スレッド ビューの詳細

Outlook 2016 では、さまざまな方法でメールを表示できます。Outlook 2016 を初めて起動する場合、既定では、メッセージは件名ごとにグループ化されます。スレッド (会話とも呼ばれます) 内のすべてのメッセージはグループとしてまとめられるので、グループを展開すると、スレッド内の個々のメッセージが表示されます。 

Outlook でメール メッセージを表示する新しい方法が追加されました。スレッド ビューを使用すると、整理されたバージョンのメッセージが表示されるので、常に会話の最新のメッセージに返信し、関心のあるコンテンツのみを表示することができます。すばやく簡単に返信できます。返信はスレッドの全員に自動的に送信されます。1 人の相手にのみ返信したい場合は、ささやきという新しい機能を使用できます。

スレッド ビューに切り替えるには、任意のメール フォルダーで [表示] タブを選び、[スレッド] を選びます。

クラシック ビューまたはスレッド ビューを選びます。

スレッド ビューの使用

左側の Miriam の受信トレイはクラシック ビューで表示されています。右側の図では、Miriam はスレッド ビューに切り替えています。

クラシック ビューとスレッド ビューを比較します。

スレッド ビューでは、各スレッドはフォルダーの別項目として表示されますが、各スレッドの横に未読メッセージの合計数は表示されなくなります。閲覧ウィンドウでスレッドを表示すると、受信者はメッセージの件名の真下に表示されます。スレッドの各メッセージは、一番古いメッセージが上、一番新しいメッセージが下の順に表示されます。クラシック ビューとは異なり、1 つのストリームのスレッド内にすべてのメッセージが表示されます。上のスクリーンショットでは、最新のメッセージと元のメッセージのみが表示され、2 つの間に送信された他の返信は表示されていません。

スレッド ビューでメッセージに返信するには、Outlook リボンの [返信] グループの [返信]、[全員に返信]、または [転送] を選択するか、閲覧ウィンドウの一番下までスクロールし、画像の横にある [メッセージの追加...] ボックスに返信を入力します。既定で、[メッセージの追加...] ボックスを使用する場合、スレッドの最新メッセージですべての受信者に返信することになります。

スレッド ビューのメッセージに対する操作

スレッド ビューで [メッセージの追加] ボックスを使用してメッセージに返信する方法以外に、スレッドに関係する受信者の一部にメッセージを送信することもできます。スレッドの任意のメッセージの右側にある下矢印を選び、[返信] または [転送] を選びます。スレッドの 2 つ目にある Mark から送信されたメッセージに対して [返信] を選ぶと、Mark に対する返信は新しいウィンドウで開きます。この返信はスレッドの他のメンバーには送信されません。 

スレッド ビューでのメッセージのカテゴリ

現在、スレッド ビューでは、閲覧ウィンドウまたはメッセージ リストから会話にカテゴリを適用できません。カテゴリを適用するには、メッセージをダブルクリックして新しいウィンドウで開き、リボンの [タグ] グループの [分類] オプションを選びます。ルールを使用して、メッセージにカテゴリを割り当てることもできます。 

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×