セットアップ ウィザードを使用して Microsoft 365 Business をセットアップする

注: これはパブリック プレビューのプレリリース ドキュメントです。将来のリリースで変更される可能性があります。

下のタブに記載されている手順 1 から 4 を完了します。

Microsoft 365 Business をセットアップする

Microsoft 365 Business をセットアップする方法についてのビデオをご覧ください。

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

サインインのカスタマイズ

  1. グローバル管理者の資格情報を使用して、Microsoft 365 Business にサインインします。[管理者] タイルを選び、管理センターに移動します。

  2. 管理センターで [セットアップの開始] (状態によっては、[セットアップの続行] が代わりに表示される場合があります) を選び、ウィザードを開始します。

  3. 使用するドメイン名 (Contoso.com など) を入力します。

    注: 続けて自分のドメインを入力します。Azure AD Connect などを使用している間にドメインを確認した場合でも入力します。

  4. ウィザードの手順に従って、ドメインを所有していることを確認する TXT または MX レコードを追加します。

    ドメインとユーザーを追加する方法のサンプル ビデオを表示することができます。このビデオには、Microsoft 365 Business のデータ保護手順は含まれていないことに注意してください。

  5. 手順 2 に進みます。

Business Cloud Suite のセットアップ ウィザードのスクリーンショット

ユーザーを追加して、ライセンスを割り当てる

  1. ここではユーザーを追加することも、管理センターで後からユーザーを追加することもできます。

    追加するユーザーには、自動的に Microsoft 365 Business ライセンスが割り当てられます。

  2. Microsoft 365 Business のサブスクリプションに既存ユーザーがいる場合 (たとえば、Azure AD Connect を使用した場合)、今すぐこれらのユーザーにライセンスを割り当てるオプションが表示されます。続行して、これらのユーザーにもライセンスを追加します。

  3. 追加した新しいユーザーと資格情報を共有するためのオプションも表示されます。それらを印刷、メール、またはダウンロードできます。

  4. 移行のメール メッセージをスキップして、[メール メッセージの移行] ページで [次へ] を選びます。

    他のメール プロバイダーから移行中で、データを後でコピーする場合は、メールやその他のデータをコピーする手順に従ってください

  5. 手順 3 に進みます。

セットアップ ウィザードで 2 人の新規ユーザーが追加されたスクリーンショット

ドメインを接続する

注: .onmicrosoft ドメインを使用する場合、この手順は表示されません。

サービスを設定するには、DNS ホストまたはドメイン レジストラーにあるレコードを更新する必要があります。

  1. セットアップ ウィザードでは通常、ユーザーのレジストラーが検出され、レジストラーの Web サイトで NS レコードを更新するための詳しい操作手順へのリンクが表示されます。そうならない場合は、一般的な手順に従って NS レコードを変更します。

  2. メールとその他のサービスが自動的に設定されます。

  3. 手順 4 に進みます。

デバイスと作業ファイルを管理する

1. [モバイル デバイスで作業ファイルを保護する] ページで、[デバイスの紛失または盗難時の作業ファイルの保護] と [ユーザーによるモバイル デバイスの Office ファイルのアクセス方法を管理する] の設定を両方オンに設定します。各設定の横にある二重山かっこをクリックして、それぞれのサブ設定にアクセスすることもできます。

ライセンス付与されたユーザーが Office アプリをインストールする (および自身の Microsoft 365 Business の資格情報を使って認証する) とすぐに、これらのユーザーのすべての作業ファイルが iOS および Android のデバイスで保護されるようになります。

モバイル デバイスでの作業ファイルの保護ページのスクリーンショット

2. [Windows 10 デバイスの構成の設定] ページで、[Windows 10 デバイスをセキュリティで保護する] をオンに設定します。

設定の横にある二重山かっこをクリックして、それぞれのサブ設定にアクセスすることもできます。

3. すべてのユーザーが Windows 10 コンピューターを持っていて、既存の Office またはクイック実行 Office がインストールされていない場合は、[Windows 10 デバイスに Office をインストールする] 設定を [はい] に設定します。そうでない場合は、このオプションを [いいえ] に設定します。ユーザーのコンピューターを準備したら、後で管理センターから自動的に Office をインストールできます。手順については、「Office クライアントのインストールの準備」を参照してください。

Windows 10 デバイス上のライセンス付与されたユーザーの作業ファイルは、ユーザーが Microsoft 365 Business Azure AD ドメインに自身の Windows 10 デバイスを参加させるか、新しいコンピューターに Windows 10 をインストールしながら同時に Microsoft 365 Business Azure AD ドメインに参加するとすぐに投影されます。

4.[次へ] をクリックすれば、セットアップが完了します。

操作性の向上に役立てるため、この手順でフィードバックをお寄せください。

Windows 10 デバイスの準備ページのスクリーンショット

次のステップ

ライセンスがあるユーザーは、次の手順でデバイスをセットアップします。「Microsoft 365 Business ユーザーの Windows デバイスをセットアップする」と「Microsoft 365 Business ユーザーのモバイル デバイスをセットアップする」を参照してください。デバイスとアプリの保護ポリシーを設定する方法、およびユーザーのデバイスからデータを削除する方法に関する記事へのリンクについては、「Microsoft 365 Business を管理する」を参照してください。

関連トピック

Microsoft 365 Business のドキュメントとリソース
Microsoft 365 Business を使い始める
Microsoft 365 Business の管理

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×