セルで文字列を折り返す

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

行の高さを変更したり文字列を折り返したりするだけの簡単な操作で、プロジェクトの外観を大幅に向上できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

行の高さを変更します。

セルで文字列を折り返す

行の高さを変更する

フィールドの幅を広くことがなく、列に完全に表示するには長すぎる場合は、すべてのテキストを表示するのには、どのシートビュー内の行の高さを増減することができます。

  1. プロジェクト内の 1 つの行の高さを変更するには、行見出し (行の最も左のセル) の下の境界線をドラッグします。

  2. 複数の行の高さを同時に変更するには、Ctrl キーを押しながら高さを変更する行を選択します。最後に選択した行の下の境界線をドラッグします。

注: 行の高さを制御できるのは、行の最も左のセルだけです。他の場所で行の高さを変更しようとすると、代わりに行の位置が移動します。

セルで文字列を折り返す

Project 2010は任意のセルで文字列を折り返す機能です。

  1. テーブルを含む (チーム プランナー以外の) ビューの列を選択します。

  2. 列見出しを右クリックして、[折り返して全体を表示する] をクリックします。

注: 

  • 行のセル内の文字列を折り返すには、文字列の中に少なくとも 1 つスペースを挿入し、折り返しのために改行する場所を指示する必要があります。改行する場所を手動で制御することはできません。

  • 文字列の折り返しは、文字列が行のセルの幅より長い場合にのみ行われます。文字列が 1 行で収まる場合は、手動で改行を作成することはできません。この状況で、改行を作成するには、列の幅を狭くするしかありません。

  • ガント チャートおよびその他のシート型のビューの [リソース名] 列の名前の一覧では、個人の名前の中 (名と姓の間など) にスペースがないと、折り返されません。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×