スライド マスターでリストの書式設定を変更する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

1 つか 2 つのスライドではなく、箇条書きの書式設定全体を変更するには、スライド マスターですべてを変更します。[表示]、[スライド マスター] の順にクリックします。

さらに詳しく

スライド マスターを使ってプレゼンテーションをカスタマイズする

テーマを適用し、変更する

このプレゼンテーションでは、1 ~ 2 枚のスライドではなく、スライド全体のリストの書式設定を変更できます。

では、スライド マスターですべての変更を行ってみましょう。 スライド マスターを開くには、[表示]、[スライド マスター] の順にクリックします。

箇条書きのリストをすべて変更するには、一番上にあるスライド マスターのサムネイルを選び、

リストのプレースホルダーとテキストの書式設定を変更します。

これで、マスター レイアウトの箇条書きリストの書式設定が変更されます。

ビデオ 2 で行ったのと同じように、フォント サイズ、行間隔、インデントを変更します。

箇条書きの行頭文字も変更します。

まず、フォント サイズの変更から始めましょう。

スライド マスターでは、テキストの全レベルのフォント サイズ、行間、行頭文字を確認できます。

第 1 レベルのフォント サイズを変更するには、テキスト行を選んで、[ホーム] をクリックします。

[フォント サイズ] ボックスのフォント サイズが [18] になっていることを確認します。

フォント サイズを [24] に変更します。

フォント サイズを大きくすると、行頭文字のサイズも大きくなります。

第 2 レベルのテキストのフォント サイズも [20] に変更します。

残りの 3 つのレベルのテキストについては、変更しません。

フォント サイズが大きくなったのがスライドで確認できます。 [標準] をクリックすると、通常のビューが表示されます。

議題のスライドには第 1 レベルのテキストが大きいフォントで表示され、

次のスライド「わが社の価値観」には、第 2 レベルのテキストも表示されます。

では、他のリストを見てみましょう。

個人的には大きいサイズのフォントが好きですが、行間隔も大きくした方がいいでしょう。 では、スライド マスターに戻りましょう。

[表示]、[スライド マスター] の順にクリックして、スライド マスターのサムネイルを選びます。

テキストのプレースホルダーを選んで、[ホーム]、[行間] の順にクリックします。 リストの現在の設定は、[1.0] (1 行) です。

第 1 レベルのテキストだけ行間を大きくするには、その行をクリックして、

[行間]、[行間のオプション] の順にクリックします。

[間隔] の [段落前] ボックスで、行間を [10 pt] から [20 pt] に変更して、[OK] をクリックします。

これで、第 1 レベルのテキスト リストは、議題リストのように 1 行の行間から

1 行よりやや広い行間に変わりました。

その他のレベルのテキストについては、行間を変更していないので、

このように、第 2 レベルのテキストの行間は元の設定のままですが、

第 1 レベルのテキストの上に空白部分が少しあります。

これでよいでしょう。

次に、スライド マスターで

リストの左余白を大きくするために、プレースホルダーを右クリックして、[図形の書式設定] をクリックします。

次に、[サイズとプロパティ]、[テキスト ボックス] の順にクリックして、[左余白] ボックスで設定を [0.25 cm] から [2 cm] に変更します。

数値が大きくなると、リストは右に移動します。 これで、プレゼンテーションのすべてのリストで左の余白が増えました。

[図形の書式設定] ウィンドウを閉じます。

次は、箇条書きリストの行頭文字を変えてみましょう。 よく見えるように、拡大します。

このリストのテーマでは、グリーンの矢印を行頭文字として使っています。 これでも問題はありませんが、少し変えてみましょう。

他のオプションを確認するには、プレースホルダーを選んで、[ホーム] タブで [行頭文字] の横の矢印をクリックします。

行頭文字の上にカーソルを置くと、箇条書きリストの表示を確認できます。

その他のオプションを表示するには、[箇条書きと段落番号] をクリックします。 ここでは、[図] をクリックします。

次に、自分で保存してある画像ファイルを参照するか、Web サイトで画像を検索します。

[Office.com] をクリックして、「Web 行頭アイコン」と入力し、[検索] をクリックします。

ライムグリーンの球は、このテーマにぴったりです。 この画像を選んで、[挿入] をクリックします。

画像の新しい行頭文字がスライド マスターに挿入され、テキスト レベルごとにサイズが調整されます。

スライドを元の大きさに戻します。

スライド マスターでの変更が完了したので、

[標準] をクリックして、新しい書式設定になった箇条書きリストを確認します。

この変更によって、第 1 レベルの項目の行間が大きくなり、

左余白が大きくなって、行頭文字に画像が使われるようになりました。

すべてのスライドを見てみると、すべてのタイプのリストが変更されています。 これで、スライドがさらに見やすくなりました。

このように、スライド マスターを使うと、すべての箇条書きリストの書式設定を一度に変更できます。

詳しくは、コースのまとめをご覧いただき、ご自分で試してみましょう。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×