入力したときにエラー メッセージを表示したりできます。

必要に応じて、次の操作を行います。

データ入力を制限する

  1. データ入力を制限するセルを選択します。

  2. データ タブのツール で、検証 をクリックします。

    [テーブル] タブ、[ツール] グループ

    注: 検証コマンドが利用できない場合は、シートが保護されているか、ブックが共有されています。ブックが共有されているか、シートが保護されている場合、データ検証設定は変更できません。ブックの保護の詳細については、「 ブックを保護する 」を参照してください。

  3. 許可 ポップアップ メニューで、許可するデータの種類を選択します。

  4. データ ポップアップ メニューで、適用する制限条件の種類を選択し、制限値を入力します。

    注: 制限値を入力するボックスには、選択したデータおよび制限条件に基づいたラベルが付いています。たとえば、データの種類として日付を選択した場合、開始日 というラベルの最小値ボックスと、終了日 というラベルの最大値ボックスに制限値を入力できます。

有効な入力をユーザーに求める

データ入力要件のあるセルをユーザーがクリックしたとき、どのようなデータが有効かを説明するメッセージを表示できます。

  1. 有効なデータ入力をユーザーに求めるセルを選択します。

  2. データ タブのツール で、検証 をクリックします。

    [テーブル] タブ、[ツール] グループ

    注: 検証コマンドが利用できない場合は、シートが保護されているか、ブックが共有されています。ブックが共有されているか、シートが保護されている場合、データ検証設定は変更できません。ブックの保護の詳細については、「 ブックを保護する 」を参照してください。

  3. 入力時メッセージ タブの セルの選択時にメッセージを表示する チェック ボックスをオンにします。

  4. タイトル ボックスに、メッセージのタイトルを入力します。

  5. 入力時メッセージ ボックスに、表示するメッセージを入力します。

無効データの入力時にエラー メッセージを表示する

データ制限が適用されている状態でユーザーが無効なデータをセルに入力した場合、エラーについて説明するメッセージを表示できます。

  1. エラー メッセージを表示するセルを選択します。

  2. データ タブのツール で、検証 をクリックします。

    [テーブル] タブ、[ツール] グループ

    注: 検証コマンドが利用できない場合は、シートが保護されているか、ブックが共有されています。ブックが共有されているか、シートが保護されている場合、データ検証設定は変更できません。ブックの保護の詳細については、「 ブックを保護する 」を参照してください。

  3. エラー メッセージ タブで、タイトル ボックスにメッセージのタイトルを入力します。

  4. エラー メッセージ ボックスに、無効なデータが入力された場合に表示するメッセージを入力します。

  5. 次のいずれかの操作を行います。

目的

スタイル ポップアップ メニューで、次のいずれかを選択します

続行する前にエラーを修正するようユーザーに求めます

中止

データが無効であることをユーザーに警告し、続行するかどうかの確認のために はい または いいえ を選択するようユーザーに求めます

注意

データが無効であることをユーザーに警告しますが、ユーザーは警告メッセージを無視して操作を続行できます

重要

関連項目

データ入力用のドロップダウン リストを作成する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×