セキュリティ センターのオプションと設定を表示する

セキュリティ センターでは、Office プログラムのセキュリティ設定とプライバシー設定を確認できます。Office プログラムのリボンは外観が一貫しているため、各プログラムのセキュリティ センターを同じ手順で参照できます。セキュリティ センターに用意されているオプションを使うと、目的のユーザーとドキュメントを共有できます。また、公開したくない非表示の情報を検索して削除できます。Office のプライバシーについては、Microsoft のプライバシーに関する声明を参照してください。

  1. Office プログラムで、[ファイル] タブの [オプション] をクリックします。

  2. [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックします。 次の図は、Word の例です。

    [セキュリティ センターの設定] オプションが強調表示されます。

  3. (左側ウィンドウの) 目的の領域をクリックして、必要な選択を行います。たとえば、プライバシーの設定を変更するには、[プライバシー オプション] をクリックします。

    Office セキュリティ センターにプライバシー オプションが表示されている

  4. プライバシーの設定を変更する場合は、目的のレベルの Office プライバシーが設定されるような項目を選ぶ必要があります。 たとえば、不審な Web サイトからのドキュメントや不審な Web サイトにリンクしているドキュメントに関する通知を行う項目や、ファイルを開いたり保存したりするときに非表示のマークアップを表示する項目などが該当します。

    注: [Office を Microsoft のオンライン サービスに接続して、使用状況や環境設定に関連する機能を提供できるようにしますか?] を選ぶと、Microsoft が提供するオンライン サービス、サイト (Bing 地図、Insights、Bing 天気など) に接続されます。

  5. 完了したら [OK] をクリックします。

重要: セキュリティ センターの設定を変更すると、ユーザーのコンピューター、そのデータ、組織のネットワーク上のデータ、ネットワーク上の他のコンピューターのセキュリティが大幅に向上または低下することがあります。セキュリティ センターの設定を変更する前に、システム管理者に相談するか、リスクを慎重に検討することをお勧めします。

ドキュメントから非表示のデータと個人情報を削除する

Office ドキュメントの電子コピーを共有する場合は、共有したくない非表示のデータや個人情報がドキュメントに含まれていないことを確認してください。 それにはドキュメント検査機能が役に立ちます。

  1. 検査する文書を開きます。

    注: ドキュメント検査で削除されたデータは復元できないことがあるため、ドキュメント検査は元のドキュメントのコピーに対して実行することをお勧めします。

  2. [ファイル] タブの [情報] をクリックし、[問題のチェック] をクリックします。

    [問題のチェック] のオプションが表示される

  3. [ドキュメント検査] をクリックします。

  4. [ドキュメント検査] ボックスで、検査する非表示のコンテンツの種類を選び、[検査] をクリックします。

    [ドキュメント検査] ダイアログ ボックスのオプションが表示される

  5. ドキュメントから削除するそれぞれのコンテンツの種類に対して、[すべて削除] をクリックし、[閉じる] をクリックします。

    [すべてを削除] オプションを含む [ドキュメント検査] ダイアログ ボックスが表示されている

注: ドキュメント検査機能の詳細とドキュメント検査で検出および削除できる情報の種類については、「Office ドキュメントから非表示のデータおよび個人情報を削除する」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×