スライド マスターを使ってプレゼンテーションをカスタマイズする

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

プレゼンテーションのデザインを完全にカスタマイズする場合は、スライド マスターを使用して、デザイン全体を変更し、必要な外観とレイアウトを作成します。

さらに詳しく

スライド マスターとは

1 つのプレゼンテーションに複数のスライド マスターを使用する

プレゼンテーションのデザインを完全にカスタマイズするために、

独自の背景デザインや色だけでなく、特殊なフォントの色、

箇条書きの行頭文字、背景デザインのバリエーション、カスタマイズされたスライドのレイアウトを使う場合は、スライド マスターに移動します。

スライド マスターでは、デザインを全体的に変更して、まさに自分が求めるデザインやレイアウトを作成できます。

スライド マスターで作業するには、[表示] タブ、[スライド マスター] の順にクリックします。

スライド マスターとマスター レイアウトで構成された、スライド マスター表示が開きます。

スライド マスターは、サムネイル ウィンドウの一番上にある大きいサムネイルです。

その下にある小さいサムネイルは、すべてマスターに関連するレイアウトです。

スライド マスターには、スライドの全デザイン要素が含まれています。

たとえば、背景デザイン。ここではシンプルな白です。

フォントのスタイル、配色、プレースホルダーの種類、箇条書きのデザインまで設定できます。

タイトルのフォントの色など、プレゼンテーション全体のデザインを変更するには、スライド マスターを変更します。

では、これを赤茶色に変更してみましょう。

変更はすべてのレイアウトに適用されます。

また、レイアウトを個々にカスタマイズすることもできます。

たとえば、このタイトル スライドのレイアウトに異なるフォントの色を適用できます。

青にしてみましょう。変更はこのレイアウトだけに適用されます。

標準表示に切り替えると、タイトル スライドのフォントは青色、別のスライドは赤茶色になっています。

マスター レイアウトでは、スライド マスターとは別にデザインを変更できるのです。

レイアウトを自由に作成することもできます。

スライド マスター表示で [レイアウトの挿入] をクリックし、新しいレイアウトを表示します。

[プレースホルダーの挿入] でプレースホルダーの種類を選び、レイアウトに追加します。

[レイアウト名の変更] で、レイアウトに名前を付けて保存します。

標準表示で、新しいスライドを挿入しようとすると、レイアウト ギャラリーに、作成したレイアウトが表示されます。

スライド マスター表示に戻り、カスタマイズしたスライド マスターの名前も変更します。

標準表示で編集する際、カスタマイズしたデザインがテーマ ギャラリーで簡単に見つかります。

そのデザインをテーマとして保存すれば、いつでもギャラリーから適用できます。

スライド マスターの活用方法は、他にもあります。

他の部分とまったく異なる連続したスライドが必要な場合は、別のスライド マスターを挿入して、

独自のデザインやレイアウトでカスタマイズします。

次は、スライド マスターのカスタマイズについて学習します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×