セキュリティ/コンプライアンス センターと Exchange 管理センターの間での DLP のしくみ

Office 365 では、2 つの異なる管理センターでデータ損失防止 (DLP) ポリシーを作成することができます。

  • セキュリティ/コンプライアンス センターでは、SharePoint、OneDrive、および Exchange のコンテンツを保護するために 1 つの DLP ポリシーを作成することができます。可能であれば、ここで DLP ポリシーを作成することをお勧めします。詳細については、「データ損失防止ポリシーの概要」を参照してください。

  • Exchange 管理センターでは、Exchange のみのコンテンツを保護するために DLP ポリシーを作成することができます。このポリシーでは、メール処理に特化したより多くのオプションを使用できるように、Exchange トランスポート ルールを使用できます。詳細については、Exchange 管理センターの DLP のページを参照してください。

これらの管理センターで作成した DLP ポリシーは連携して機能します。このトピックではその方法について説明します。

セキュリティ/コンプライアンス センターと Exchange 管理センターの DLP ページ

セキュリティ/コンプライアンス センターの DLP が Exchange 管理センターの DLP およびトランスポート ルールと連携する方法を説明します

セキュリティ/コンプライアンス センターで作成した DLP ポリシーは、ポリシー自身に含まれているすべての場所に展開されます。ポリシーに ExchangeOnline が含まれている場合、ポリシーはそこで同期され、Exchange 管理センターで作成された DLP ポリシーとまったく同じ方法で適用されます。

Exchange 管理センターで作成した DLP ポリシーがある場合、それらのポリシーは、セキュリティ/コンプライアンス センターで作成したメール用のポリシーと引き続き連携して機能します。ただし、Exchange 管理センターで作成したルールが優先されることにご注意ください。まず、すべての Exchange トランスポート ルールが処理され、次にセキュリティ/コンプライアンス センターの DLP ルールが処理されます。

これは、次のことを意味します。

  • Exchange トランスポート ルールによってブロックされたメッセージは、セキュリティ/コンプライアンス センターで作成した DLP ルールによってスキャンされません。

  • Exchange トランスポート ルールが、セキュリティ/コンプライアンス センターの DLP ポリシーに一致するようにメッセージを変更した場合 (外部ユーザーを追加するなどして)、DLP ルールはこのメッセージを検出し、必要に応じてポリシーを適用します。

また、"処理の中止" アクションを使用する Exchange トランスポート ルールが、セキュリティ/コンプライアンス センターの DLP ルールの処理に影響を与えることはありません。DLP ルールは引き続き処理されます。

セキュリティ/コンプライアンス センターと Exchange 管理センターでのポリシー ヒント

ポリシー ヒントは、Exchange 管理センターで作成される DLP ポリシーとメール フロー ルール、またはセキュリティ/コンプライアンス センターで作成される DLP ポリシーのいずれかによって機能します。両方ではありません。これは、これらのポリシーは異なる場所に保存されますが、ポリシー ヒントは 1 つの場所からのみ適用されるためです。

Exchange 管理センターでポリシー ヒントを構成した場合、セキュリティ/コンプライアンス センターで構成するポリシー ヒントは、Exchange 管理センターでヒントをオフにしない限り、Outlook on the web および Outlook 2013 以降でユーザーに表示されません。これにより、セキュリティ/コンプライアンス センターへの切り替えを選択するまで、現在の Exchange トランスポート ルールが動作し続けます。

ポリシー ヒントは 1 つの場所からのみ適用されますが、セキュリティ/コンプライアンス センターおよび Exchange 管理センターの両方で DLP ポリシーを使用している場合でも、メール通知は常に送信されることに注意してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×