スライド ライブラリを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

重要: SharePoint 2010 ではSharePointスライド ライブラリのみです。詳しくは、中止または変更された機能では、Microsoft SharePoint 2013を参照してください。

スライド ライブラリは、Microsoft Office PowerPoint 2007 スライドの共有、格納、および管理に役立ちます。スライド ライブラリにプレゼンテーションを発行すると、スライドが個々のファイルとしてアップロードされ、個別に変更、および管理できるようになります。ライブラリにはプレゼンテーションへのリンクが保持されているため、スライドが変更されると、その旨がユーザーに通知されます。ライブラリを使用すると、スライドをソートしてチェックアウトできると共に、履歴を管理できます。

この記事の内容

概要

スライド ライブラリを作成します。

概要

個々のスライド ファイルをスライド ライブラリに格納しておくと、Office PowerPoint 2007 スライド コンテンツの共有および再利用が可能になります。プレゼンテーションをスライド ライブラリにアップロードすると、スライドは個々のファイルとして保存されます。その結果、ユーザーまたは他のユーザーがオリジナル プレゼンテーションとは別個に、各スライドを変更できるようになります。

リスト プロパティ (たとえば、スライドのサムネイル画像、一部となっているプレゼンテーションの名前、スライドの説明) によって、容易にスライドを検索して、リストを表示することができます。

ライブラリのバージョン管理を有効にして、以前の各バージョンのスライドのコピーが保存されるように選択できます。こうしておくと、必要に応じて履歴を表示し、以前のバージョンに戻すのが容易になります。

ライブラリでプレゼンテーションのスライドが変更された場合は、Office PowerPoint 2007 でプレゼンテーションを開くと、新バージョンと現行バージョンのスライドの比較、またはプレゼンテーションの自動更新のどちらかを選択できます。

ページの先頭へ

スライド ライブラリを作成する

スライド ライブラリを作成するには、少なくとも編集者の権限が必要です。

  1. [ ボタン イメージ ] メニューには、[作成を] をクリックします。

  2. [ライブラリ] の [スライド ライブラリ] をクリックします。

    注: スライド ライブラリは、特定の種類のサイト (たとえば、チーム サイトやドキュメント ワークスペース) でのみ作成できます。[ライブラリ] に [スライド ライブラリ] が表示されていない場合、ユーザーの作業場所になっているサイトのタイプではスライド ライブラリがサポートされていません。

  3. [新規作成] ページの [名前] で、ライブラリの名前を入力します。この名前は、セットアップ済みのどのナビゲーション リンクにも表示されます。

  4. 必要に応じて、[説明] に説明を入力します。

  5. [作成] をクリックします。

重要:  このサイトのコンテンツがコンテンツ展開で別のファームやサイト コレクションに展開される場合は、スライド ライブラリにフォルダーを作成しないでください。 フォルダーを作成したスライド ライブラリがサイトにあると、サイトのインポートやエクスポートができません。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×