スライド マスターを使ってプレゼンテーションをカスタマイズする

スライド マスターをカスタマイズする

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

スライド内容を追加する前に、スライド マスターをカスタマイズして、デザインの変更を行うのが理想的です。スライド マスターに行った変更は、プレゼンテーションのすべてのスライドに適用されます。

スライド マスターに変更を加える

すべての PowerPoint プレゼンテーションには、関連するスライド レイアウトおよびテーマと共にスライド マスターが含まれています。スライドに追加するテキストやその他のオブジェクトと動作するように、スライド マスターや関連するレイアウトを変更することができます。

  1. [表示] タブで [スライド マスター] をクリックします。

  2. [スライド マスター表示] では、縮小表示ペインの上部にスライド マスターが表示され、関連するレイアウトがその下に表示されます。

  3. マスター スライドをクリックして選択し、[スライド マスター] タブで [マスター レイアウト] をクリックします。

  4. スライド マスターでタイトル、テキスト、日付、スライド番号、フッターのプレースホルダーを表示または非表示にするには、プレースホルダーの表示または非表示のチェック ボックスをオンまたはオフにします。

  5. 背景のスタイルを変更するには、[スライド マスター] タブの [背景のスタイル] をクリックし、背景のスタイルをクリックします。

さらに詳しく

スライド マスターとは

1 つのプレゼンテーションに複数のスライド マスターを使用する

これは説明用なのでスライドをいくつか追加してありますが、

実際には、スライド コンテンツを追加する前に、

スライド マスターをカスタマイズして、デザイン変更をすべて適用しておくことをお勧めします。

どのテーマで始めてもよいのですが、

今回は、まだあまり使われていない Office テーマを使いましょう。

空のプレゼンテーションにはこれが使われます。

スライド マスターを開きましょう。[表示] タブ、[スライド マスター] の順にクリックします。

一番上の大きなサムネイルがスライド マスターです。下に続くのはマスターに関連するレイアウトです。

この表示の機能は [スライド マスター] タブにあります。スライド マスターとレイアウトの編集はすべてこの機能を使って行います。

スライド マスターのサムネイルでは、ポップアップ ヒントにマスターの名前が表示されます。

これは Office テーマのスライド マスターで、どのスライドで使われているかがわかります。

このプレゼンテーションではこれが唯一のマスターなので、すべてのスライドで使われています。

各レイアウトにも、同じようなヒントが表示されます。

種類を示すレイアウト名、レイアウトが使われているスライドがわかります。

スライド マスターをカスタマイズするには、まず、適切なスライド マスターが選ばれているか確認します。

これに加えた変更が、すべてのスライドに適用されます。

背景デザインから始めます。[スライド マスター] タブで、[背景のスタイル]、[背景の書式設定] の順にクリックします。

塗りつぶしに使いたい画像があるので、[塗りつぶし (図またはテクスチャ)]、[ファイル] の順にクリックし、画像ファイルを選びます。

背景が、マスターとすべてのレイアウトに適用されました。

次に、背景の補色となる配色を選びましょう。[配色] をクリックすると、候補となる組み合わせがすべて表示されます。

現在、Office テーマの色が適用されています。

薄緑の背景に合う配色を探します。[オレンジ] というグループはどうでしょう。

スライドのテキストはこの新しい配色を使います。まずタイトルです。

スライド マスターでタイトルのプレースホルダーを選び、[ホーム] タブをクリックします。

テーマの色には新しい配色が表示されています。この濃いオレンジはどうでしょう。

1 か所を変更すると、マスター レイアウトのすべてのヘッダーが変更されます。

次に、本文テキストの色を変更しましょう。

スライド マスターでプレースホルダーを選び、フォントの色をクリックして、補色となる濃い緑を選びます。

これはレイアウトの本文に適用されます。

背景とフォントの色をカスタマイズしました。次に、箇条書きの行頭文字に画像を挿入します。

本文のプレースホルダーを選び、[箇条書き] メニューをクリックします。

この一番下の [箇条書きと段落番号]、[図] の順にクリックして、画像ファイルを選びます。

画像がよく見えるように拡大しましょう。極楽鳥花です。

箇条書きのスタイルはすべてこのようになりました。

最後に、スライド マスターで

本文のプレースホルダーの幅とテキストの間隔を調整します。

プレースホルダーは図形なので、右クリックして [図形の書式設定] をクリックします。

次に、[図形のオプション] の下の [サイズとプロパティ] をクリックします。

次に、[サイズ] をクリックします。[幅] ボックスで、幅を数センチ減らします。

スライド上で中央揃えにすることも簡単です。

テキストの間隔を変更するには、[テキスト ボックス] をクリックします。

テキストの周囲のスペースを少し広げたいので、プレースホルダーで余白を増やします。

プレースホルダーを中央揃えにするには、[配置] で [左右中央揃え] をクリックします。

スライドの本文がさらに真ん中に寄りました。ワイドスクリーンのスライド形式にはぴったりです。

これまでの変更で、タイトルとコンテンツ、2 列のレイアウトなど、本文のプレースホルダーのレイアウトが変更されます。

次に、カスタマイズしたマスターに名前を付けましょう。

右クリックし、[マスターの名前変更] を選んで、「Fabrikam テーマ」という名前を付けます。

これまでの変更をスライドで確認してみましょう。[標準] をクリックして標準表示を開きます。

背景が付きました。タイトルと本文に異なる色が適用されています。

本文は中央寄りになり、

箇条書きの行頭文字は画像になっています。

次は、マスター レイアウトのカスタマイズについて学習します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×